リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« しょうがねえけどしょうがねえなぁ | トップページ | 相部屋とか »

2018年10月18日 (木)

見えるかな彗星46番

「彗星の如く」という言葉がござるが、こいつ、ウィルタネン彗星には、一定の周期で訪れることを示す「46P」という番号が与えられている(46P/Wirtanen)。ちなみに周期彗星で最も著名なハレー彗星は1番(1P/Halley)。周期が短い(3.3年)ことで有名なエンケ彗星が2番(2P/Encke)。ユーミンの歌で知られ、今年もヨーロッパでまさかの流星雨を降らせたジャコビニ彗星は21番(21P/Giacobini-Zinner)である。ウィルタネンの「最初の発見」は1948年。こんな周期の短い(=何度も現れたはず)の彗星がこんな近年になって「発見」されたのはそれだけ暗くて目立たないからに他ならない。

それをここで取り上げるのは「観測器具を使わずに見えそう」だからである。この人5月に20等星くらいで見つかったのだが、それは予想されていた通りで暗いのだが、今回の「帰還」で地球に0.078天文単位まで近づく。

似たように「近づいた彗星」として1996年の百武彗星がある。距離0.1天文単位。彗星というと長く尾を引く「ほうき星」のイメージだが、百武は彗星としての図体は小さいので、その後のヘールボップのような長く尾を引く「いかにも彗星」な姿ではなかった。ウィルタネンはこれまでの観測から同様に図体小さく、尾を引く成分は少ないと見られ、百武と似たような姿になると思われる。で、その姿を言葉で説明するのは結構難しく、「耳かきの綿毛の方が青みがかって浮いている」とか良く書くのだが、まぁ

Tw3

百武っぽいなら百武みたく見えるでしょう。百武ほど明るくないけど。

地球への最接近は12月16日で、おうし座にいるので日本からは一晩中見えるはず。「ほら、アレだよ」で事足りる彗星が久々に見られる感。

Tw4

★天文単位:地球と太陽の平均距離1億5千万キロのこと

« しょうがねえけどしょうがねえなぁ | トップページ | 相部屋とか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見えるかな彗星46番:

« しょうがねえけどしょうがねえなぁ | トップページ | 相部屋とか »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック