リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2017年5月22日 (月)

生爪を剥ぎました

サンダル履きで自転車こいでてポケットから携帯ぽろり。

Tw1
「反射的」な身体の動作は恐ろしいもので、自転車完全に止まってないのに下りて取ろうとしたらしい。
 
ずざざー。
 
左足の中指から小指までずるむけ。小指は爪の根元が灰色でやばい感じ。出社しようとしたが、靴下に漿液が染みるのでヤメ。絆創膏貼り付けて病院へ。剥いてもらうと緑色。
 
「緑膿菌!?」
「いやいや(笑)」
 
消毒薬をじゃぶじゃぶ塗って。
 
「小指は爪がダメなので取りますね。止血」
 
看護師さんにゴム輪で締めて貰って。
 
「痛いですよ」
 
ばりっ!
 
「あっ!」
 
アーもスーもねぇ(死語)とはこのこと。
 
「砂とか一杯入ってますよ。綺麗にしますね」
 
爪剥がしたその下を少々ピンセットでほじくって消毒薬じゃぶじゃぶ。声を出すな言われてもムリ。
 
「はい、綺麗になりましたよ」
 
血で真っ赤。そりゃそうだ爪を引っぱがしてるんだから。
 
包帯でぐるぐる巻きにして、化膿止めと痛み止めの頓服もらっておしまい。びっこ引いて歩けるが包帯が力学的に傷口を引っ張る上、そもそも包帯がジャマして履ける靴もサンダルもねぇ。明日再診ということでとりあえず様子見。
 
水曜木曜の会議の資料間に合わないかも知れないがそれはそれでしょうがねぇ。
 
●再発防止
近場だからと安易な発想で「裸足サンダルチャリ」はしない。携帯電話の固定は確実に。
 
ゼロ災ヨシ

2017年5月18日 (木)

おめめかゆいお

夫婦揃って目が真っ赤。

花粉症の延長戦というか、夏草(イネ科)のそれである。赤く血走ってゴロゴロしている。痒いが、だからって目をこすると結膜炎になる。目薬さして耐えるが、イライラする。

会社のソフトウェア開発チームに感染性胃腸炎。庶務ギャルのお子さんは風邪とか。

職場に感染性の病気が流行るのは多くの場合寝不足。ワークライフバランス?仕事減らして給料上げないと何も解決しないよ。

2017年5月12日 (金)

47歳1日5食

「5」は大げさかも知れぬ。要は「間食」するクセが付いた。

根本的にガキの頃から「おやつ」には無縁であった。外をかけずり回ってバッタ取ってるので、食べようという欲求もないし、おやつの習慣に憧れることもなかった。誰だ、そのバッタ食ってるとか言うヤツは。生では食わんぞ。

3時に何かちょっとというのは結婚してからである。ただそれもバクバク食べることはなかったのだが。

この春頃から、午前10時くらい、午後は2時半くらいには空腹を覚えるようになった。執務デスクの引き出しにはボリボリ食うもの欠かせない。菓子パン「500kcal」位が丁度良い。工場弁当が1000kcal程度であるから、「5食」は大げさにしても4食程度にはなると思う。

ただこれで太るかというとそんなことはない。むしろ間食取らないと痩せる。

原因のかなりの部分はポケGO毎日7キロ歩いて消費するのと、仕事が「量は減らないが早く帰れ」なので、常時イライラしていて食欲に向かう、というせいであろう。まぁバランス取れてりゃ何でもいいんだけどさ。

「虫歯ゼロ」表彰で購買の金券をもらう。で、糖分たっぷりの菓子パンを食うという何だか矛盾行為。

2017年4月27日 (木)

ハラガイタイ

「腹部膨満感」という奴。このところストレス多いのでそのせいかと思うが、下痢の激しいヤバい系だと困るので、

「休暇で…」

寝倒す。疲れていたらしく昼まで寝る。起きて飯食って胃腸薬を服用。

胃腸に優しいお茶飲んで過ごす。今日明日頑張れば文句なかったのにオレの身体よ。

歳か…。

2017年4月21日 (金)

ハルシオン飲みハルシオンのみとなる春となり

…何でも韻を踏めばいいってもんじゃねぇ。

Tw1

ハルシオン。それは商品名で、薬物としての名をトリアゾラムという。最強の入眠剤として知られる。

睡眠薬使い10年になるが、「睡眠導入」と「維持」の2種類体勢が長く続いた。入眠剤をハルにして久しく、維持剤の方を徐々に弱めて、このところは「ルネスタ」を使っていた。

そして「ルネスタ」をお役御免とした。一般に睡眠薬は「飲むことで安心して寝られる」というプラシーボの部分がある。裏返して「飲まないと寝れなかったらどうしよう」って奴だ。だから徐々に抜くのであるが、このところ金曜は、「翌日が土曜だし、失敗しても大過ない」ということも手伝ってルネスタを飲まないことを試みていた。結果、ハルちゃん(おいおい)だけで6~7時間ちゃんと寝られることが判った。これにはポケGOで毎日7キロ1万歩徘徊しており、肉体的に適度に疲労している、ということもあるだろう。だが、それ以上にハルだけで行けるという安心感が絶大で、寝れなかったら…の不安を上回り、実証の積み重ねで払拭された、というのが実態と見られる。ちなみに同じ経緯で残っているクスリが幾つかあり、もし眠れなくてもそれらを動員すれば必ず寝られるという裏打ちがあるのも効果があろう。安心こそは眠りに誘う最大の特効だ。

なお先月来不安のタネだった資格検定は合格と判明した。安堵が安心を更に呼び込む。

2017年4月17日 (月)

スギとヒノキの決別

べっっくしょい!

花粉症歴40年である←威張るな

シーズン始まると2月からGW開けまで途切れることなく鼻水とクシャミ、目のかゆみとゴロゴロ感に悩まされてきた。朝な夕なにクスリを飲み、点眼点鼻薬手放せない。

それがここ数年、変わりつつある。スギの時期(~3月)は症状あるっちゃあるが、1日1回の飲み薬でほぼ抑えられる。家か会社にいるせいかと思ったが、ポケGOで夜間徘徊しても症状出ないので「変わった」のであろう。

一方ヒノキは目のかゆみを中心に出るようになった。つまりスギとヒノキで様相が変わってきたのである。

何が違うのか。

ひとつ言えるのは花粉症はすなわち「免疫の暴走」であるということだ。症状が出ない=免疫が反応しない=免疫力が落ちた=歳食ったせい。とも考えられるのである。

…書いててイヤんなってきた。ふて腐れて寝るわ。←少し調べたが合っているらしい。ということは病気になりやすくなった可能性も示唆される。…書いててイヤんなってきた。ふて腐れて寝るわ。

2017年4月 3日 (月)

腹イタイケツ痛い頭も痛い

目が覚めたら頭がんがん痛くて起き上がれない。

「休暇で」
「お大事に」

熱はない。ただ、ここ1週間振り返ると腹壊して腰を痛めて今度は頭と順繰りに来ている。ストレッサーが塊で来たので、応じたストレスが順次作用したとみられる。まぁいいや。今日は何もしねぇ。

あとで整形外科への行き帰りでポケ活か。時間浪費する。

2017年3月21日 (火)

無意識ナチュラル

先に英国BBCのパククネ報道で、特派員が自宅から放送中、子供が部屋に入ってきて、奥さんが連れ出す、という「ほのぼのハプニング」があった。

「奥さんが」と書いて読んで皆さん違和感なかったと思うが、これが英国欧州では「ベビーシッターか家政婦さんだね」という見方が多く、後から奥さんと判って議論が起きたという。なぜか。

奥さんが東洋系(多分現地の方)だったから。

白人家庭にいる東洋人=使用人という固定観念。

一方、アメリカでの調査で、全く同じ体格の黒人男性と白人男性に対し、「どっちが大きいか?」と聞いたところ、白人からは「黒人の方が大きい」という意見が多く、黒人からは「差は無い」だったという。

特定の生き物に対し恐怖を覚えることに対し、先天的か後天的かという議論は尽きない。良く引き合いに出されるのがヘビやクモである。

C7cddg1u8aeruxh

親が「嫌い怖い」と言いつのることによって、子供がそういうもんだと学習するという事例は確かにある。一方そう洗脳的なコトしなくても、最初から怖いという反応を示す場合もある。人間に限らない。ニホンジカなど見たことも無いはずのオオカミやライオンのオシッコの匂いで逃げ出すという。オシッコに含まれる彼らの何かがシカの遺伝子に働きかけると説明される。

Img_0721

ちなみにこの人手のひらサイズだが、歩くとパタパタ足音が聞こえる。ゴキブリを追って捕らえるクモなので足運びは高速8輪駆動。それは先鋭的捕食者以外の何者でもなく、人間にさえ「遺伝的警戒心=恐怖」を惹起してもおかしくない。

戻って。

人間の文明は長く欧州を先鋭とし、地中海を介した南北の貿易はずっと存在し、応じて「黒い肌の人」との付き合いはずっと有ったはずである。ただ、その間に白人は武装し、応じて黒人を支配下に置いていった。ギリシャ神話のゼウスは挿絵や彫刻などから白人というイメージが強いだろうが、有名なギリシャ神話のひとつ、アンドロメダ姫にまつわる話はエチオピアが舞台である。

人間の生物的本能として「初めて見る肌の人」に恐怖を覚えるというのはあるにしても、長い時間で醸成された差別に根ざしたこの手の「常識以前の刷り込み」により、ナチュラルに「白人」をモデルにした王位神格による影響は大きいだろう。新約聖書でイエスの誕生を祝いに来た「東方の三博士」……ユダヤの東方は中東である。キリスト教=白人の宗教という観念があると、この博士達の肌の色がすぐさま浮かんでこない。

最も、白人が黒人を攻撃し、支配下に置いた動機こそは、その遺伝的恐怖心に基づくとしても間違いではないかも知れない。ひっくり返して圧倒的な「力」で絶対優位を持っておかないと平和的関係を築けないのが白人という物言いも出来る。核武装して「仲良くしないとぶち込むぞ」……そう、白人のやってることはここ1000年変わっていない。自分たちのルールを力背景に押しつける構図はそのまま、奴隷売買や人頭税というシステムがOSや産業規格に変わっただけだ。そしてそれらがあるから「自分たちが基本で中心」という社会観が醸成され、応じて異質の存在に差別を抱くのである。差別は嫌悪だが、嫌悪の底は負ける恐怖、とすれば論理的につながる。

なお、太陽光で生きる生命の一種として、太陽光に弱い肌と光彩の種族は生存範囲が限られる。版図を広げておきたい、その少ないハビタブルゾーンを死守したいという本能は働くのかも知れない。負い目があるから他を貶めて優位性保全を図る。

いずれにせよ差別を具体的に例示して法で縛らなきゃならない時点で土人の次元から脱していない。白人優越主義ほど非科学的で幼稚な主張は他に無い。それがまたキリスト教原理主義と結びついてるから困る。

米英をハブったらどうだ。世界よ。

2017年1月27日 (金)

薬漬け2017

睡眠薬を変えてもらった。

・ハルシオン(入眠剤)
・ルネスタ(睡眠維持)
・デパス(追加燃料)

風邪引きなので

・ムコダイン
・PL錠
・クラビット

腰痛持ち

・ソレトン
・ミオナール
・メチコバール
・ムコスタ

花粉症

・ザイザル
・セレスタミン

ちなみにデパスは抗うつ剤だが、精神安定作用があるので、睡眠導入にも使われる。機序が違うのでハルシオンとかぶっても問題はない。そこはいいが。

大丈夫かオレの肝臓。

まぁ酒飲んでない分まだマシだと思うがw

2017年1月26日 (木)

トリプルダウン

寝不足
腰痛
風邪←NEW!!

寝付けず起きたら喉が痛い。あ、あ、うん、うん。

C3fv9vkuyaeretc

休暇とし、内科に行ってインフルはNO。クスリ貰って整形外科

「横綱級の硬さですよ」

さいでっか。揉まれて帰って仕事代わりにお勉強。模擬テスト…解ける、解けるぞ。弱点はあるけど。そしたら腰痛少し軽くなった。これがストレスになってたんだね。しかし一世一代の受験じゃあるまいしメンタル弱くなったもんだ。

歳かねw

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック