リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« ええ加減にせんか! | トップページ | 雑記帳 »

2020年7月10日 (金)

人ごとではなくて #認知症

1_20200710231401

この人の言動もマンガも「何で?」ってなっちゃって、テレビに出てれば変えるし、マンガがあれば飛ばすしで、要は「ソリが全く合わない」のであるが。

こーなると話は別。

「レビー小体」というのはそういう物質が脳内に増えて、幻が見えたり、空間識・立体視が弱くなったり、その結果としてありもしないモノが合成されたり、夢と現実が混交したり。パーキンソン病に近似した震えや強ばりも観察される。

「夢……」云々は結構深刻で、寝言で大声を出したり、立ち上がったりベッドから落ちたり。通ってる心療内科に言わせると、夢遊病よろしく家から飛び出す例もあるという。

氏の場合これにアルツハイマー(AD)が重畳されている。

レビーでも通常の会話と認知能力がある分は「幻」だと説明して理解が得られるのでまだいいのである。勝手に見えるのはどうしようもないが、自分に何が起こっているか把握出来る。ADの場合

・幻であることの理解
・説明された内容の理解

ここに難関が生じる。お互い「なんで判ってくれないんだ」状態に陥るのである。「現実」と「事実」の接触点を持たない衝突。

義父は83。実父77。我が身に置き換えて見ておく意義は充分。

« ええ加減にせんか! | トップページ | 雑記帳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ええ加減にせんか! | トップページ | 雑記帳 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック