リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« ウワサ【ハイレゾ音源再生】 | トップページ | 身近な毒動物 »

2017年8月 1日 (火)

短歌詠み(Phase2)

「これは短歌にしたい」という情動に駆られることが年に1~2回あると前に書いた。毎月提出するようになって意図して短歌読むようになったわけだが、情動が増えたかというとそんなことはないw。基本的に詩人の心理ではないのだろう。

その情動たるは見聞きした何かに心揺さぶられ、ときめいた証左なのだが、仮にそれだけを求めるならば、感覚を行き過ぎるあらゆるモノに神経を研ぎ澄まし、ときめきを探して回ることを要求する。それが自然に出来てしまう(気になってしまう)人を人は「感受性」という指標で評価する。しかるにオレの感受性は低い。それはさておき。

その鈍い感受性が動いた記憶を「在庫」と呼ぶならば、その在庫を払い出してどうにか月5首を捻出して送っている。それは結構苦しい行為であって、推敲を省略できない。その推敲は非常な集中力と応じた時間を要求する。「若いうちは変化球を使わず直球勝負で行け」とは野球の投手に対する至言だが、直球がすなわち感受性ならば乏しいので変化球を使わざるを得ない。ともすれば言葉遊びになりかねないのでさじ加減が難しい。そんなことに苦悩しているあたり短歌の本質からずれている。

ただ。テーマアップさえ在庫の量とマッチングが取れれば、まぁそう呍吟苦悩せず「三十一文字にまとめれば良いモノ」引き出すことが出来るようになってきた。ただそれが「良い歌」かどうかは話は別である。「何を詠み込もうか」ここの苦悩が少なくなっただけ。そこが少し変わったのでフェーズ2と称している。

ツイッターで「おっぱい短歌」というハッシュタグが回ってきたので1首詠める。感受性がときめいたらしいw

小さくもほどよいサイズも巨大でもおっぱいならばみんな大好き #おっぱい短歌

« ウワサ【ハイレゾ音源再生】 | トップページ | 身近な毒動物 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190535/65609126

この記事へのトラックバック一覧です: 短歌詠み(Phase2):

« ウワサ【ハイレゾ音源再生】 | トップページ | 身近な毒動物 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック