リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2017年7月19日 (水)

vs.バイオリズムの変化

妻殿体調不良を得て2週間。ホルモンバランスの変化を起点に種々の症状が身体に出た。が大まか説明になる。困ったことは応じて疲労するのだが、眠りが浅い。すぐ目が覚める。更年期障害。

そうなると身体の不調と心の不調が相互に悪化を招くスパイラルに陥る。応じてじたばた動いた。

バイオリズムと眠りに関しては婦人科と相談し、ホルモンバランスの調整と入眠剤使用とした。ここでホルモンバランスの調整は1ヶ月サイクルで薬を貼ったり飲んだりするが、その1/4が終わったところで、効果の判断は難しい。

身体的な不調や痛み、骨の歪みといった部分は、整形外科・鍼灸院・カイロプラクティックのコンボ。現状、カイロを軸に、他を補助とする方向。とか言うと医者に怒られそうだが、整形外科の牽引やマッサージなどのリハビリは、「施術の結果として期待している水準」に対してかなり甘い。

まー、この、女性におけるバイオリズムの急変に伴う身体の不調、は、人によって症状の種類、重さがバラバラなので「経験談・対処法」は多く直接参考にならない。痛いとか不眠とか、直接症状に対する直接対処と、根本原因であるバイオリズムの外部コントロール……以外に取れるアクションはない。問題はそれで本人がひたすら辛いこと。

「確実に治まるが、いつになるかは人それぞれ」

なぁMTシステムを率先して導入した医学界さんよ、これってビッグデータ解析に向く愁訴群なんじゃねぇの?こういうタイプの人はこういう症状がこの位続く……出せそうなもんだが。

2017年7月 8日 (土)

意に沿わぬ我が身と対峙して

妻が「背中が痛い。動けない」と訴えて1週間。年齢的な背骨の変形に起因するものと判断して良さそうである。元来の自律神経の不調が重なり、「悪さが悪さを呼ぶスパイラル」に陥った。すなわち「痛い→動けない→動かない→食欲が落ちて体力が付かない→回復させようという身体の働きが低下する→痛みが引かない」である。

それは思い通りにならないし、何をやっても回復するように思えない、であって、一気に侵襲したこともあり、心理的負担は大きなものがあったであろう。可能な限りの対応として、婦人科、整形外科、そしてカイロプラクティックとアプローチを試みた。

結果、最大の懸念であった「骨棘」の影響(神経に障る)は出ておらず、短期集中的に対応を行った結果、ここへ来て寛解の光が見えた。そこで、この間の対応である投薬と施術、運動で対応して行くと固まった。

・婦人科的アプローチ:漢方薬と入眠剤を継続
・整形外科的アプローチ:痛み止めとリハビリテーション(マッサージ・電気治療)

医学的には上記であり、ここにカイロや従前通っていた整体での施術を併用、セルフトレーニングとして短時間でも「汗かく程度の早足の散歩」を加える。「痛みはあるけど」と言いつつ、生活に不自由ないレベルまで戻ってきた。

以下、自己メモ。

・揉みすぎも良くない
・腎臓に刺激を
・骨粗鬆症に警戒(筋肉でバックアップ必要)

……義母を呼びつけてしまった。ただ、非常に助かった。ありがたいこと。

2017年7月 3日 (月)

脊柱変形という奴

「背骨」という奴は何十年も荷重や衝撃を吸収していて、歳食ってくるとそのクッション…「椎間板」が減ってくる。女性の場合、ホルモンバランスの変化で骨へのカルシウム供給が減少し、こいつを発症しやすくなる。すると背骨は曲がり、「やばい」と感じた身体は骨組織を作ってコレに対抗しようとする。背骨の変形と、棘状の骨「骨棘」(こつきょく)の生成は程度の差こそあれ、避けられない。

困ってしまうのは、このホネトゲさんが神経を圧迫することだ。痛い、麻痺、冷感…「おばあちゃんは膝が痛い」はこれである(テニス肘もコレであるが機序が違う)。

さて治療は、というと、神経圧迫で血行障害を起こすので、加温、痛み止めはクスリを飲む。変形進行に抗うために運動して筋肉付ける、こうなる。ダメなら手術で棘を取る。

「骨の変形は止められない」というスタンス。でも日本の医者はそこ止まりだが、背骨のアジャスト手段は残っている。そう、カイロプラクティックである。棘はどうにもならんが、曲がって固まる事態は対抗できよう。

以上自己まとめ。

2017年6月27日 (火)

あつい←→かゆい

Tw1

蒸し暑い。

「エアコン付ければ良い」そうなのだが6月なので使って良いのだが、毎度おなじみ「28度」制限が掛かっているのでぬるい風が出てくるだけで何の意味もない。毎度書くが冷房設定28℃を提唱した馬鹿野郎は首をくくって逝って良し。28℃は暑い。

さておき、この環境では暑くてイライラするので仕事の効率が下がる。汗をかくので応じて体力を消費し疲れやすくなる。でもって汗疹状態になってかゆくてしょうがない。だからってボリボリ掻くとそれは筋肉を動かすので身体が熱くなる。

悪循環。

28℃推進派は水を飲めと言うのだが、水ばかり飲んでいたら内臓を冷やすし腹がじゃぶじゃぶになる。ちょっと塩分……出費することになる。冷房温度を下げるのと総合効率はどっちがいいんだい?

くたばれ、本当にくたばれ。これも毎度書くが、寒ければ着れば良いが、暑いからと脱ぐわけには行かんのだ。

呪詛を込めて自宅で全裸。

2017年6月26日 (月)

夫耐え抜けアラウンド50

会社のメンタルテストみたいな奴で「妻を大切に」とか言ってきた。女性特有の心身不安定期に入ると。

そのテの奴は夫向けのページみたいなのがネットにゴロゴロしていて、曰く妻を理解し妻を手伝い夜は夫が我慢しろ。要するに男性原理を封印しろというそれはそれで男を理解しない物言いがつらつら並ぶ。

余計なお世話である。

必要なのは身体の変化と心理的影響である。対処法は夫おのおのが己の妻の状況に合わせて選択することだ。「妻をリラックスさせる方法」を一番知っているのは夫だからである。むしろマニュアル通りの行動を取ると妻はそのぎこちなさからヤラセと見抜く。

まー、そん時ゃ色々提案するから選んでちょーす。

Ddlwikxvyaacg6n

ポケGOは廃人ステージ。

2017年6月20日 (火)

動いたからか寝ていたからかクスリが効いただけだ

座ってるとケツが痛いので休暇2。ただしメールやら放っておくわけにも行かずその辺だけちょっと出社。

整形外科で揉まれると昨日よりはイイ。とはいえ1日3回のクスリが大体丸一日で効いてくるのでその辺かと。

ゴロゴロして過ごす。困ったカミナリおやじ。

Dcwlrqhvoaefatk

このXPである。

2017年6月19日 (月)

動けども転げども腰の痛み楽にならず

ブログ見返すと去年の今頃も腰をやってる。共通の何かがあるのか。

腰を痛めて休暇とし、整形外科へ。クスリを求めたら診察しろ。

「レントゲン撮ってないねぇ」

ご自慢の島津製作所の新型でパシャパシャ。

「変わってないねぇ」

ちなみにずっと座ってると痛くなり、立ち上がる時ゴリッと言う。

「クスリ飲んでコルセットして」

へいへい。

って、ゴロゴロしてると肩が凝る。何やねんこれ。

「歩きがてらポケGO」
「逆でしょ」

んなこたぁないw

Dcrfc51uiaafjgq

野良のブースター。のらぶー。

2017年6月 2日 (金)

病院病院病院

休暇。

まずはケガしてる足を診せに外科へ。包帯むきむき。

「大丈夫ですね。入浴もOKです」

包帯ぐるぐる晴れて絆創膏3本に変更。続いて整形外科。変な歩き方で凝った肩腰をメキメキやって解放。

更に心療内科。睡眠薬を貰って栄・オアシス21。

Dbttma_vyaa4d9z

久々に制限なしポケモンGO。現在このエリアはシェルダー・ウリムー・ワンリキーが多く出るので取って回る。

歩き抜ける喜び←いんちきBMWか

2017年5月22日 (月)

生爪を剥ぎました

サンダル履きで自転車こいでてポケットから携帯ぽろり。

Tw1
「反射的」な身体の動作は恐ろしいもので、自転車完全に止まってないのに下りて取ろうとしたらしい。
 
ずざざー。
 
左足の中指から小指までずるむけ。小指は爪の根元が灰色でやばい感じ。出社しようとしたが、靴下に漿液が染みるのでヤメ。絆創膏貼り付けて病院へ。剥いてもらうと緑色。
 
「緑膿菌!?」
「いやいや(笑)」
 
消毒薬をじゃぶじゃぶ塗って。
 
「小指は爪がダメなので取りますね。止血」
 
看護師さんにゴム輪で締めて貰って。
 
「痛いですよ」
 
ばりっ!
 
「あっ!」
 
アーもスーもねぇ(死語)とはこのこと。
 
「砂とか一杯入ってますよ。綺麗にしますね」
 
爪剥がしたその下を少々ピンセットでほじくって消毒薬じゃぶじゃぶ。声を出すな言われてもムリ。
 
「はい、綺麗になりましたよ」
 
血で真っ赤。そりゃそうだ爪を引っぱがしてるんだから。
 
包帯でぐるぐる巻きにして、化膿止めと痛み止めの頓服もらっておしまい。びっこ引いて歩けるが包帯が力学的に傷口を引っ張る上、そもそも包帯がジャマして履ける靴もサンダルもねぇ。明日再診ということでとりあえず様子見。
 
水曜木曜の会議の資料間に合わないかも知れないがそれはそれでしょうがねぇ。
 
●再発防止
近場だからと安易な発想で「裸足サンダルチャリ」はしない。携帯電話の固定は確実に。
 
ゼロ災ヨシ

2017年5月18日 (木)

おめめかゆいお

夫婦揃って目が真っ赤。

花粉症の延長戦というか、夏草(イネ科)のそれである。赤く血走ってゴロゴロしている。痒いが、だからって目をこすると結膜炎になる。目薬さして耐えるが、イライラする。

会社のソフトウェア開発チームに感染性胃腸炎。庶務ギャルのお子さんは風邪とか。

職場に感染性の病気が流行るのは多くの場合寝不足。ワークライフバランス?仕事減らして給料上げないと何も解決しないよ。

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック