リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2017年11月18日 (土)

パソコン小ネタ3題

●コピーのレイドの

コレ書いてる自宅パソはHDD500GBだが、余裕ぶっこいていたら警告画面が出た。

「ディスクがいっぱいです」

??

プロパティをめくって行くとユーザーフォルダが200GBもある。ハテ確かにハイレゾ音源という1曲1GBからのクソでかい代物あるがそんな多量には。ん?

これがビンゴ。ダウンロードした本体の他に、ソニーの音楽管理アプリがテメェのフォルダにコピーこさえて取り込んでおった。NASにコピってるんだからそこを参照しろっちゅーねん。

●書き換わってしまう件

個人の施術所で「パソコンちょっと見て欲しい」。

曰く。

「今年もあとわずかとなりました」

↑ここに「残すところ」を挿入したい

「今年も残すところとなりました」

こうなってしまう。

「上書きされちゃう、ですね?」
「そうです」

Do65p0oumaejhuz

「あ、これですか。あーなるほど」
「何かの拍子に触ってしまったんでしょう」

丸ごと書き直さなくちゃと思ってらしたとか。

●ぐしゃぐしゃなってしまった

法事に帰った妻からTEL、義父がパソコン画面ぐちゃぐちゃなったと言っている。

そらあかん。義父は現状一人暮らしであって、パソコンは重要な情報収集・エンタメ源。

が、後からメールが来て、何か拍子に表示モードが変化してしまった、らしい。

……昨今のPC関係はUSB刺すだけで全部やってくれる場合もある反面、ドライバや専用アプリをダウンロードしてあーだこーだというのもまだ存在する。要は「一つの機能を求める」のにやり方と難易度がバラバラで両極端なのである。それを全部知った上で適切な方法を実行しなきゃならない。こんな不親切な話あるか。

今、若い人を中心にスマホしか知らない世代が社会に出つつある。彼らは電源オンで即全機能OKという世界で育っているから、「機器同士を所定の電線で接続する」という作業を知らぬ。スマホでは出来ないことは何も出来ないという自体を危惧する。

ナニ?スマホで出来ることだけをやる?そーかい。

2017年11月 6日 (月)

IT化()の不便

異動した元・同僚のパソコンを奪う。自分のが古いキカイであるのと、オフィススイートを2013にする手間が省けるから。クソアウトルックの設定ファイルをクラウドに吐き出して、新パソで吸い上げ。

吸い上げ。

吸い上げ。

「重い。午前の会議に間に合わない。モバイルにデータだけ移して持って行きますよ」
「どーぞ-」

LANケーブル挿してクラウドにアクセス。

アクセス。

アクセス。

「エラーになるけど」
「あ、それモバイルルータ専用機にしましたので…」

モバイルルータ。要するに携帯電話のデータ通信機能だけ+無線LAN親機というシロモノ。スマホのテザリング機能「だけ」のキカイと書いても良いかも知れない。電話番号は割り当てられているが、通話は出来ない。

「社内から携帯回線使えと」
「そうです」

何じゃそりゃ。いくらセキュリティが~言われても汎用性・利便性を犠牲にして「一つの事しか出来ない」んじゃ何の意味もねぇや。

とりあえず会議終わって帰ってくると新パソの「吸い上げ」は終わっている。

仕事して、定時前。

「~のメールが来てませんが」

…!?

あ!「送信ボックス」に入っただけで送られてない。ナニ?サーバの容量が不足?なんだそりゃ。

サポート部門は帰っちゃった。知らんわもう。って何でもクラウドとか、大量に同じメールばらまく企業内のやりとりに容量制限付けるとか、その制限の条件が環境によって変わるとか。

くたばれマイクロソフト。心底うんざりだこの押しつけがましい傲岸不遜が。

2017年10月 2日 (月)

そりゃ円盤も廃れますわな

Tw1

「コンテンツの内容を見る」だけで、そのデータに直接アクセスできるなら、手のひらでいいもんね。足を運ぶ必要も、品切れを心配する必要も、延滞料金の心配も、全部ない。

コンテンツは円盤で、という向きは、デバイスを持っていない&操作できないか、映像と音声の質にこだわり、個人として所有したい、という方だろう。多く所有したい人とこだわる人は同一なので、要するに円盤は今後マニアックアイテムに成り果てる。それは当然、マスマーケットから外れた世界であるから、売れ行きは限られるし、中間に存在する流通業という形態は成り立たなくなる。ツタヤ必死も当然だろう。そしてこれは同時に、オマケで円盤購入意欲を煽るという手法はコンテンツの実力を反映しない、こうなる。その昔ライダースナックがシールだけ抜き取られてお菓子捨てられるという事態になったが、同じで、権利が目当てで円盤オマケ、が実態であろう。ここに流通コストを考慮した場合、ダウンロードで確率ガチャとした方が、その辺ごっそりコストカットできる上、物理的スペース(オマケ円盤を置く場所)も不要なので、全体としてそちらへ動く可能性はある。ただどうであれ、供給源のマスタデータに消費者が直接アクセス出来るわけであるから、中間業者は不要となる。

エジソンに始まる記録メディア・円盤産業の落日を我々は目にしているのかも知れない。

2017年8月31日 (木)

第2次ハイレゾハードウェア革命の準備 #ハイレゾ

オレしか役に立たない記事。というか自己メモ・おぼえ。

昨日記事の通りソニーの新しい音楽管理ソフト「Music Center for PC」で、パソコンからオーディオにハイレゾを送る際の諸問題解決したため、対策として持っていた冗長系を整理し、使用機器の削減と配線のシンプル化、ポタアンの異動先検討を行う。
ちなみに情報ダダ漏れ解禁の新ウォークマン「NW-ZX300」を導入前提である。

●再生系
基本的にPC→USB→デノンに一本化。但し、PCM系音源はNASに入れてあるため、ブルーレイとマランツAVアンプからDLNAでNASへアクセスし、MusicCenter上のプレイリストを再生出来るようにしてある。これで家族がPCを操作中でもプレイリストが使え、PCが故障してもNASの音楽を呼び出せる。

●録音系
「録音」が行われるパターンは、ラジオ放送、過去のDAT記録物のファイル化、その他外部入力、となる。アキュフェーズに集約してあるアナログRECOUTと、外部入力PCM信号をローランド「UA-55」をインタフェースに96/24まで受け入れる。なお、録音は冗長性の観点からDATをパラで走らせることと、UA-55が44.1の倍数系を受け付けないため、サンプリングレートコンバータ

Clfg8jtveaa80vc

で変換を行い、トスリンク用分配器を介して分離する。

なお、パソコンからはこの他にHDMIも生やしているが、これはネットコンテンツをテレビで映す場合に使うので存置しておく。以上よりポタアンPHA-2AがPC出力受けとしてはお役御免。

●ポタアンの人事異動考察
従前彼らの仕事は

・PHA-2A
パソコンからオーディオセットへのアナログ送りだし(MediaGoがソニー製DACしかASIO認識しなかったため)
・HA-2
出張のお供、GND分離ヘッドホン駆動用、車載使用時の電圧増幅、別部屋サブシステムでパソコンからの送り出し
・nano_iDSD
娘ウォークマンよりミニコンポへの送り出し

であった。ここでZX300を導入すると、グランド分離がバランス駆動となり、アンバランス出力も電圧充分と予想されるため、ヘッドホン駆動、車載運用はZX300単体でOKとなり、

・サブシステムでPCから送り出し
・娘ウォークマンよりミニコンポ送り出し

ポタアンの残務はこれだけとなる。娘ウォークマンはA20であるから、これの用途にはPHAが最適であろう。するとサブシステムを残り2台で取り合う(?)となるが、ここのスピーカはボーズのアクティブであるから、音質の差はどうでもよろしい。ただ

・nano_iDSD
USB→同軸デジタル出力変換出来る「今や貴重なDDコンバータ」でもある
・HA-2
アナログヘッドホンアンプとしても使え「汎用性が高い」

であり、どっちもせどりに売り飛ばすには忍びない。ここでHA-2については、アンプしょぼくした実家をヘッドホン環境強化しようとしているので(オレが深夜に聞くため)、アナログヘッドホンアンプとして有用であろう。一方、nanoはUSBの距離に限度があることを考慮すると、将来の住環境変化でPC-オーディオ間の距離が長くなった場合に備えた保険となる。

辞令
PHA-2A:A20→ミニコンポ送り出しとする
HA-2:当面、iPhoneのモバイルバッテリとして運用し、実家ではヘッドホンアンプとする
nano:サブシステムでBOSE送り出しとする

以上

ポタアンの無駄遣い……

2017年8月30日 (水)

人柱・Music Center for PC @sony_jpn @mora_info

●冒頭の能書き

ソニーのPC用音楽再生・管理アプリは、「xアプリ」と「MediaGo」の併存が長らく続いた。
機能的には一長一短で

・xアプリ
他社機器ASIO対応(但しハイレゾでは途切れる)
アプリお任せのプレイリスト作成が有能
ネットワーク再生(DLNA)不可

・MediaGo
ASIOはソニー製のみ
ウォークマン楽曲管理標準ソフト
DLNA可能

ざっくりこう。ちなみに音楽アプリ自体はこの他にfoobar2000、AudioGate4(有料版)と持っていて、それぞれ高レートDSD再生専門、DSDディスク作成&ファイル形式コンバータと「ひとつで全部出来る」ものはない。ただ、高レートDSDやファイル変換は自分しかやらないので、混乱は生じていないだけ。これが現状。そこへ、ソニーがウォークマン新シリーズ発売に合わせ、新しい音楽アプリ「Music Center for PC」を発表し、併存から一本化を打ち出した。

これはメカにもネット知識にも疎い家族のため「MediaGoで曲を選んで、ダブルクリックすればオーディオセットから音が出る」環境をようやく整えた者としては、それが維持されるか、あわよくば上記「一長一短」が解消されるかどうか、検証と確認が絶対である。そこで公開初日8月29日、早速ダウンロードした。

Diy4cdxuiaez30j

結論から言うと「曲を選んでダブルクリックすれば」「他社製ASIO機器からハイレゾでビットパーフェクト再生が出来る」

ハードウェアは以下の通り

・USB系
PC→ifi Audio「iUSB3.0」(USBリピータ)→デノン「DCD-SX11」
・イーサネット系
NASアイオーデータ1万円1TB→OPPO「BDP-103JP」→デノン「DCD-SX11」
・アナログ段
SX11→アキュフェーズ「E-470」→ヤマハ「NS-F500」
SX11→スタックス

なお、USBやイーサのケーブルはそこら辺の電気屋で売ってるもので、オーディオ用と称する高額なものではない。

1.インストールから楽曲の取り込み・引き継ぎ

経緯や経過を書いてもしょうがないので結果だけ書く。ダウンロードしてインストールすると、xアプリがあれば、xアプリ登録曲を取りに行こうとする。

Diy6jphvyaa6qzd

これはxアプリがベースだからしょうがねぇんだが、MediaGoをお持ちの場合はこれを使わず、楽曲の格納フォルダが分かっていればそこを直接指定で、またはファイル→プレイリストの取り込みでMediaGoのプレイリスト格納フォルダに取りに行けばいいだろう。この際、持ってる曲数にもよるが、全部やるとえらい時間が掛かる。特にDSD形式は1曲取り込むのに1分くらいかかったりする。なお、NASとかPC外や、デフォルト以外のフォルダに楽曲置いてる人は、「ファイルをコピーしないで取り込む」にすれば良い。

では、音出し。

2.ASIOによる音出し

音声の出力方法は、PC内蔵のスピーカー以外では

・ソニー以外も含めたASIO/WASAPI機器への排他出力
・HDMI(PCにある場合)経由WASAPI出力
・本ソフトを司令塔に、ファイル格納先からファイルを呼び出し、所定の機器で再生するよう指定するDLNAレンダラー出力

これだけ選べる。以下、最も使用例が多く、誰もがまずそれを考えるUSB経由でASIO機器に流す作業を説明する。

Dizasfrvwain5wn

ツール→設定→オーディオ出力設定、にて、ドライバ組み込み済みのASIO機器が選べる。ウチの場合デノンのドライバを選ぶ。

で、ハード(ASIO機器)の電源が入り、パソコンがそれを認識している状態で、本アプリを再起動する。

これで、曲を選んでダブルクリックすれば、ASIO機器から楽曲の持つフォーマットそのままで出力される(ビットパーフェクト再生)。

Dizjdivwaannhw

なお、一般にパソコンからUSB機器に音声を吐き出す際は、パソコンのスピーカーアイコンをクリックしてこれを出し、デノンならデノンを「規定」に設定したりするが、本アプリからの音出しにおいてこの設定は触らなくて良し(スピーカーが規定のままで良い)。すなわち、上記アプリ内の設定だけで、メール着信やブラウザで見ている動画の音声などはパソコンのスピーカーから、本アプリからの音声はASIO機器から出てくる。

3.DLNA(レンダラー)による音出し

「MediaGo」では聞きたい曲をタップして右クリック、「Throw」を選ぶと、DLNAで放り込めるキカイを選んでくるというモノだったが、本ソフトでは

Diza0civ4aeey6s

「設定」→「ネットワーク上の機器」を選ぶと、キカイを見つけてくるので、選んでOK→ダブルクリックで再生する。ウチの場合、OPPOのブルーレイとマランツのAVアンプが対応しているので表示される。どっちも再生出来た。

ただ、一旦再生を終えると、この接続は外れるので、毎回キカイを選ばせないとならない。ここは右クリックで探しに行ったMediaGoより操作性が劣る。

4.音質

「xアプリ」では何処をどういじってもUSB経由ではハイレゾがブチブチ途切れて再生出来ず、頭を抱えるしかなかったが、本アプリでは192/24問題なく再生出来る。音質だがスタックスを使うと何となくバックグラウンドに静かなざわつきはあるものの、クリアにカリカリに解像されたそれはデノンSX11の音である。スムーズに隅々まで音楽信号に起こされ、アキュフェーズの正確無比な増幅で室内に音を放ってくれる。音量小さくてもふくよかで立体感溢れる音が充満し、MediaGoで出力先にしていたPHA-2Aの音を寄せ付けない。まぁ値段的に負けてもらっちゃ困るのだが。ともあれ

「ダブルクリックで」「SX11から」「ビットパーフェクトの音楽再生」

但しパソコンとしての作業・動作はそのまま。

達成である。

5.小ネタと注意

①DSD11.2MHz対応だが

再生出来ないファイルもある。例えばSuaraさんの生録ファイルはエラーが出た(foobar2000では再生出来る)。なお、ウチの場合DLNAでそもそもDSD再生出来ないので、DSDはファイルの場所も変えてfoobarを使う事にしており、あまり影響は無い。

Dizz2ryuqaaot2j

②ASIOのビットレート設定

「おまかせ」で良いが、異なるサンプリング周波数やDSDをごちゃ混ぜで再生する場合、機器によってはリレーで切って同期を取り直し、曲間でカチカチ言ったりする(SX11がこれ)。うざったい場合はここを192/24など選んでロックすると良い

③メディア共有

Difa9wqvaaanzyr

DLNAを組んでいる場合、設定メニューのメディア共有は許可しておくと、対応機器から逆に本アプリの楽曲リスト、プレイリストを覗きに来て再生することが出来る。家族がパソコンを占有していて本アプリに触れなくても、それら機器から目的の楽曲を再生出来る。

●まとめ

「パソコンから音楽信号をビットパーフェクトでSX11に放る」これが実現出来て満足だわ。ダラ流しのBGMがSX11→アキュフェーズとか贅沢な限り。しょうもない楽曲でさえも音質の故に愛おしい。

ちなみにパソコンからの音楽再生は「いつでも・誰でも・簡単に・問題なく」が案外難しく、これまで再生5系統(ソニーポタアン・ローランドUA-55・DLNA・HDMI・USBでSX11)抱えていたわけだが、これでUSBでSX11に押し込むか、マランツAVアンプまたはオッポブルーレイから引き出すのどっちかで良さそうだ。

PHA-2A、および本件の予備としていたifi_Audio「nano_DSD」お役御免である。システムの改変と、こやつらの転職先を考えないとならない。深刻で贅沢な悩み。

2017年4月 5日 (水)

再編の始まりか?

Tw11

ビクター系の楽曲配信サイト「HD-MUSIC」がサービスを終了する。「みろハイレゾの詐欺がバレてきた証拠じゃ」いやいや。

ココの場合、間違いが2つ指摘できる。まず、開設が遅きに失した。その分、金銭的お得感や「ココだけのコンテンツ」などで囲い込みが必要だったが、いずれも先人の後塵を拝した。ポイントが付くわけでなし、ここでしか聞けないものがあったわけじゃなし。他で十分足りる。選ぶ意義はない。次に「単なるビット拡張」をハイレゾと称して売ってしまった。「ニセレゾ」まで言わんが、どう理屈をひねり出しても44/16のデータ変形以上の何物でもなく、だったら44/16のまま安価で売れやってことになる。ハイレゾは「レコード時代の名盤」をアナログからハイレゾに起こして売っているもの非常に多く、応じて「高価格機器を持つ高年齢層」が買うようだが、アナログを近似状態でデジタル化していることに意義があるのであって、元々CDフォーマットのデータを拡張したところでそれ以上のものにはならない。なまじハイレゾ手を出す層はそれなりの知識があるので、理論が言うこと以上のものにコストは投じない。

まぁ、誰も困らないだろう。しかしビクターのやることは何もかも中途半端だ。剛胆さがないというか。そうオリジナリティのないことばかりしてると、存在そのものが希薄になるぞい。

さてこれはダウンロードしてストレージに置いておく配信の話だが、クラウドから常時流し込むストリーミングでも「乱立共倒れ」から「共存生き残り」へ向かいはじめたと聞く。良く書くが、昔レンタル音源をカセットテープにダビングしていた代わりが、スマホで動画を見る。なのだ。コンテンツがタダで視聴できる以上、金銭を動かすにはそれ以上の「価値」が求められる。その点、ストリーミングのお気に入りに入れておくのと、動画のお気に入りでリピート再生に何らかの差は見いだせない。「タダで見聞きできないならいらない」「タダのやつだけで十分」こうなってしまう。「アイドル」が集団で喚いているだけじゃダメだし、再生機器にコスト投じて応じた成果が得られないとダメである。そして二つのダメダメは金出す主義の音質オヤジが最も嫌う双頭であるから、誰も金を出さない。こうなる。そのくせ?そのせいか?売る側は円盤にインセンティブ付ける。「お金出してちゃんと音楽を聞く」層が置いてけぼりになっていないか。そういう層を「開発・覚醒」させる気はないのか。

アーティストの楽曲を広げることが主体だろう。円盤を売りさばくのが目的ではあるまい。

Kalafinaの新曲を落とす。歌詞カードも購入者特典も無いしフラゲも出来ないがハイレゾ。

C8lcrydvoaaxfew

歌詞データくらい付けてクレメンス。

2017年1月 9日 (月)

小DAC

C1tpqr_ukaag75x

そりゃ「コダック」

Pha2a

これを買って来た。ソニーポータブルヘッドホンアンプPHA-2A。但し基本的に持ち出さない。用途はPCでの音楽再生時のDA変換。

・MediaGoにASIO出力させたい

その背景は主に2つ。マランツNR-1607がDLNAのレンダラーとして調子いまひとつであること(同じ曲ばかり再生する)。娘がようつべ見たりするので、オーディオはASIOで、パソコンとしての作業と別に吐き出させる必要が生じたこと。妻子にパソコンのプロパティいじって都度変えろとか無茶。ちなみにそれだけなら「1A」でもいいじゃんとなるのだが、こいつ

Pha2a_002

電源はデジタル音源系と別に受けることが出来、更にウォークマンとデジタル接続した場合、ウォークマンへ電源供給できる。これはウチの場合、車載でウォークマンを送り出しとし、2Aから十分な電圧でヘッドユニットに送り込む仕組みを構築できることを意味する。

説明書通りにドライバダウンロードして

Tw2

MediaGoでASIOを認識。

Tw1

「規定の出力にはしない」ことを確認。これで念願だった

・オーディオ信号はASIOで吐き出しビットパーフェクト再生
・それ以外のパソコン作業で生じる音声はパソコンのインタフェースから出す

が可能になった。ちなみに2Aの音質だが、ヘッドホンMDR-1Aで聞く限り、ウォークマンZX2の音をスケールアップしたもの。オッポHA-2に比べると少し元気が無い。但しマランツ内蔵のDACを通った音よりはナンボかまし。

C1tmrxjviaaybea

パソコンラック側に収まってこう。オーディオとはアナログ。

これだけのことにナニを苦労してんだか。

2016年12月26日 (月)

壁紙をプリキュアにする理由

いじるスマホとPCの壁紙はプリキュアが多い。

5_05

理由は第一に「毎日眺めるもの」だから美少女にこしたことはない。

Mif_06

もうひとつは「利便性」の話で、

「ハガキ印刷のアプリどこ?」

Fv_04

「つぼみの顔の上」

など、いい目印にもなって「便利」なのだ。忘れたくないタスクなんかそうやって置けばイヤでも目立つ(人は人の目を見るので)。

ちなみに「プリキュア 壁紙」で検索すると、公式は勿論、熱心な絵師の描いた二次創作も混ざって引っかかる。

Tw1

著作権法の観点からは限りなくアウトなのだが、山ほどあって追いつかないだけなのかも知れないが、好き放題描かれて好き放題アップされている。作品の世界観・イメージを壊さなければ、なのかも知れない。創作は模倣から始まったりするもの。後継育成につながる、とすれば全体としてはプラスに作用するだろう。

太っ腹だと思うが、アフィブログに使ったり(商売道具)会社の業務用PCに使ったりすると完全にアウトなのでご注意を。

公式(ロゴ入り3点の出典)はここ。シリーズ各作から数枚ずつ載ってる。大きなお友達の作品は検索すれば山ほど。

2016年9月23日 (金)

マランツNR1607・導入編【ハイレゾ音源も再生】

●はじめに

別記の通りE-470を導入し、「ステレオメイン2チャンネル」はそっちで再生しているので、「音質」の評価はしない。

●導入の背景と結線

System1

【凡例】
A:アナログRCAピンプラグ
B:XLRバランス
C:同軸デジタル
O:光デジタル(トスリンク)
H:HDMI
U:USB
E:イーサネット(LANケーブル)

まぁまずはこれを見ていただきたい。CDまでのコンベンショナルなオーディオと、ネット配信がメインの「録音しない」現代のオーディオを共存させようとするとこういうことになる。マランツはブルーレイ103JPとHDMIで接続され、ネットワークとテレビ、である。レコーダのZ2000はテレビにしかつながっていないが、録画と同時に聞きたければテレビから放り込めば良いし、円盤にしてまで残したい物は、その円盤を103JPで再生すれば良い、という考え方による。録画機として家族が使うので、「テレビとレコーダ以外に何か操作しなくちゃならない」は極力避けた。

ここで特異な機器と結線はAL192=SRC2496=UA-55のラインであろう。これは録音対応のラインである。アナログ音源(ラジオ)やDATをパソコンで録音するためであり、アナログを96/24のハイレゾフォーマットでデジタル変換し、パソコンで録音すると同時(コレ重要)に、バックアップとして48/16に変換してDATに録音してやろうという流れになっている。

System2

なお、コンベンショナルな部分だけ抜き出すとこうなり、

System3

ファイルオーディオとデジタル放送、サラウンドだけを抜き出すとこうなる。合体させて録音を考えるとトップ図になるわけだ。それぞれ単独で書き出すとシンプルだが、全く互換性がないので、合体すると単純に2倍になる。いいのかオーディオはこんなに難しくて。

このように1607は、DSP-Z11の後継として「ガンガン進歩し続けるネット関連のための頭脳」であるとともに、「進歩系」から「コンベンショナル」への橋渡し、裏返して「ギャップ」を象徴する。コンベンショナルはマルチチャンネル・サラウンドに背を向けてトラディショナルへ去って行こうとしている。なお、今回のシステムチェンジでVHSと8ミリビデオデッキは外した(動かせるようにはしてある)。

●電源

・連動系
NR-1607/E-470/DCD-SX11/T-1000S/DTC-ZA5ES/SRC2496/AL192/iUSB3.0/STAX
・独立系
TV/103JP/BRZ2000/ネットワークハブ

TEACの連動タップを持っているので、Z11ではアンプの連動コンセントに挿しておけば、せーので全機器の電源が入った。1607はそういうコトしたけりゃHDMIでコマンド送るよなので、コンセントは持っていない。そこでハブとかネットワーク系の機器もあるので、パソコン用の連動タップを使った。これはデスクトップPCの起動電流で連動口を通電するものだが、パソコンの代わりに1607を接続し、そこ連動口にTEACをつないだ。応じて1607を起動すると若干のタイムラグを持ってシステム全体の電源が入る。

Cs9i2wlueaaft4c

(つづく)

2016年8月29日 (月)

DSP-Z11の「後継」

Ceopog5uiaaeken_2

DSP-Z11。2008年。当時べらぼうな値段で、しかし「AVアンプとしては出来る子」という評価であった。JBLの巨大なスピーカーシステム「エベレスト」を鳴らすことが出来るという。

8年が経過、増幅器の部分はさておき頭脳。すなわち、サラウンド再生・映像信号の取り扱いに関しては完全に陳腐化した。DSDや192kHz等ハイレゾ扱えるだけまだマシである。が、ネットワーク再生や4K8Kといった次世代映像信号の扱いは不可能だ。AVアンプはすぐ古くなる。肉体はさておき頭脳がダメ。最大の欠点。

一方で、オレ自身のシステムの扱い方もかなり変わった。コレ買った当時はドルビーシステムでガンガン映画見るつもりでいたのだが、ソース元のハリウッドが白痴化してしまった。なおブルーレイで持ってる映画はインディジョーンズとか80~90年代ばかり。

だったら、「頭脳」より「増幅」偏重とし、「頭」はすげ替えられるシステムにしておけばいいのでは。

Main02

ヤマハCX-A5100+MX-A5000。その「首すげ替え式」のセパレート。Z11の機能・価格・音質的後継。今般、「頭」だけが5000→5100に進化してオブジェクトサラウンドに対応した。ただこの「頭」、セットの価格の半分する。シアターにそこまでの情熱はない。むしろ「信号解読可能」程度にとどめ、増幅に8~9割のコストを振りたい。

そこに出て来たのこの人。マランツNR1607

4951035058244_2

オブジェクトサラウンド・DLNA・ハイレゾ対応薄型AVアンプ。特性チューニング等、Z11が持ってた「当時の水準では高度な機能」一揃い。そしてコレ重要、

1607

「プリアウト」持ってる。であれば、2チャンネルシステムをメインに、こいつを頭脳とサラウンド用としてかぶせてやればシステム成立する。

2チャンネルシステムのコアは。

E470

アキュフェーズE470。プリ・パワー切り離し可能。「あっ」と思った方あるかも知れぬ。この構成で価格自体はヤマハのセパレートと変わらない(頭:増幅価格比=8:54=1:7)。連動コンセント使えば、DLNAでマランツを呼び、こいつ含めた全体のオンオフもパソコンから可能となる。CDPやチューナーなどトラディショナルなコンポーネントはこいつにぶら下げ、ブルーレイやレコーダはマランツにぶら下げれば良い。(MOS-FETの音が好きなんだよ)

え?ネットワーク再生全部マランツか?妻が「MediaGo」から放る分にはそれで充分。ハイレゾ対応のDACは安価でもそこそこの音質持ってるのはifi_AudioやOPPOで経験済み。操作性重視。自分が聞く分にはOPPOの同軸をDCD-SX11に突っ込めばよろし。そしてもちろん、SX11とE470はXLRでバランス接続*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*する。

なお「録音」は現状ソースとしては「ラジオ」および他のアナログ、となるが、一応DATの過去録音と、その他デジタルへも対応可能としておき、アナログは2割してカセットとUA-55、デジタルはUA-55とDATへ送れるようにしておけば良い。するとここで、先のサンプルレートコンバータが生きてきて、UA-55で作った96/24をPCに送ると同時に48/16でDATに送るとか出来る。

・録音用デジタル送り出し:DAT・UA-55・その他
・デジタル録音&再生受け入れ:DAT・UA-55・マランツ・SX11

要は、オーディオとSRCの間に、多数入力・出力のセレクタがあると良い

1_000000000034

amulech社AL192-4i4o-MU。光4入力4出力。

役者揃ってしまった。どうしようw

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック