リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« カサを忘れず済みました | トップページ | じたばたする »

2017年6月 9日 (金)

非・生産的企業活動

業務遂行上で失敗があると「是正措置」が取られる。それは多くの場合、気付く仕組みがなかったということにされ、「~をチェック」みたいな工程が追加される。

で、新たな失敗が発覚すると、往々にしてこういう質問が上層部から降ってくる。

「追加仕組みが入っていれば、この失敗は起こらずに済んだか?」

は?

何でもそうだが、「変更」「新規」で失敗を防止しようと思うなら、その構造と手順を詳しく把握し、それが使用環境で「その構造ならでは」の不具合を発生しないか、きちんと検証する必要がある。その辺の把握能力は仕組みを作るだけじゃ無理で、情報をかき集める能力となる。それはとりもなおさず技術者としての能力向上に直結する。そして恐らくは、それを独学で習得せよと言うから「抜け漏れ」が生じる。当たり前だが「新規」であれば、「誰も知らない」何かがあるかも知れない。立ち向かうのは個人ではなく集合知である。そゆとこぶっ飛ばしてISOに書いてあるから仕組みだとかベクトルが違う。肝心なことを忘れないように。

で。

失敗が起こると往々にして「叱る」という行為が発生する。ここで一般常識に背くわけだが、企業活動において叱る行為は多分何も生み出さない。要はダメだったことが何で、どうすれば失敗せずに済んだかを学習してもらい、類例を再発しないようにしてもらえば良いのだ。叱るという行為はこのどれにも該当しないし、叱られた側を萎縮させ意欲を削ぎ、叱る時間が無駄になる。生産性の向上に何も寄与しないのだ。良く「日本人は失敗を恐れて挑戦しない」とかいう知ったかぶりの論評を聞くが、その「恐れる」要因の九分九厘はこの「叱られる」にある。寛容になれというのではない、企業活動で最大効率を常に考えて、改善の施策を措置する。それだけの話だ。

「すのぴさん若手に優しいですよね」

優しくなんかねーよ。知らないなら教えた方が話早いでしょ。それだけ。

「社内講師お願いしたいんですけど」

そーゆーことかい。

« カサを忘れず済みました | トップページ | じたばたする »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190535/65390828

この記事へのトラックバック一覧です: 非・生産的企業活動:

« カサを忘れず済みました | トップページ | じたばたする »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック