リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« キカイのやることですから | トップページ | 善し悪し二題 »

2018年1月 6日 (土)

闘将と呼ばれた男

星野仙一氏が逝った。

自分が阪神の応援を始めたのは「余りにも弱かった」からだが、氏はその弱い阪神からの招聘を快諾した。理由を問われて氏が答えたのが

「弱い者の味方をして強い者を倒す。それが男の子だろう」

大いに共感した。

恐らく「銀河鉄道999」の影響だったと思うが、オレも「強さの尻馬に乗るような男になりたくない」と思うようになった。学校でチーム分けしてゲーム、などでも、不得手な子のいるチームを選んだ。応じて阪神の応援だし、今だってポケモンGOのプレイスタイルもその筋は通しているつもりである。なお言うまでもなく999の主人公は「星野」鉄郎である。

かくて阪神は優勝し、そして楽天で再び。哲学を有言実行。これぞ男の生き様であろう。賞賛を惜しまない。引き替え自分はほど遠い。

そんな闘将も「がん」に敗れ…いやいや戦い続けた結果であろう。膵臓がんはいまだ難しいと聞く。2017年12月がメディアに姿を見せた最後というが、常人では不可能だったのではあるまいか。

まだ先頭に立ち胴上げで舞う姿を見たかった。日本野球界の星として輝き続けて欲しかった。

敬意を表し、哀悼の意を。

・宙を舞う闘将の笑み永遠に星を刻んだ男の背中

« キカイのやることですから | トップページ | 善し悪し二題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 闘将と呼ばれた男:

« キカイのやることですから | トップページ | 善し悪し二題 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック