リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 解放 | トップページ | 無意識ナチュラル »

2017年3月20日 (月)

映画ソードアートオンライン

C7wj8quu8aaknkl

娘に請われて見てきた。原作は見てないが十分楽しめた。

軽く。

舞台はSAO終了後。似たようなバーチャルゲームにSAOのボスらが出てきてボーナスが稼げる。そこにSAO生還者が集まるが、実は。というもの。思ったのが、多分「ポケモンGO」の目指す究極はこれなんだろうなと。VRで現実世界に出てきたモンスターをみんなで寄ってたかって倒すレイドバトル。逆に言うと技術的直線上に「あり得ない」世界ではなく、その意味で新鮮さはあまりない。それは裏返すとこの作品でテーゼされたことが将来起こりうる可能性を示唆する。ちなみにヘッドギアが非現実との接点アイコンになっておるのだが、やがてコレはイヤホンサイズに集約されよう。目で見るために投影されるのではなく脳に直接信号をたたき込む。

映像は水準。CGとは調和が取れ違和感はない。むしろデジタル投影の昨今映画システムとの融和性が高い。音声はバーチャル空間にログインしてからサラウンド効果が派手になる。陽的ブレードランナーみたいな世界観だが、そのガチデジタルな世界と梶浦アコースティックが対極軸を成して快い。

Kontake_150939flash01

ネットじゃ有名な奴だが…まぁ見た人には分かるわ。なお、見た後にスマホ写真をカメラ屋でデジタルプリントしながらGoPlusでポケモンポチポチしてたら変な気持ちになった。

« 解放 | トップページ | 無意識ナチュラル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画ソードアートオンライン:

« 解放 | トップページ | 無意識ナチュラル »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック