リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2017年8月 2日 (水)

身近な毒動物

●冒頭の能書き

Dgok8juumaqlq2q

ヒアリをあれだけ騒いだくせに、ヤマカガシのネタになったら急にヒアリの報道がなくなった。それって不安を煽ってるだけで注意喚起にはなってないような気がするけどね。

日本の本土陸域には「病院が必要になる毒」を有する動物は記憶できるほど少ない、という認識であったが、そのヒアリやセアカゴケグモのように、外来の毒動物が増え始め、認識を改める必要が出て来たようだ。

てなわけで「生活空間でエンカウントしそうな毒動物」まとめる。なお一部なぶって遊んでいるが、絶対に真似しないこと

●昆虫類

・スズメバチ(キイロスズメバチ/オオスズメバチ/ツマアカスズメバチ)

Bzbuzhccaaaczro

どう猛で攻撃的と敵に回したら手に負えない。毒は強く、しかし1回刺されたくらいではひどく腫れるくらいで死ぬことはないが、2回目以降は重篤なアレルギー「アナフィラキシ」を起こして命を落とすこともあるので侮れない。山の中に巣を作り、ハイキングや、山裾まで開発された住宅街で出くわすが

Tw1

こいつは冬眠先を求めてベランダのじょうろに入り込んだ奴。このように向こうから接近してくるから困ったもの。これなんか気づかず手を入れたら刺される可能性もあるわけ。なお最近侵入が報告されている「ツマアカスズメバチ」は更に攻撃的とか。

・アリ類(ヒアリ/アカカミアリ)

アリとハチは近縁種で、アリに毒針があっても全く不思議ではない。ただ日本にはいなかっただけ。
ヒアリは南洋系の外来種で、非常に攻撃的な性格。アリ塚を作るのが特徴とされるが、港湾部のアスファルトのひび割れとか、環境に応じて可能な方法で住み着くため、海外の現状は参考にならないかも知れない。なお、赤いアリは日本在来種にもいるので、見た目での区別は難しい。スズメバチ同様アナフィラキシの可能性がある。

●クモ類

・ゴケグモ(セアカゴケグモ/ハイイロゴケグモ/クロコゲグモ)Tw2

ゴケグモは「後家」グモで、これは英名のWidowSpiderを直訳した結果。なお後家さんの由来は交尾後オスを食って後家さんになるから。

北米系の外来種で、種族・生態とも日本在来種「ヒメグモ」に近い。

Achae_tepid

(オオヒメグモ/wiki)

年に1回掃除する程度の部屋の隅とか、どぶ板の裏とか、ボロくずみたいな巣をかける丸い腹のクモを見たことあると思うが、あれがこいつらに置き換わっている可能性を意味する。アメリカではテーブルの隅に巣を張っているのを知らずに触ってしまって、とかあるようだ。町内会の大掃除、それ以前に子供いたずらでどぶ板をひっくり返す、使っていなかった植物プランターに触る……「意図せぬ接触」がありうるので注意。嚙まれるとアナフィラキシ。ちなみにクロゴケは「世界最強の毒グモ」とか書かれる場合が多いが、これはエンカウントの機会が多い結果、アナフィラキシで死に至る場合が多く目撃されたことによる。

・コマチグモ(カバキコマチグモ/ヤマトコマチグモ)

ゴケグモ類が侵入するまで、こいつらが日本唯一の毒グモと言って良かった。実際毒は強いが、図体が小さいので毒の量が少なく、死に至った例は聞かない。ただ、1日くらい腫れて痛むという。

さてこのクモは姿はさておき住処は誰もが見たことがあると思う。

Tw3

すすきが原の草団子。開いてびっくりクモが出て来た……経験者多かろう。この長い葉を団子状に丸めたモノこそ彼女らコマチグモ類の巣である。当然こういうところ現在でも多いし、子供さんが草団子を面白がって……というパターン当然あるので注意されたい。なお彼女らはこの巣で産卵し、子グモが生まれるのを見守り、その後自らの身体を子供達に食わせて一生を終える。

●ヘビ

・ヤマカガシ

Tw4

子供の頃の図鑑には特に毒ヘビとは書いておらず、しかも臆病でおとなしいので実際良く捕まえて遊んでいた。1度嚙まれて腕丸ごとビリビリ痺れ「あれ、こいつ毒あるんじゃね?自由研究で発表したら有名になるんじゃね?」と思ったが、どこぞの中学生が嚙まれて死んだのはそれから程なくのことであった。

Nec_0027_2

(幼蛇)

彼らはカエルほぼ専門に食うので水辺に多い。谷筋のハイキングコースとか、住宅街の田んぼあぜ道にいたりする。なのでエンカウント率は高いわけだが、ここでマスコミがあまり言わない重要なことを書いておく。

・耳の後ろから毒を飛ばすこともある
・飛ばす毒はヒキガエル(後述)を食ってため込んでいる
・写真のような赤まだらが知られるが、色彩・模様は地域差が大きく、ほぼ真っ黒のものもいる

毒は嚙まれる方は血が止まらなくなり、心臓に強い負担を掛ける。アナフィラキシを呈する。また、後頭部から飛び出す方は目に入ると失明する。

嚙む前には

Dgolaxsuqaaugdo

コブラが良くやるこの格好で威嚇すると言うが、本人がそんな余裕を感じていなければ当然いきなり嚙んでくるので注意が必要。

Hi380007

(頭を扁平にし、身体を硬くして威嚇するヒバカリ。ヤマカガシも似たような感じで身体を硬直させる)

・マムシ

Tw5

観光地の「マムシに注意」のカンバンでおなじみ。基本的に山林の水辺に住んで小動物丸呑みしているが、住宅地が山辺に広がってエンカウント率が高くなった。ちなみにこれとカガシの写真は名古屋市の公式だが、名古屋のまむしは2012年に生息が初確認されたとか。

臆病で向こうから逃げ出すが、隠れている(つもり)のを踏みつけるとかして嚙まれる例が多い。夜行性。嚙まれたら病院GO。

●カエル

毒矢にその毒を塗るくらい、海外では「カエル=毒持ち」の認識が広い。逆に言うとそこいらのカエルに素手で触って平気なのは日本くらい。ただし

・ヒキガエル

P7190597

こいつは別。ガマの油でおなじみ、耳の後ろや皮膚、イボイボから毒の液を出す。皮膚に着くと炎症を起こし、目に入ると失明の危険、体内に入ると心臓発作を起こしかねない。ヤマカガシも使うことは前述の通り。

一方で臆病でのろまなので、庭先にいても放っておけばいいのだが、動かないので強制退場を計ろうとして素手で触ったりして上記症状が出たりする。ネコがげしげし遊んで目を潰すとか良くあるようで、慌てた飼い主が更にやられるとか悲劇だ。なぶったら素手でなくても手を洗うべき。

●まとめ

まぁこんなもんか。いずれも態様・ご面相からして自ら好んでさわりに行く人は少ないと思うが、「意図せず相手の防空識別圏を越える」可能性があることに注意が必要。とはいえじょうろや植木鉢とか、毒グモがいるかも知れない、スズメバチがいるかも知れないって視点で触ることはないわなぁ。

ちなみに怖いのは公園などでお子さんがエンカウントする可能性があること。小動物や昆虫は子供の良き遊び相手だったんだけどね。無闇に触れなくなってしまった。

2017年6月17日 (土)

メダカ、システムチェンジ

プリキュア、プリズムチェーンとちゃうで。

Cpkhtzumaa6vig

2013年からこのシステムでやって来たが、この春から糸状の藻が大繁茂したうえ、タニシも大繁殖、汚れもホテイアオイの浄化能力も追いつかないほどひどいし、でシステムチェンジ。

Dcgffjvvwae0oo9

ガラス鉢+黒砂利+カボンバ&ホテイアオイ

Dcftxsrv0aasb7c

ミジンコを入れて。食われるが、動物性浄化作用がメイン。

Dcf4e68u0aabayt

移したら食う食う。

Dcgguipumaebcsc

コケなしタニシなしヒルもなし。横から見えるのでアクアリウム気分。

まぁダラダラ泳げや。

2017年4月11日 (火)

モンスターの覚醒

C9ixfi3voaame0v

夜桜バホバホで春もたけなわですが←なんちゅう表現じゃ

C8zidsvoaexcvs

冬眠していたクワガタ出てきました。クワガタは夏の虫というイメージですが、実は酷暑は苦手。真夏までが基本的に活動ステージ。冬眠組はGWあたりには出そろいます。これはヒラタクワガタのオス。

C8zqcbwaaav8np

こっちはオオクワガタのメス。ただねぇ、アンタのダンナ去年死んどるん。名古屋市内に野良オオクワおるわけないし、オスだけ販売ってのもないし。

なお去年のタマゴはメスと判明。店屋物のオオクワはペア販売なので、ハーレムに出来るっちゃ出来る。でも今年はミヤマクワガタとひと夏の経験したかったんだけどなぁ←えろじじいか

2016年12月25日 (日)

クリスマスイブに蝶とたわむる

カテゴリ「ペット」が適切か知らんけど。

実家に行くなら盆暮れ正月は避けるという鉄則に従いクリスマス連休で上京。

C0z9_klvqaiizix

京王7000準特急などという色々レアな電車で

C0gkdsauaaaedou

多摩動物公園へ。ここはコアラが目玉だが、ブームは去って久しく、名古屋人としては見たけりゃ東山行けばいいので

C0agsllveaqukbz

でも見ちゃう。やいこっち向け。しかしガラガラだが大丈夫か。

C0ah6mmveaaeyva

逆にココしかいないタスマニアデビル。夜行性と聞くが昼日中走り回っているが大丈夫か。

C0aqbubuaaajnje

本命ココ。

C0gmkwsuaaa59q3

温室の中ちょうちょ放し飼いのパラダイス。なお、多摩の放し飼いっちゃクジャクが有名だが、鳥インフル問題でしばらくおやすみ。

C0gmpnmuoaabiy5

「渡り」で知られるアサギマダラ

C0gl53ouqaals09

イシガケチョウ。何?触るなってカンバンがあるはずだ?知ってるよ。チョウチョの方がオレに止まってくるんだよw

C0gnsbtvqaapbzz

ジャノメチョウは娘に。

C0gnzfhuaaerrzc

ここにナナフシおるの判る?って、なぜ止まるし。

C0gncv5uaaap4nl

お前まで来なくてよし。なおナナフシは超ビビリなので自分から触りに行かないこと。なぜオレに寄ってくるかは知らん。

クソ寒いのにチョウチョに遊んでもらえるとか贅沢だぜぇ。

C0gq1uqukaaj5pa

「帰ったぞ」
「何か旨いもの買って来たんだろうな居候ポケモンおっさんよう」

C0byfzwukaajls

「もちろん。ケーキ買って来たぜ」

C0epeo1veaa9zbn

「ワイが食えんやろが!」※集中線を入れたわけではありません

2016年9月 3日 (土)

放埒の土曜日 #ポケモンGO

モンスターボールと星の砂が足りないのだが、いつもと同じ場所で取ってくるぢゃぁ面白くねい。

Crztjxjweaesabm

てんで自転車キコキコ出かける。なお、この公園はゲーム画面だとこう。

Craffhlw8aa4sqe_2

画面イーブイ写っているが、結果から言うとここはおそらくイーブイの巣。ただ、イーブイなら自宅周り幾らでもいるのであまりありがたくない。

Crbjqg_ukaatn4p

ただ進化形9体いるので狩り集めておく。珍しい系と言えばブーバーくらいか。

Crafkvqwgaelasa

イベントやっているので見て行く。

Crafsvtweaacdiy

ヒメダカ好き放題やらしているわけだが、これらは宝物のよう。黒いのとか。

Crbj9nhvmaamag9

白いのとか。

Crbftdiumaafyyq

夜ポケで猫をモフる。耳が欠けているが、これは人なつっこさと、毛並みの手入れから人為的なモノ。すなわち「地域猫」のマーキング。

Crbfhikuaaahzub

えらくビビりな性格。なおこれはワンコが散歩に来て緊張しているの図。このあと茂みに逃げ込んでしまった。

Crbk7vvuaaveus

オムナイト昼夜問わず増殖中。こう少しずつ変えてくれると遊び方が増える。

2016年8月 6日 (土)

メダカの夏2016

Cpkhtzumaa6vig

イトタヌキモ(多分)と、アマゾンフロッグピット(写真の丸っこい葉っぱ)が水面を覆い尽くし、何も見えずウザかったのだが、子メダカの隠れ場所になっていたのでしばらくそのままにしておいた。が、幾らか成長したメダカが見えたのと、ホテイアオイの水質浄化作用復活を目論みタヌキモを一掃した。

Cpkhwicvuaa8ygo

酸素補給能力維持のためカボンバ。なお、写っているサカナはその「成長し始めた子メダカ」である。4世代目か。しかしアナカリスもどうにかこうにか生き延びてるのがすげえな。

なお実家

Cpkmvrqueaapwzd

外飼育は流石やな。

2016年8月 5日 (金)

犬種「ブルドッグ」の危機・考

Tw1

「ポケモンGO」というのは、モンスターにボールをボカボカぶつけて捕縛するというゲームである。強いモンスターを相手にする場合は「エサ」として木の実のアイテムがあり、これを与えると♡が表示されて少し温和になる。そこにボールをまたボカボカぶつけて捕縛する。エサで釣って暴力を行使する非道なゲームである。

首題、ブルドッグは、60匹少々の特徴を持ったグループを祖として人工繁殖を繰り返して増えた犬種という。このため「遺伝的多様性」が不足しており、人の手無しでは生きていけない。どころか、「生命体として生命力が弱い」種類であるとナショジオの記事で見た。
飼っている方はすべからくご存じと思うが、顔が平面になっているので、鼻腔・咽喉のスペースが狭く、好気性地球生命の基本である「呼吸」がしづらい点がまず挙げられる。これは過度の運動、肥満、標高の高いところへ連れ出す……あまりよろしくないことを示唆する。文字通り息が上がってしまう。
そして、その表情を特徴付ける頭蓋骨の変形は、なんと経膣分娩が困難なのだという。ひっくり返して多くのブルが帝王切開を要とするのだ。もうこの2点で自然生命体としてはアウトであると容易に理解できる。

それだけではない。ブルは多く「病気になりやすい」と言われる。免疫の地域進化の代表として人間の事例に「鎌形赤血球症」というのがある。字の通り、本来「穴無しドーナツ」状である赤血球が、カマの刃、三日月状に変形する遺伝性の風土病である。形の故に毛細血管で引っかかりやすく、要は血の巡りが悪くなって貧血に至る。その代わり「マラリア原虫」が内部で繁殖できない。結果、マラリアの多い地域では、鎌形の持ち主が生存有利となり、結果として、貧血リスクと引き替えに「人類という種」の生存には寄与している。

こういう「変化球」な方法で種の維持保存が図れるのは、遺伝子の変異のしやすさ「遺伝子の多様性」なのだが、ブルは書いたように母集団が60匹程度と少なく、「139匹調べたが殆ど一緒だった」がナショジオの報告である。

このため、遺伝子のバリエーションが少なく、様々に変異を繰り返す病原体に対応する能力がそもそも低い、と推論できる。しかも今もなお、グループ内でのみ交配を続けているので、新たな遺伝子は供給されず、逆に劣勢の重合が発生しやすい、となる。ハプスブルク家と同じである。「生まれつき病気になりやすい」これは野生では絶滅の未来しか意味しない。しかし、人はそれを越えて生み出し、維持し続けようとしている。

人の手であっても、「天寿を全う」であれば、それでいいのか。

2016年4月29日 (金)

水いじり・土いじり

盆暮れGWは遠出をしない(キリッ

Chlxuugaaxveq

意地で始めたメダカ飼育も4年目に突入。この小さく丸っこい水草は「アマゾンフロッグピット」と言い、ホテイアオイの無い(枯れた)冬の間、余剰養分吸収担当で浮かべておいたらまぁ2~3日で水面びっしり。「適度にトリミング(間引き)せよ」とかよく見るが。

Chlyvkuuyaatwzt

どっさり!宿便かキサマ←表現がキタナイです。

Chlz5meuuaelq9w

このひょろひょろっとしたのはこれでもアナカリス。「オオカナダモ」だと言えば、名前だけは生物の教科書で見た、という方多いのでは?

Tw1

アナカリスですw

Chlaeqhveaertep

蔓形寄生植物みたいな奴はイトタヌキモ。これでも「藻」らしい(アナカリスも藻だけどさ)。こいつも放っておくとしっちゃかめっちゃかになるのである程度取り除く。

Chlfv8iu4aa_2ni

なお、現在何匹いるかは全く把握出来ていない模様。住人はこのほかにタニシとヒル。ヒルとか印象悪いが、タニシのタマゴを適当に食って生存量をコントロールしてくれるので居着かせてある。

次はクワガタ。現在、ヒラタ♂1匹オオクワ♀1匹。それぞれ越冬したし寿命になり次第撤収の予定。されど土は変えなきゃ。

Chls9fucaa4htq

なんと。オオクワのオスは去年死んだが忘れ形見か。この後この飼育ビンに潜り込んでバリバリ木くず食ってる。

土いじるのは気持ちいいね。そんな連休スタート。

2016年3月20日 (日)

ネコマンガ2016春分

Cd_cfkiuaaezd_k

「今、帰った。下僕、開けるのが遅いぞ」

Cd_ciwqumaarwvz

「クンカクンカ、いい匂いがする。刺身か?刺身だな!」

Cd_jdmovaaahojg

「俺の分…え?ないの?」
ないよ。こんな時間までドコほっつき歩いてたんだい。

Cd_mbraumaa6utn

「我はバステトなり。猫族を代表して降臨し罰としておのれの大事なBOSEとやら肉球まみれにしてくれる」
いいからマタタビやっとけ。

2015年11月24日 (火)

ネコマンガ2015

Cudidvluyaau2dd

お、たまに来る奴、出かけるのか?
「そうだよ買い物だよ」
ん、今クルマは来てない。行って良い。

Cudom24uyaivbqb

「ただい…」
何買ってきた。その袋はなんだ。オレのエサか!?

Cudoyvjueaeeq1s

「エサじゃねぇ。甲州ほうとうだよ」
ちぇ!

Cuks6tdusaavcsy

大体オマエはだな、息子とはいえ一宿一飯世話になるのだろうが。であれば主人に手土産があって当たり前だろ。どういう了見をしてやがる。しかしエンジン切った直後のクルマはあたたけぇ。
「それが狙いだろうが。コタツの電源入れるから家に入りやがれ」

Cua6yytveaaooo3

あ、撮るんじゃねぇ。オレの体裁が。
「うるせぇ。マンガにしてやる」

…実は「いちいち格好つけたがる」生き物とちゃうんけ、猫って。

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック