リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 山形県沖の地震について | トップページ | 根無し草の営巣 »

2019年6月20日 (木)

残業を減らすためには働き方を改革する必要があるのでどうすれば改革できるか残業して会議

…アホか。

「仕事が多い」という。そりゃそうだ。減らしたら会社はおまんま食い上げだわ。

逆に言うと「このくらいこの期間でこなせ」と会社は考えている、ということだ。では、「時間内にこなすスキルがないのか」。

否定できまい。今の学生ははんだごてで回路をいじれない。

人材を増やせという意見はある。だがその人材は「即戦力」でなければ意味がない。ところが専門化・高度化が進みすぎて、新人であれアウトソースであれ「育成」がかかせない。

後進育成を怠ってきたツケが「残業しないとこなせないのに残業を減らせと言われる」ジレンマに出ている。

分担が必要だ。それには「タスク」を具体的に細分化し、いつまでに誰が何をするかを明らかにする必要がある。内容により新人でもできるものもあれば、集団で知恵を出す必要のあるものもあるだろう。その辺を個々のスキルに基づいて「マネジメント」するのが上司の役割だと思うのだが、「上司は何をすればいい?」と聞いてくるのはいかがなものか。

また、昇進した人は優秀な社員が多いわけだが、こういう人は往々にして「自分ならこのくらいできるので」という尺度で「決めつけ」をやらかすことが多い。「できない者の心理と対策」に意識が及ばない。「名選手名監督にあらず」という奴だ。例えば長嶋茂雄は打撃の秘訣を聞かれた際「来た球をパーンと打つ」と答えた。こういう人がスキルを把握して的確な育成ができるか?

「残業を減らすために必要なもの」が欠如している。なのにそれを求めている。これが実態。ただ、工場内あまねくWiFi張り広げてみんな端末持っている。これは「共有・共同」がいつでもできる環境が整ったことを意味している。なれば、足らない部分を相互に捕捉しあい、トータルの水準を上げて行く動き方ができるはずである。また、これは電子データですべてやり取りできる、ということであるから、例えば稟議決裁なんか関係者が同時に同じもの見られるわけで、スタンプラリーを職制順に回す必然はないはずだ。何で係長→課長→部長と順番に見せてゆかねばならんのだ。全員で意見して修正すればすぐ終わる。

昭和じゃない、令和だ。応じた仕組みで働いて帰ろうぜ。

« 山形県沖の地震について | トップページ | 根無し草の営巣 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山形県沖の地震について | トップページ | 根無し草の営巣 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック