リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2021年2月26日 (金)

HDE226868

怪しげなコードネームのようだが実際怪しい。正体はこいつだ。

Photo_20210226212001

青白い方が青色超巨星HDE226868。右側の円盤…の真ん中の黒い点こそは「ブラックホール」はくちょう座X-1だ。HDE226868は太陽質量の15倍と見積もられ、しかし5.6日周期で「何か」に振り回されている。これだけのサイズの星を振り回すのなら応じた大きな質量であろう。調べたのが故・小田稔宇宙研所長で、おや?

太陽の6倍質量だが直径は300キロ以下。

月はおろか、「東京-名古屋間」に太陽質量の6倍分が詰め込まれている。

そんなもの、予言された「ブラックホール」以外あり得ない。

故・ホーキング博士は、こいつが「ブラックホールでは無い」方に掛けて1974年に負けを認めたというエピソードがある。

で、このほどこの人を地球直径を利用した「電波干渉計」で調べたんだと。そしたら、

距離:6000→7200光年
質量:15太陽質量→22太陽質量

と、見積もられた。これまでに見つかったブラックホールで最も重いそうな。

怪しい奴はまだまだ怪しさを提供してくれる。

2021年2月18日 (木)

サイエンスギャップとデジタルデバイドの背中合わせ

今日ツイッターで流行ったタグに、実際に言われたクレームを語る、みたいなのがあった。その中に

「何故日食の観望会を平日の朝にやるのか」

というのがあったという。2012年5月21日。金環日食が見られた日のことだ。日食のメカニズムも知らんのか…失笑する向きもあるだろう。ちなみにこの時、道で太陽を見ていた娘に、犬の散歩の人が何をしているのか尋ね、娘が説明したら「知らなかった。道理で空が暗いのか」と言っていたとか。興味が無い人には本当にどうでもいいことなのだ。それがなまじ興味を持ち、自分の都合と合わないと知るや、その合わない合理をなじる。

類例に先日、国際宇宙ステーションが見やすい旨のツイートをリツイートしたら「毎日見えますか?」とリプが来た。宇宙ステーションを含む人工衛星が地上から「見える」というのは、それら衛星が太陽の光を反射し、その反射された光が我々の目に届き、その際充分に空が暗いこと、が、必要で、太陽-衛星-日本が「なす角」と、時間で決まってくる。比して今日見えないなら明日、そもそも毎日見えるの?こんなところか。ちなみに見えるかどうかは日本であっても場所と時間に依存するので「計算で出せるんです。見えるかどうかはこちら」と観測用のサイトをお教えした。

以上ここまでは最前「理数系は不得手でねぇ」で笑った終わった話、かも知れない。だが、スマートフォンに代表されるデジタル機器は「それで何が出来るか」「なぜ、そうなるのか」を知っているかどうかで、得られる情報、享受できるサービスの量と質が変わってくる。宇宙ステーションの人の場合オイラに聞いたわけで、それは「人に尋ねる」作業がツイッター上というだけに過ぎない。これはネットの特性である「常時情報源に接続している」を活かしているとは言いがたい。

今日び引っ越して「ネットを引きたい」と頼むと、業者が来てキカイを置いてPC接続して画面表示して「終わりました」と去って行く。それで済むならそれで終わりだが、WiFiで複数接続したい、テレビやレコーダもネットに繋ぎたい、となると、一気に応じたハードと作業の料金を取られる。ウチではそこにサーバをぶら下げてデータの貯蔵庫兼、音楽をそこから家庭内3カ所のオーディオセットから流せるようにしてある。こうなると「そういうことが出来て、そのためには何をすれば良いか」調べる必要があり、理解するには理屈を知る必要がある。

あと、これも良く書くが、最近のパソコン周辺機器は、パソコンに接続すると、機器とパソコン間で通信し、勝手に使えるように設定してくれる。業者によるネット接続もそうだが、それは普通に動いていればいいが、不具合の時「そういうことが出来て、そのためには何をすれば良いか」知らないと、全く対処が出来ず詰むことになる。ブレーカを飛ばしたことで接続情報が消えたかも、ヘタすると足で引っかけてコンセントプラグが抜けてましたなんてことも分からない。

通信・ネットが情報インフラであるなら、それを使いこなす基礎知識を体系立てて教育する仕組みが必要なのではないか。電源・スイッチ・ソフトウェア…。巷間言われる「がっこうでのじょうほうきょういく」はそういう肝心なところ抜けてる気がする。「理数系弱い人」をあざ笑うのではなく、得られるサービスを得手不得手関係なく一定水準まで底上げする。それが令和JAPANの底上げに繋がるのではないか?

 

2021年2月12日 (金)

「彼」のそのあと

少し前の「なんでですかね」の彼は、結局その後も方々に聞きまくったらしい。おいらに訊くと怒られるのでおいら以外の「工場によくいるその筋の専門家」をツテのツテの頼ってメールをばらまいたそうな。

が、オレが伝えた情報ってそーゆー専門家たちからの情報を集約したものなのですよ。

「その話ならアイツから聞いたんじゃないの?」

「同じこと聞かれたんだけど伝えてないの?」

こうなる。で、オイラが回答の中継をサボったのでは?とオイラの上司にご注進した方がいて、オイラは彼への回答メールを上司にも「こう答えますぜ」の意味で入れているので、「答えたはずなのにまた聞いてきた」こうなる。すると上司→上司で「彼にちゃんと判らせたか?」こうなる。

めちゃくちゃ怒られたらしい。

「お詫びです。せっかく教えていただいたのに」

不幸な話だが「トンネル効果」とか「エネルギー準位」とか「なんでか知らんがそうなっとるんでそういうもんだと覚えておけ」的な奴はどうしても理解できないという方はあるものだ。「光の速度はどんな状態から見ても一定だ」という相対性理論とか最たるものだろう。「原理」なのでどうしようもない。わからなくてもそうなっている。

Quantum_fig_01
(大阪大学のサイトからパクった)

「理解できなかったら理解できるまで聞いてくれればいいんだぜ?」
「怒られたし」
「オレ怒ったっけ?」
「上司に」
「情報源は怒ってないんだから黙って情報源に続けて聞けばいいんだって。怒られたくないから知らないままでいいって技術者としてダメでしょ。理屈を実証するのが仕事なのに理屈不明はダメだって。理屈を武器にしなきゃ。理論武装って知ってるでしょ」
「怒ってないんですか?優しいですね」
「優しくなんかねーよ。君が正しく理解してくれた方が会社として資産になる。そんだけ」
「でも本を借りたのでそれで頑張ってみます」

それならそれでええよ。

なお、この裏返しとして飲ミュニケーションとか仕事以外でしがらみ作るのは嫌いである。まぁ存亡の危機に遭ってコロナの禁止で滅亡したからどうでもいいけど。

2021年2月11日 (木)

紀元節2121

Emperor_jimmu

「なんちゅう節操の無い見出しだ」

サーセン。よく出てくるこれは月岡芳年『大日本名将鑑』の「神武天皇」とのこと。

皇紀2681年。神武天皇の実在性は問うだけヤボだろう。127歳で崩御。神日本磐余彦天皇(かむやまといわれびこのすめらみこと)。始馭天下之天皇(はつくにしらすすめらみこと)。この辺国体成立に至る「混沌からの収斂」を擬人化したと見るのが自然な考え方。

伊邪那岐・伊邪那美・天照大神と連なる「国産み神話」と神武東征の整合性も昔っから言われるが、どっちも「昔々の言い伝え」に基づく。時系列に並べようとするだけヤボ。ただ、「炎」の存在と「東征」は、7300年前の鬼界アカホヤによる火砕流で南九州縄文文化が滅亡したことや、阿蘇山の噴火で同様にカタストロフと新しい大地の創成が起きたこと、縄文海進から海退(海が退いて水位が下がること※)により使える陸地が広がって行ったこと、など、「伝承されたかすかな記憶」を使えば説明できそうな気が勝手にしている。この辺り「自然」そのものに神性を見た原点という気がするし、応じた「神格化」と考えるがどうだろう。

日本神話の話をガチ目に書くとすぐ極右的だー的な批判が出てくるが、成立には背景が存在し、それは地史を念頭に考えて当然だろう。地震・津波・火山・台風・洪水…自然界がもたらすあらゆる災厄と一方、狩猟採集で事足りた豊かな大地があったのだから。ダイナミックな物語が生まれるのは当たり前。

なお本日は出勤日。工場は飛び石連休が嫌いw

※従前「氷河期終わって氷山が溶けたから海水が増えた」という説明だが、それだけではなく、増えた海水で海が重くなり、海岸沿いの土地が海中に引きずり込まれて更に海に沈んだ、というメカニズムの併存も指摘されている。更に海水の重さでその下のマントルが陸地側へ押し出されて陸地が持ち上がった結果、海は再び戻って行き、海進が終わった(海退した)という説がある。この場合、応じて陸には大地震、大噴火が起きたのではないかな?

メモ:義父退院す。

2021年2月10日 (水)

#ツマグロヒョウモン の越冬態様について

2月10日である。

Et1uh5uu0am7idf

はい?

ツマグロヒョウモンは越冬の態様が未確定であり、幼虫が一般的と考えられる旨前に書いた。…いいからウチに来い。翅が伸びる前に木枯らしに吹き飛ばされてしまうわ。

Et1wadmvgaqrrio

結論:越冬という生態もそれに応じた特定の態様も持たない。気温に応じて動ける時に動き、成長できた者は蛹化・羽化と進展し、気温と食草に恵まれなかった個体は死ぬ。

Eqdcijkucaarjbg_20210210182201

確かに幼虫になり、このように集まったりしていたこともあったが、それはただ単にその時そこが居心地いい(=温かい)からいただけで、翌日には居なかった。すなわち、テントウムシのように定住(?)もせず、日々動ける温度になると動き、食い物(スミレ)があれば食い、成長した奴はさなぎになり、羽化に至る。一方、気温の上がらないところに入り込んで動けなくなった奴は死ぬ。それだけのことだと判明した。ちなみにまだ幼虫でゴソゴソしてる個体もある。

これはアゲハやモンシロのように「越冬はさなぎ」という特定の態様を持つには至らない気がする。寒くても動ける奴が生き残るようにダーウィン的選択が成されるからだ。「命を賭して生き延びる」種である。そしてビオラやパンジーは冬でも買える園芸種である。かなり深刻な園芸害虫に発展しそうな気がする。

ハッシュタグで検索すると飼育下・野生種とも2月から成虫が見られるようである。

 

まぁ翅伸びて飛べるな。飛べる奴は屋内飼育できない。

じゃぁな。 

2021年2月 4日 (木)

46億年という時間

哲学に近いかもしれんが。

その昔「平安京エイリアン」というゲームがあった。平安京に侵入したエイリアンを検非違使が穴掘って埋める、というものだが、仮に本当に地球にエイリアンが侵入するなら、光年単位の真空を超高速で移動できる超科学を持っているか、億年単位の長時間生きられる超生命力を持っているか、どちらかであろう。であれば、「宇宙は銀河で終わりでは無い」と気付くのが1920年代の人類以下、地球に本当にエイリアンが攻めてきたらひとたまりもなかったに相違あるまい。一方で我々の存在は一定の確率で生命が育まれることを証左し、四大文明より数千年で現下科学水準を得るに鑑み、46億年という時間は、上記超科学・超生命を生み出すに充分な時間と考えられる。なのに現下、こうしてチキューカンキョーハカイガーとか言いつつこの星でのほほんと暮らしているのは、そういう生命体に達していないか、そういう科学力を得ていないか、まだ地球に到達していないか、実は我々はぼっちなのか。

実は地球に入り込んでいるが、我々が想定するのとは態様の異なる生命かも知れないとか、害悪を及ぼしていないので気付かないだけ、という可能性はもちろんある。「クマムシ」という生物は1ミリ内外のサイズでおよそ地球上のどこにでもいるが、絶対零度の真空で放射線ぶっ掛けられても生き延びるという。ひょっとすると「超生命」そのものかも知れないが、まぁ過酷な先カンブリア時代を経て獲得した進化した地球生命という理解が一般的であろう。

一方で地球が永遠の住処で無いことも明らかである。いつの日か太陽は今より膨張し、地球は干上がって地球型生命は居場所を無くす。その時人類かどうかは分からないが、その時代を迎える知的生命は存在するであろう。死や滅亡を意識しない(超越した)生命でないなら、生き延びる道は生きられる星を見つけるか作ること。過去46億年地球に訪れた生命が無いのに、向こう50億年で地球から他の星へ到達できるのであろうか。

ひょっと46億年何も来ないのは、そうやって生まれた星で繁栄し、星と共に命脈を閉じられるのが「生命の運命」を証しているのかもしれない。

2021年2月 2日 (火)

春は名ばかり

今日が節分になる説明は実にややこしいのだが、要は「うるう年で生じるズレを100年に一度リセットするが、西暦2000年はそのリセットを行わない年だったので更にずれまくって2日が節分」こうなる。なお、「3日が節分」は西暦2100年までは4年に1度ペースに減少し、「3日と思っときゃ間違いない」に戻るのは22世紀になる。ドラえもんが製造され、ガミラスが地球を攻撃し、ヤマトが復活する22世紀であるw

さておきコロナの緊急事態宣言は延長されたし、明3日の天気予報は気温が低い。そもそも2月入ったばかりだし名ばかりの春である。

Etocthovoaiymse

但し、星空は春。

2021年1月11日 (月)

成人の日、でした

妻は仕事だし娘は塾だし、依頼した出張修理の待機もあって休日感はあまりなし。待機時間に娘にはどんど焼きにお守り等持って行ってもらい、義父には雪で断念していた「ほっともっとの弁当を食う」を実行。買いに行っていただいた(運動の一環です)。

さて出張修理は食洗機様である。エラーH21を吐いて止まる。先にポンプがフン詰まりで修理してもらったばかり。下ろして開いてぱかりんちょ。

「あーこれですわ」

1_20210111203801

白い粉がこびりついている。これ何かというと洗剤。ちなみにこの場所は、

1_20210111204301

この正面ドア裏のパッキンの位置に当たり、機械の中に首突っ込まないと見えない場所の上、「流れ」ができない。従ってここに入り込んだ粉末はセメント状に積もる。カリカリして完了。ちなみに。

Ercujclu0asbptl

「食器を洗う洗剤そのもの」はアルカリ性で「食洗機をメンテする洗剤」は酸性。これによりこびりついたアルカリ性を中和するスキームというかエコシステムというか金を取る仕組みというか、ちょいちょいメンテが欠かせないわけだおやこんな時間に誰か来たようだ。

2020年12月12日 (土)

まぁ、強く生きろよ

買い物から帰ってくるとヒラヒラしたものが庭を巡る。

「12月だよ?」

Epabchzvoaatuib

なぜ、羽化したし。

Epabchvu0aaew1m

冬のチョウなんかたやすく手づかみ。ヒメアカタテハ。ツマグロヒョウモンと同じく南方系。砂糖水やろうとしたが、窓際ポカポカで元気になったようで落ち着かない。そうなると部屋の造作で翅を傷つける方が怖い。

解き放つ。餌食えるか繁殖できるか知らんが強く生きろよ。

Epb10vdu8ae9arl

娘の合格祝い。

メモ:おやじ病院から退院をせっつかれる。急遽火曜日。まぁそりゃもう「病人」じゃ内科も知れねーけどよ。リハビリ終わってから、じゃないのけ?慶応病院ってどこまで患者と家族振り回すねや。

2020年12月11日 (金)

ヒューマンエラー、じゃなくてね

1_20201211233701

「水虫」の薬に「睡眠薬」の成分が混じってしまい、服用した人が急に意識を失って、という。。混ざったのは「リルマザホン」で、それは同社の製品名で、よくよく調べたら「ベンゾジアゼピン系」…「ハルシオン」と書いたら分かる人多かろう。んな強い薬普通の人が飲んだら昏倒するわ。お亡くなりになった方も出た(12/10)。

知らないメーカだと思ったらジェネリックだと。だから、というワケでは無いのだが、記者会見を見てたら「ヒューマンエラーで」。

ん?

メーカ勤めでISO噛んでる方はピンときたと思うが、ヒューマンエラーはそれを誘発するシステムが良くないというのがISO9001の物言いである。製薬業には法で指定されたGQP (Good Quality Practice)「医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の品質管理の基準」を守れというのがあって、

①製造エリア・包装エリア・一般エリアの明確なゾーニング、機能的・合理的な動線計画により虫の侵入やクロスコンタミネーションを防止
②製造室内の清浄度管理や室間差圧の制御による空調を採用することで、高度な品質・衛生管理が可能な製造環境を実現

用語が難しいが、要は「クロスコンタミネーション」というのが「混ぜるな危険」という意味である。これは「防止する仕組みを作れ」という意味である。

で、その管理方法、QMS(Quality management system)「品質マネジメントシステム」に言及したのがICH(International Council for Harmonisation of Technical Requirements for Pharmaceuticals for Human Use):医薬品規制調和国際会議 Q10という仕組みで、何のことはない、ISO9001ベースである。

ISO9001は「人力管理」自体は認めさせることは可能である。ただ、そこで間違いを犯したならば、犯すと大きなリスクを招聘するのであるなら、人力以外の方法による管理を求められる。自動化・機械化であり「ポカ除け」だ。「他の薬が混ざる」…コンタミなんか最初に考える最大のリスクのはずで、ヒューマンエラーと言ったからにはそういうところを人任せにしていた裏返しということになる。

Photo_20201212001601

ライン分けてると謳ってあるがなぜ混ざったし。「多品目を生産」…一人が複数のラインに関わるとこういうことが起こりやすいが。

再発防止・是正措置の結果を見てみたい。他山の石としても。

より以前の記事一覧

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック