リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2017年8月 1日 (火)

短歌詠み(Phase2)

「これは短歌にしたい」という情動に駆られることが年に1~2回あると前に書いた。毎月提出するようになって意図して短歌読むようになったわけだが、情動が増えたかというとそんなことはないw。基本的に詩人の心理ではないのだろう。

その情動たるは見聞きした何かに心揺さぶられ、ときめいた証左なのだが、仮にそれだけを求めるならば、感覚を行き過ぎるあらゆるモノに神経を研ぎ澄まし、ときめきを探して回ることを要求する。それが自然に出来てしまう(気になってしまう)人を人は「感受性」という指標で評価する。しかるにオレの感受性は低い。それはさておき。

その鈍い感受性が動いた記憶を「在庫」と呼ぶならば、その在庫を払い出してどうにか月5首を捻出して送っている。それは結構苦しい行為であって、推敲を省略できない。その推敲は非常な集中力と応じた時間を要求する。「若いうちは変化球を使わず直球勝負で行け」とは野球の投手に対する至言だが、直球がすなわち感受性ならば乏しいので変化球を使わざるを得ない。ともすれば言葉遊びになりかねないのでさじ加減が難しい。そんなことに苦悩しているあたり短歌の本質からずれている。

ただ。テーマアップさえ在庫の量とマッチングが取れれば、まぁそう呍吟苦悩せず「三十一文字にまとめれば良いモノ」引き出すことが出来るようになってきた。ただそれが「良い歌」かどうかは話は別である。「何を詠み込もうか」ここの苦悩が少なくなっただけ。そこが少し変わったのでフェーズ2と称している。

ツイッターで「おっぱい短歌」というハッシュタグが回ってきたので1首詠める。感受性がときめいたらしいw

小さくもほどよいサイズも巨大でもおっぱいならばみんな大好き #おっぱい短歌

2016年11月19日 (土)

抒情の奇妙な歌会in名古屋2016~笹公人さんをお迎えして~

Cxoxezaukaa4ber

笹公人さん。歌人。歌集「念力家族」はNHKのEテレでドラマ化された。

短歌は師範の元で短歌誌に出し、良作だと大きく表示されたり……という形で技量と名を上げて行く。以外に、歌会に作品を持ち寄り、相互に批評し合い、「刺激」「気づき」「糧」を得る。笹さんはお住まい東京だが、定期的に名古屋へ来ていただけるようになった。お迎えして歌会である。

凡庸←万人受けを狙う VS 個性を尖らせる→マニアックすぎて理解できない

一例を挙げたが創作表現はこの手のバランスが大事。なおかつ場面が浮かぶ、五感が動く、心象に共感できる。……理屈で書くと難しくなってくる。ちなみに全て兼ね備えようとすると丸くなって凡庸そのものになるという切歯扼腕。結局、尖らせ方のセンスと「感性」という、それこそ凡庸な書き方しか求められる方向性の表現のしようがない。ただ言えるのは、反応を計算して作ると失敗するということ。心揺さぶられたあるがままを、故意に揺さぶろうと思わず、三十一文字に集約する。そぎ落として。そう、光集約するレンズのように。拡散するのは読み手の感性。

ちなみに歌会はコテンパンのけなし合いをする地域・参加者もあるようだが、ウチは感性も職種(知識)も多様なので、なにがしか知識の集約と分散(それこそレンズと同じ)が行われ、必ず「気づき」と「知らなかった何か」を参加者が持ち帰れるのが特徴、というかそうなるように努力している。お疲れ様&ありがとうございました。

拙作

・題詠「草」

刈り取られ茶色くなった堤防でショウリョウバッタを拾って帰る(評価1/14)

【解説】土盛り堤防の草むらにバッタ取りに行ったら、草が全部刈られて丸坊主。基本バッタは住めない状態になったのだが、ショウリョウバッタだけ緑で一匹ぽつんといたので取って帰った。子供の頃の記憶に基づく

「堤防」という表現が失敗だった。コンクリかちかちのタイプを思い起こさせた。「ショウリョウバッタの『生命感』を強調したかったら、草むら焼いた方が良かったのでは?」なるほど。

・自由詠

終わったら身体ゆすってぶるんぶるん見栄を張るなり旅先の厠(評価0/14)

【解説】見たまんま。ネタ狙い。笑いが取れたので良しとする。こーゆーのが許されるのがウチの特徴。

「でかいのを自慢したいのかコンプレックスで虚栄を張りたいのか判りづらい」……はい。

季語など縛りのある俳句より緩い。そんな短歌の世界でも更に緩い。その緩さが裾野を広げる。いい加減上向いて登れ?。うん、裾野をぐるぐるしてると、裾野の広さ故に時間ばかり消費する。それは判っている。ただ登山路が、「短歌が好きで短歌始めた人」とは異なるアプローチラインがまだ固まらない。電子の挙動で仕事してる人間ならではにして共感を得られる短歌ってどんなもんだろう。

2016年11月 7日 (月)

短歌スイッチ

結社(同人サークルのような物。作品を月刊誌で発表)に属してしばらくになる。ここで「壁」を感じている。

「短歌にしてえ!」という感情が突如わき起こり、実際三十一文字が紡がれて出てくる、という経験は10代の頃からあるにはあった。そのわき起こるタイミングでたまたま笹公人さん(Eテレドラマ「念力家族」)のラジオに接する機会があり、作品が取り上げられた。で、結社に誘われた……のであるが。

突如わき起こる、をコンスタントに誘発することは難しいのである。意図的に短歌を詠もうとすると、記憶の映像と文章に関するテクニカルなエンジンが恣意的に疾駆される。だがそれは短歌としては不自然なのである。読めば画面が思い浮かぶ、でもただそれだけ。それが現状の自己評価。一つ判ったのは何かテーマを決めて縛らないと散漫になってしまって感情を惹起するような領域に至らず、そぎ落とさないとギュウギュウに詰め込んで31文字にまとめただけ、になる(テクニカルな部分)。この辺、理屈をねちねち積み上げて行く理系的な思考論述が邪魔をしている。要するに詩人ではないのである。リリックな風景を日常から切り取る感性が圧倒的に不足しているし、レンズとして収斂する能力が圧倒的に不足している。小説はスケールやスピードのコントロールが出来る反面、動きを止めるのが難しい。一方短歌は一瞬を通じて高速を描いたりする。

・詩人ではない
・理屈屋
・テクニカルエンジンはそこそこの性能

で、感情を揺さぶる力積を持ち、一定数の「量産」が効くか。

勿論そこにはエンジニアならではを感じさせる部分が無いとオリジナリティが出ない。良作の二番煎じや受け狙いでは「核」が備わらない。

技術や発見、理論は「いつかお話のネタになるかも」とちょいちょい調べることがある。それがインプットであるならば、短歌につながるインプットが別途必要だ。

言霊よ我に力を与え給え。

言霊「そののべつスマホからまず目を離せ」

へい。

2016年3月13日 (日)

念力歌ふぇ(ねんりきかふぇ) @sasashihan

「逆伊賀越え」をして。

Cdzmaueuyaadypc

阪堺電車で堺に下る。

Cdzyw46umae3quq

さかい利晶の杜(りしょうのもり)。

「利」と「晶」はそれぞれ堺に地縁を持つ千利休と与謝野晶子である。なお、建物の立地は利休邸跡のはす向かい。

Cdzm0yzukaa78mk

歌人・笹公人さんのお誘いを受けて短歌会に属したことは時折書いているが、その笹さんの短歌をモチーフにしたNHK・Eテレのミニドラマ「念力家族」の展示会に出かける。

ここは常設が戦国の貿易港・堺であり、利休であり、そして与謝野晶子であるが、その特別展という体。今日は笹さんが来場され、併せて茶会と歌会という風流極まる流れ。

展示物は番組で紹介した短歌の他、単行本の装丁や推薦文の原画・原稿など。ちなみに笹さんの作品に与謝野晶子を盛大にパロったもの返歌があり、イベントの起点になっている。

一通り見終わって笹さんと合流し、茶室へ。

7226506f44a63af63bc6b1d61cddaca3

(画像は公式より)

繋がり繋がりで集った皆さん。お店、作家、マンガ家、プロレスラー。

Cdbzwkluyaa1yth

(三千歳【みちとせ】という「三千年に一度咲く梅の花をイメージ」した創作和菓子/京都・嘯月さん)

この歌会に参加された方(笹さん除き十名)の中に茶人が三名。

基づいて、ガチ裏千家。

作法?知らんよもちろん。妻の嫁入り道具に茶道具一式あって、常滑焼で抹茶を点てるが、ほぼ武将の酒盛りみたいな飲み方。

が、いただいたお茶はそんなことどうでもいいレベル。抹茶が苦いというのは作られた嘘と知ってはいたが、逆に本当に美味しい抹茶というのを初めて知った。へ~!てなもの。

「この後歌会ですが…」
「歌は何に書きましょう」
「懐紙(かいし)でどうでしょう」

Cdbzwkluyaa1yth_1

懐紙。そう、これに一首したためて読み上げようって、風流もここまで来ればもの申すことは無し。なお、この菓子の写真はその歌会の際に頂いたものを撮り直したもの。写メOKの茶会などない。

順繰りに詠んで行く。即興。お題は「利」。ちなみに「利」は利休の利だが、便利の利であり目利きや利き手などの利でもある。色々詠める。流石笹さん目の付け所ステキ。

で、念力なのはこの後。10人の作品から「良い」と思った方三名を挙げて行く。得票多い方から三名に特典、という目論見だったが。

「得票は?」
「それが…」

8票が3名。すなわち888のこれ以上無い末広がり三連発。

「おお」
「素晴らしい」

理系のコメントは無粋なので止めておく。

自作を晒しておく。

お題:利

・手のひらの便利で予約争奪戦 電波届かぬ宿の星空

更に帰路で浮かんだのこれ。

・改札にカードをかざす君を見て利き手が左であることを知る

さて、工場に戻りますよ。皆さんありがとうございました(^^)

2015年12月 5日 (土)

抒情の奇妙な歌会in名古屋2015 @sasashihan

●冒頭の能書き

「短歌」の世界は基本「師弟」システムと言って良いが、確立の古さ故に現代の視点では独特である。「アララギ派」とか聞いたことあると思うが、方向性同じくする歌人たちがクラスタを形成する。「結社」という。同人組織と書いても良い。ここが自前で同人誌に相当する短歌誌を発行し、選者(師範)が傘下の弟子の歌を拾ってゆく。秀作は選者の割り当てページ冒頭に紹介され、更に秀でたものは短歌誌の冒頭に採り上げられる。で、出版社やNHKなどの全国規模の大会、そして宮内庁の歌会始などを通じて「歌人」となってゆくのである。「俵万智」とか殆どの方がご存じと思うが、彼女は結社「心の花」に所属し、佐佐木幸綱に師事している。

以上を踏まえて。

●本文

Tw1

笹公人(ささ きみひと)さん。歌集「念力家族」がEテレでミニドラマ化されたのをご覧になった方は多いであろう。昨年に続き名古屋にお招きしての歌会である。ちなみに冒頭のように一般に短歌に進む場合は気に入った歌人に入門するわけだが、自分の場合ラジオの投稿が採用されて誘われた、という次第。結社「未來」にて「抒情の奇妙な歌会」選者(写真のブログアップは許可済み)

歌会のシステムは様々だが、今回は「姫」と「自由題」(テーマ何でも良い)を1首ずつ詠んで持ち寄り、参加者と師範で良いと思ったもの4首ずつセレクト、というシステムにした。で、ランダムに「良かった」「選ばなかった理由」「師範コメント」を付して行く。結果は各自フィードバックして改善したり、含まれた小ネタ雑学をシェアして、歌のネタ元である情報量の追加底上げを図る。「類は友を呼ぶ」というが、ここの歌会の場合、立場や職業てんでバラバラの詠み人が集まるので、いろんな知識、情報、価値観が集約分散する。短歌は収斂芸術だと思うが、歌会はそのピンホールカメラ的機能の具現化最たる姿と言え、刺激的で非常におもしろい。

以下、詠み人共通に参考になると思われる笹さんのコメントと、批評のスタイルの類例として自分のを晒す。

・読み手の解釈にゆだねる「謎」的な部分を残した方が歌としてはおもしろい。種明かし的な部分まで書いてしまうと単なる「見たまま」になってしまう
・「具体」「描写」を盛り込んで、場面の想像を(オレ註:塩尻の短歌のイベントの際には「五感を刺激するような文言を」というアドバイスを馬場あき子さんがされたように思う。五感が動くと体が場面を呼び出す)
・動詞が多すぎるとごちゃごちゃする上、主体がぼやける。せいぜい3つまで。

ちなみに「名古屋の人は盛り込みすぎ」という話もいただいた。名古屋人はコストパフォーマンスを大切にする。余白よりは突っ込むという思考が根付いているかも知れぬ。

では、恥を忍んで。自作とその評と「作者のコメント」。

【姫】姫様か。ゴスロリ姿が振り返りスマホあてがう口元はヒゲ。(1点)

・マンガっぽくておもしろい。スピード感。でも読み返すといろいろと変(Aさん)
・句読点の意図不明。ゴスロリは姫には思わない(Bさん)
・セーラー服おじさんを想像した(Cさん)
・電話で喋ってるようにも取れる。焦点がぼやける。ゴスロリで姫ってのが結びつかない。オチを言い過ぎ(上記「種明かし的な」)。姫だと思ったらおっさんだったのか、ごちゃごちゃして焦点曖昧(笹)

これはアキバでゴスロリのバックシャンが前にいて、かわいいポーチからスマホ出して喋りながら振り返ったら、そういう人だった、という実体験に基づく。ハルヒの制服姿・黄色いリボンの男程度は前からいたが、ついにゴスロリを着る男も出てきたか、みたいな。句読点は速度抑制効果と、一定の結論の後の裏切りみたいなのを狙った(小説書くときはこういうコントロールしない)。なお、自由の方がまぁ、まともな方向なので、こっちはネタに走ったという部分はある。

【自由】猫カフェのテレビが写すテロ現場かわいそうねと誰かが言った(6点)

・誰かが言った、がテロへの距離感に出ている。かわいそうね、にいい子ぶりっこを感じる。猫カフェの現代感も(Cさん)
・幸せの世界でかわいそうね。猫カフェの猫もかわいそうなのでは。今と世界を切り取った。(Dさん)
・平和とテロとの違和感はくみ取った。よくある取り上げ方なので選んでない(Eさん)
・猫が言ったら「かわいそうにゃ」だし、かわいそうが誰から誰になのか見えづらい。情報が多すぎる。猫カフェの特定意図が見えない。どの現場でも成り立つ話ではないか。猫カフェだと猫もかわいそうという意見があるので、こだわることもなかったのでは。猫カフェなら猫に言わせてもという手もある。少し多すぎ(笹)

これは先のパリのテロで海外メディアがほぼぶっ通しで経過を放送しているらしい中、日本だけいつも通りバラエティ番組などであったこと、ネットで見られたいかにも白々しい「言っておけばいいや」な発言群を皮肉ってみた。猫カフェは平和ぼけの象徴化。こいつで「猫もかわいそうな存在」という見方が出るとは思わなかった。なるほど平和ぼけなら別の方法で象徴化する方が絞れそうだ。

Cvdvyy0vaaauxaz

今日の収穫。自慢自慢。ちなみに他の歌会がどんなやり方しているか知らぬ。ただ、笹さんは否定はしない、詠み人の視点やベクトル自体は尊重し、「こうすればもっと良くなる」というアドバイスをされる。もちろん「厳しく断されてもっと鍛えたい」(NHK全国短歌大会特選の中山さん・東京からわざわざご足労いただいたので特出し)という方も。

古墳時代より続く文芸フォーマット。三十一文字が1000年続くというのが面白いじゃないか。

2015年9月21日 (月)

百草園(もぐさえん)

Cpupdynuaaabal

「『耳をすませば』っぽい」

その見立ては正しい。あのアニメバージョンの「聖地」は聖蹟桜ヶ丘だが

Cpupdyauwaanok1

隣である。従って、風景自体は同じエリア。

Cpz0g8cuwaayv4

猛烈な坂を上がって

Cpz0lmnusaerseo

Cpz0offwuaap5sq

まぁ、こんな場所。植物に囲まれてぼー。こっちは短歌でもひねろうか、そんなgdgdな流れ。

Cpz1grlvaaa7ane

100年前に若山牧水がやってた。

Cpucrfyuwaaix89

歌碑。「小鳥よりさらに身かろくうつくしくかなしく春の木の間ゆく君」読めんがね(^_^;)

園内売店は休業中だが、隣りの八幡神社(百草八幡)でお祭り中の由。じゃぁ、そこで何か飲み食いできるべ。

うろつく。時節柄彼岸花。赤とんぼ、弱々しく鳴くツクツクボウシ。

Cpuxcrukaeohmu

最初に掲げた風景の少し左手・東側はこんな感じ。新宿のビル群を経て、霞み見るスカイツリー。

Cpz4wn9uyaajk9a

何が起こってるかわかりますか?木漏れ日、葉と葉の隙間がピンホールカメラの作用をして、太陽の円形が投影されてる。ちなみに日食の時には三日月型、金環になります。

Cpz5soru8aas2qi

お祭りへ。キリンレモン。昔懐かし。ちなみに急坂の上に神社があるのは、ヤマト王権の時代関東平野は低湿地で、建立にふさわしい場所が他になかったから。

Cpz5wm4vaaa_bux

娘水飴に挑戦。混ぜろ混ぜろ混ぜろ。

短歌いくらか編んだが、推敲必要なので保留する。園内の牧水を幾つか引く。

・拾ひつるうす赤らみし梅の実に木の間ゆきつつ歯をあてにけり
・詰みてはすて詰みてはすてし野のはなの我等かあとにとほく続きぬ
・山の雨しばしば軒の椎の樹にふり来てながき夜の灯かな

「しばしば」と「椎の樹」と「来てながき」の韻踏みが好き。

2015年8月14日 (金)

石橋に残りし弾の傷跡は七十回目の夏を迎えり

母方は補給に父方コックにて吾は祖父らと出会えて話せり

吾の母に幼き記憶を尋ねれば背負われて見た燃える福岡

少なくも祖父が旅券を取ったのは支那朝鮮への慰霊鎮魂

陵に頭を垂れる老いた背に平成の夏日射しは強く

石橋に残りし弾の傷跡は七十回目の夏を迎えり

2015年5月 5日 (火)

白川郷へGO!

下呂→50キロ→高山→50キロ→白川郷

下呂から白川郷へは、朝一本だけ直通バスがありこれを捕まえる。それで到着は昼である。これでも東海北陸道・中部横断道の部分開通で良くなった方。

Tw1

岐阜県内ゆえ愛知からのアクセス・距離が容易に思われるが。実は金沢まで75キロしかない。分水嶺を越えている。往事往還の労苦いかばかりか。

Ceocufousaaznlq

さておき、こんな空の下、バスは渋滞かいくぐり、高山発を1台増発従えて、白川郷に入れり。

P5050941

城山天守閣展望台より俯瞰す。絵のような風景、とよく言うが、これは文字通り絵の中である。

Cenqgq6ukaauz6

余計な能書きは要るまい。春爛漫の白川の郷である。ココログの掲載ギリギリのファイルサイズ・アスペクト比でご覧頂く。

P5050952

国重要文化財・和田家住宅。裏手より。

P5050953

表より。内部は養蚕の紹介。合掌造りの構造解説など。

P5050970

絵の中に入り込める場所が山懐に抱かれて。

P5050973

県指定重要文化財・明善寺庫裡。

P5050983

同・鐘楼(左手)。そして右が本堂である。合掌造りのお寺は言うまでも無く非常に珍しい。

P5050981

鐘楼を下から。

P5050984

白川八幡神社にも行ったが、神社を写真に撮るのもあれなので控える。絵馬が「ひぐらし」だらけだったのは言うまでもない。

P5050976

寺の中より。こうなると締めは一首、だろう。

白川郷俯瞰の景は絵の如く下りて吾子らも絵の中に入れり

2014年11月29日 (土)

歌会。

所属している短歌のサークル(結社という)師範招いて批評会。

仕事も世代も趣味もバラバラ「短歌」の元に一つに集う。

知らないことはウンウン聞いてる。知ってることをベラベラ喋る。

ゴスロリと超ひも理論が混交す三十一文字こそ知識の要。

参加したのは12人。持ち寄ったのは2作ずつ。自作は1票2票であった。

文系理系で分けるのなら短歌は「文」の象徴か。

であればこその「理」である価値あり。マニアックすぎが丁度いい。

世界を集め知を集めそれぞれ増やして帰路につく。パラレルワールドここにあり。

行って帰れば昨日と違う。既知と有機に結びつく。三十一文字を紡ぎ出す。

時間の長さを感じない。緩やかだけど稠密だから。

皆さんどうもありがとうございました(^^)

2014年11月24日 (月)

安曇野、山野秋景

今回の旅はまず思いついた温泉地に宿を探し、後からサテどこに行こうかと探す行き当たりばったりの最たるものであった。従い趣旨も目的も何も無いが、オフシーズンの安曇野は逆に絵になるだろう(短歌ネタ元になるだろう)という目論見はすぐに立った。

Azu1_2

立った。この鉄塔と送電線の存在感(撮影は娘)。

Azu0

うそうそ。こうだよね。これは「ちひろ美術館」より東方、姨捨(おばすて)・冠着(かむりき)方面を遠望。冬の準備という風情が漂う。なおここ安曇野より北方、あるいは山寄りは信号機が縦配置の雪国仕様である。

Azu2

宿の近く「上原(わっぱら)遺跡」そばより。紅葉は盛りを過ぎたというより面影だけ残と言って良く、遠望、雪の剱岳はあと半月足らずに迫った白い季節を否が応でも意識させる。ちなみに長野県北部の雪の季節は突然始まる。半月で1メートル近く積もりスキー好適に変貌する。

Azu3

上原遺跡内縄文時代石柱に休むアキアカネ。近場に掘り返した痕があったが土器狙いであろうか。嘆かわしいことだ。

Azu4

俗世を離れた温泉宿にパソコン持ち込むなんざ無粋の極みである。あまつさえは端末持ってうろうろ歩いて「窓際ならLTE(4G)受かるぜテザリングだ」とかやってる。ちなみにこれは来週記事に出て来るであろうイベントの事務手続きのため、だったのだが、結果として前日記事の通り地震情報の取得と拡散に大いに有用だったのは言うまでもない。

Azu5

夕餉より「りんごグラタン」りんごをくりぬいて茸グラタンを詰めてある。

Azu6

容器も食う。実に合理的で無駄が無い。

Azu7

宿より北方、目立つ稜線は「爺ケ岳」東縁に連なる白沢天狗尾根である。同山より北方へ白馬連山となる。今般の地震においては大町以北への移動手段が断絶し、白馬への移動をあきらめた方もかなり多いと聞く。

さて大町温泉郷であるから、目の前の通りを西へ行き着けば扇沢を経て黒部ダムへ至る。足を伸ばさない手は無い(なんぢゃその物言いは)。

Azu8

30分も要せず扇沢トロリーバス停車場に至り雪を見る。なお、本来この時季ここに来るにはスノータイヤか地元のバスが正当である。

Azu9

黒部ダム(黒部川第4発電所のダム。くろよん)。高度経済成長期の電力需要をまかなうために人海戦術の突貫工事を実施。

Azu10

この巨大コンクリート構造物を8年で完成に導いた。得られたエネルギの大きさは計り知れず、但し171名の殉職者があったことは工学の括りの中にいる一人として書き漏らすことは出来ない。

Azu11

ダム上より黒部別山南峰を望む。よく登山ブログで目にする。ちなみにダムはそれ自体「立山黒部アルペンルート」の一部となるが、スキー板を担いだ方が見えたほか、日本語を喋らぬ団体の多くを見た。彼らは非常にマナーが悪く、自撮りアームを使ったカメラアングル設定の場所取りなど、傍若無人きわまりない。あまつさえはダム湖に痰を吐くなど「不逞鮮人」以外の何物でもない。ヘイトと文句を言う前に最低限、人としての素養を身に付けよ。殉職した御霊に大変申し訳ない。敢えてここに記録しておく。

Azu12

Azu13

Azu14

Azu15

(下流側ダム直下)

くろよんのスケール感を求めた画像を幾らか貼る。自然と共に暮らすこの地に人工構造物の極致たるこの巨大構造体が違和感なく収まっているのは、応じたスケールを有しているからではないか。逆に言えばここまでの心血を注がないと自然の造作に人が並ぶことは出来ないのである。殉職の技術者各位へ、あなた方の仕事の成果は黒部の山々と一体となってここにある。

Azu16

インターチェンジ近くに戻ると俗世間の日常が入り込んでくる。

Azu17

「春になるまでは何もしないよ」

うん。今度はラベンダーの頃にでも来るよ。

・剱岳帽子白くし見下ろせば雪に備えるトラクターあり
・枯れ野より青に鉄塔突き立ちて白く舞うもの落ちるのを待つ
・縄文の列石「パワースポット」と紹介されているをネットにて知る
・絵のような安曇に絵を描きに来て描き忘れたらし いわさきちひろ
・峡谷と分け隔て無く白の降り積もる偉丈夫くろよん五十の歳月

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック