リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 軽犯罪法第一条22号 | トップページ | 一度だけ使いました »

2020年4月 9日 (木)

羽ばたけなかった翅の旅立ち

P96uwy17

拾ったのは3月29日であったから11日目か。

「飛べないツマグロヒョウモン」死んだ。

前日からエサ(砂糖水)を吸わなくなっていたから、まぁ間もなく、とは思っていた。

落ちていたそのまま、食物連鎖に任せた方がいいのか、可能な限り生きさせる(ただしオスとの交尾は絶望的)…どちらが正解だったのか。

一つ確かなのは、いずれにせよ最終結果は同一であり、「生態系自体への影響」はゼロだったということ。残酷な物言いだが数字は冷酷だ。

昆虫は娘が生まれて以降も何種類か飼っていて、応じて最期を看取るのであるが、大人のちょうちょが指先から蜜をなめるという事象は普通起こりえず、於いて現下にあって娘には程よい気休めであったようだ。現実が死を伴うとき、現実は往々にして人間の感情と相いれない結果に至るが、そういう経験しないと、今後も起こるであろうそういう現象に耐えられない。心は傷つきそれを直すことの繰り返しで、次第に硬いがしかし強くなって行く。

羽化失敗の影響であろう3本だけの脚でパンジーにしがみつく姿は、けなげで愛らしく、しかし全てを暗示していた。そしてその結果が訪れた。

それは娘の心に刻まれたであろうし、君が生きたゆえにそれは持たらされた。

小さな命に謝意を。君がいたパンジーを植え替えてやろう。

« 軽犯罪法第一条22号 | トップページ | 一度だけ使いました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 軽犯罪法第一条22号 | トップページ | 一度だけ使いました »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック