リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2017年10月 2日 (月)

そりゃ円盤も廃れますわな

Tw1

「コンテンツの内容を見る」だけで、そのデータに直接アクセスできるなら、手のひらでいいもんね。足を運ぶ必要も、品切れを心配する必要も、延滞料金の心配も、全部ない。

コンテンツは円盤で、という向きは、デバイスを持っていない&操作できないか、映像と音声の質にこだわり、個人として所有したい、という方だろう。多く所有したい人とこだわる人は同一なので、要するに円盤は今後マニアックアイテムに成り果てる。それは当然、マスマーケットから外れた世界であるから、売れ行きは限られるし、中間に存在する流通業という形態は成り立たなくなる。ツタヤ必死も当然だろう。そしてこれは同時に、オマケで円盤購入意欲を煽るという手法はコンテンツの実力を反映しない、こうなる。その昔ライダースナックがシールだけ抜き取られてお菓子捨てられるという事態になったが、同じで、権利が目当てで円盤オマケ、が実態であろう。ここに流通コストを考慮した場合、ダウンロードで確率ガチャとした方が、その辺ごっそりコストカットできる上、物理的スペース(オマケ円盤を置く場所)も不要なので、全体としてそちらへ動く可能性はある。ただどうであれ、供給源のマスタデータに消費者が直接アクセス出来るわけであるから、中間業者は不要となる。

エジソンに始まる記録メディア・円盤産業の落日を我々は目にしているのかも知れない。

2017年6月12日 (月)

始まりもしなかった3Dテレビの終焉

液晶テレビが海外製に席巻され「メイドインジャパンの没落」を象徴するとしてニュースになった頃、鳴り物入りで登場した「高付加価値テレビ」が3D・立体テレビであった。

立体音響・ステレオフォニックは偶然の発見に始まるが、理論的な裏付けが行われ、左右の耳に届く音の時間差(位相差)がこれをもたらすと結論づけた。100年経ってその視覚版が登場したわけである。が、マーケットの状況はご存じの通り。

惨憺たる有様。

まぁ店頭や体験会でご覧になった方は失笑と共に思い出すであろうが、「立体」といっても没入感・臨場感のある出来映えではなく、平行法や交差法で知られる立体視が動いているだけだからだ。それは距離情報を持たせた絵が何枚も並べられているようで、そのなんだ、舞台演劇で木や茂み、遠景を絵に描いて「奥行きのある情景」を表現するべ。そんな感じ。専用テレビ・専用ソフト・専用メガネを高いカネ出して揃えて見るようなクオリティなんかじゃねえ。そして今年2017年、3D機能を持った新製品は皆無になったそうだ。

方式を聞いた段階でダメダメ感丸出しだったが、それでもアダルト…要はおっぱいビデオが沢山出てくればある程度動くかと思っていた。裸身ほどリアルと立体感が効くモノはあるまい。が、上記のような見栄えであるからダメは確信になった。まぁ、ネタも無いのに流行を作ろうとした失敗事例だろう。

一方4Kはくっそリアルなことは確かだ。酔うような立体感がある。3Dテレビは視差情報を強引に押しつけて失敗したが、4Kはその解像力の故に視差情報を持っているか、リアルさ故に錯視のメカニズムが動いているかしているようだ。大画面であることも奏功していよう。これじゃ「3D」の出る幕はない。だがそれで良い。低質を強引に売りさばく「プロダクトアウト」はダメだ。

メイドインジャパンは「ちゃんとしたもの」を作ろう。

2017年3月20日 (月)

映画ソードアートオンライン

C7wj8quu8aaknkl

娘に請われて見てきた。原作は見てないが十分楽しめた。

軽く。

舞台はSAO終了後。似たようなバーチャルゲームにSAOのボスらが出てきてボーナスが稼げる。そこにSAO生還者が集まるが、実は。というもの。思ったのが、多分「ポケモンGO」の目指す究極はこれなんだろうなと。VRで現実世界に出てきたモンスターをみんなで寄ってたかって倒すレイドバトル。逆に言うと技術的直線上に「あり得ない」世界ではなく、その意味で新鮮さはあまりない。それは裏返すとこの作品でテーゼされたことが将来起こりうる可能性を示唆する。ちなみにヘッドギアが非現実との接点アイコンになっておるのだが、やがてコレはイヤホンサイズに集約されよう。目で見るために投影されるのではなく脳に直接信号をたたき込む。

映像は水準。CGとは調和が取れ違和感はない。むしろデジタル投影の昨今映画システムとの融和性が高い。音声はバーチャル空間にログインしてからサラウンド効果が派手になる。陽的ブレードランナーみたいな世界観だが、そのガチデジタルな世界と梶浦アコースティックが対極軸を成して快い。

Kontake_150939flash01

ネットじゃ有名な奴だが…まぁ見た人には分かるわ。なお、見た後にスマホ写真をカメラ屋でデジタルプリントしながらGoPlusでポケモンポチポチしてたら変な気持ちになった。

2016年12月19日 (月)

真田丸を振り返って

Tw1

20年ぶりくらいにリアルタイムで大河ドラマ全部見た。

父親の郷里が長野で、地縁が親近感を持たせたという部分もある。

まぁ、良かったんじゃね?そりゃ考証派から見ればトサカに来るような内容だったかも知れないが、信繁が豊臣家で何をしていたか、とか、女性達の有様とか、元々不明な部分も多い。そこを三谷流のコメディタッチで「想像・創作」加えて涙と笑いに仕立てた。まぁ戦国時代だからって冗談の無い日々だったわけじゃなし。いいんじゃね?

ストリーテラー()の端くれとしては、三谷の書き物に「ぐぬぬ」である。大体先読み出来る展開が多いのだが、色々と予想外嚙ましてくれた。あっぱれである。ただ、最終回は少々、噴火が不足かな。

ちなみに現場で俳優さん達の提案による直前変更やアドリブもそこここあったそう。最後の「きりとのちゅう、しながらのおしゃべり」は長澤まさみからの提案だったとか。一体になって作っていったドラマという感が大。

ただ、この先は難しいだろうね。エンタメ手段は多様化し、万人受けする分野題材は少ない。大河ドラマは日本各所から「郷土の偉人を是非」という勧誘多々あるとか。いつぞや鹿島神宮行った時も塚原卜伝を大河に……とか幟が立ってたしなぁ。

有名どころ一通り出ただろうし、だからと言って知名度の低い人採り上げたら中身が薄くなる。一方、史跡や資料の発見で隠された事実の穴埋めが出来た部分もある。それらを加えたリメイクという手はある(真田も「太平記」やった)。

楽しんだし勉強にもなった。来年はプレッシャー掛かるぜw

2016年11月25日 (金)

一億総白痴化装置の白痴化

「白痴」が色々面倒くさいコトバになりましてねぇ。

最近テレビ番組、特にワイドショー・バラエティの類いはイライラして仕方がない。

・要約しろ
・早くやれ

5秒で終わる話を30分もったいぶって回りくどくやる。ぎゅうぎゅうに詰め込むならまだしも、真逆に引き延ばす。

タレントを子画面で次々映す様が苛立たせるという話はよく聞くが、加えてCMの入れ方、CM開けの後戻り繰り返し、どこからどう集めたか知らないがスタジオ観覧している(という設定なのだろう)女集団の「へー」とか「わー」とか。集団がそんなタイミング良く感嘆の息を発するか。アホか。

ポケGOやってるのは「そおゆうの見なくて済む」というのもある。ドラマも現実離れの過ぎた馬鹿らしいものばかりで、半パロディの「真田丸」終わればリアルタイムで見るものはない。

「紅白歌合戦」が少し目先を変えてきた。が、「みんな同じモノを聞く」時代はとうの昔に終わっており、今更感が否めない。瞬間炎上的な握手券アイドル、細く長いしテレビを見てくれる層の多い演歌、メディア構わず積極的なアニソン、テレビに出るかどうかは関係ない「歌好き」…難しいのは「あちらが立てればこちらが立たず」になること。大トリは演歌の方が演出性も高く「締まる」が、そこまでの間にアイドル集団が出てきたら、演歌組は顔を背ける。逆にアイドル組は最後まで見ない。

「見たいモノを、見たい時に、ネットで」の時代。テレビが必要なのは「見たい」と思うモノを広範に提供することであろうすなわち細分化先鋭化の「入口」機能。従って深掘りしろ言わないがしかし、テレビが実際やってる内容はただ軽薄なだけ。むしろネット自身が人工知能実装して「おすすめ」を出してくるようになる方が早いのではないか。

まぁネコと美少女出してりゃ誰か見るでしょ。

Cyg0pdlusaeqmvx

とか書いてて増設HDD買ってるとか説得力ゼロw

2016年1月14日 (木)

見たいなら見せてやるぜ、みたいな

Tw11

「アホか」とコメント付けてツイートしたら風花のようにリツイートが続く。今日び「見たけりゃその時スタンバっておけ」とか昭和40年代かっての。

いい加減、「コマーシャル」モデル(要は戦後レジームw)から脱却すべきじゃないのけ?ちなみにCM方式の利点は「出来たコンテンツがクソでもカネだけは入る」である。有料コンテンツはクソでは見てもらえない。コンテンツを作るには前金が必要だ。どっちがいい?…自明であろう。だが制作側の都合で不利益を被るのは我々視聴者である。

CMを強制的に見せるか、リアルタイム以外は有料配信だぞ~、が着地点だとあちこちで分析されている。見てみないと良いかどうか分からないものに見方の束縛を与えるとか愚の骨頂である。対して、見なくても今より何か損失するわけじゃないので誰も見ない。これも自明である。4K/8K辺りになると、それで見て価値あると感じる物は「残して再度見たい」コンテンツであると言っていいだろう。だったらSDやHDで普通に放送し、欲しかったらハイレゾでどうぞでいいではないか。CMモデル+事後販売でウハウハじゃねぇか。

ちなみに事前の金が少なく後から円盤買ってもらって補填しようとして火の車になっているのが深夜アニメだったりする。4K/8Kに手を出すのは画質バカであるから、更に見る目は厳しくなる。美少女のおっぱいが揺れてれば多少でも円盤が売れるアニメとは次元が違う。

コンテンツホルダーの皆さんよ、画像ハイレゾは「是非それで見てもらいたい」とびきりに使ってもらえればええんやで?あなた方は毛穴も見えるそのツールで我々に何を見せたい。

2015年8月31日 (月)

そして、動画も配信となる

Cnvxcw_uaaedfax

「NETFLIXって9月じゃなかった!?」

それはこの機械が外国製だからである。

Tw1

要は650円で見放題、となる。これ以上の金額レンビデに投入している人には乗り換える価値があろう。何せ品切れ返却気にせずいつでも何度でも。ただまぁ、ウチでは、晩飯食ったら音楽でも聞いてウダウダしたい系なので、「払ったのに見てないから無理矢理見る」事態に陥るか、娘が中毒になるかどちらかなのが目に見えているので、入る気は無い。

ちなみに映像コンテンツは「良かった(過去形)モノを買う」ので、「お金出してみたけどやっぱつまらなかった」は避けたい傾向がある。音響セットあるので、円盤の画質音質でキッチリ見たいというのもある。「テレビ放送を待ち、タダで選ぶ→円盤を買う」だ。なお、タダなら録っておくか、というDVD-RAMやRも何枚かある。あ、100円程度でPPVが可能なら、レンビデ感覚で「面白いかどうかの確認」はするかも知れない。

で、こうなると窮地になるのがレンビデ屋である。何せ相手は時間や在庫に制限が無いのだ。勝負にならない。そして音楽配信もそうだが再生回数は面白いかどうかでシビアに決まり、「本質と無関係な価値で人気のコンテンツ」も同様に淘汰される。

となると、テレビと「人気コンテンツ」の胴元どうするんだろうね。テメエらで勝手に「凄い人気のコンテンツ」の閉じた世界作って「ぐるぐる回して盛り上がる」のかね。あれ?どこかの何かのTなロゴと同じ構図。でもそれでもブースト効かないよね。え?放送するかどうかは局が決めます?

そっちへ向かえば、テレビはオワコン。作りたい人がネットで資金を投じて作る。あれ?それって動画コンテンツが「劇場映画」しかなかった時代と大して変わらない気が。

2015年である。19世紀に戻るか。

2015年8月13日 (木)

バケモノの子

Tw1

(画像クリックで公式)

見てきた。「時をかける少女」他、娘が細田作品が好きだというので出向いた次第。夏休み他の「強力」内外作品があるなかまずまずの入りというべきか。ビスタサイズ119分、デジタル。重低音、サラウンドエフェクト随所に配されているが、特段音響フォーマットのクレジットは無い。CGとセルアクションとの使い分けはシームレスであった。

ストーリーを軽く。家庭の事情で家出、渋谷で出会ったのは「バケモノの世界」の次期首長候補。野獣な外見におびえもせぬ「彼」を「バケモノ」が弟子になれ、と連れて行く。首長選出は決戦格闘となるのだが、彼の成長は?格闘の決着は?主軸はその辺。

自分自身話を書くせいか、「自分なら次どうするか」と常に考えながら見るようになってしまった。その点で想像の域を超える展開はなかった。裏返して凡庸で予定調和、と評する向きもあるかも知れぬ。ただ娘は隣で鼻をすすっていたし、ジブリから冒険の文字が消え、アニメと言えば萌えとおっぱいと日常ばかりとなった今、久々に切れ味を感じたと書いておく。画面設計、脚本の流れともに2時間映画そのもので、良く練り込まれているとしておく。世代・立場ごとに受け取った印象持ち帰ることができるだろう。ああ、「白鯨」に興味を持った向きは図書館で借りて読むよとい。更なる示唆を得られる。

Cmre60musaaqdwm

つまらんもんならパンフ買わぬ。

2014年10月 4日 (土)

今更ダイハード

Bzhboffcyaep2kv

アマでポチッたのを忘れていた。しかし1800円たぁある意味ひどい値付けだなおい。

画質は充分。音は大元HDマスターだが娘が見たいというので吹き替え。ただ傾向はどっちも一緒で録音レベルが全体に低く、ドンパチとちゅどーんでスピーカが吠える。増幅系の負担が重い。重低音は切り分けたい。セコいサブウーハ買うか。要はいかにもアメリカンエンタテインメントな音作り。ちなみにこれ侵入者はヨーロッパ系のテロリスト流れ、という設定だが、銃器もドイツもんが多いのね。下手な鉄砲のアメリカンドンパチと携帯性・実用性、文字通り殺傷兵器としての取り回しを重視した欧州系ドンパチとの対比が面白い。今見るとね。

まぁ、いいんじゃね?ちなみに2~4は買う気なし。値段gdgdなのでgdgdしたペースで揃えて行きましょう。

2014年9月21日 (日)

スターウォーズつまみ食い

正直「4・5・6」があれば充分なのだが、ブルーレイは1~6全部入りのセットしかない。あまぞんでお気に入りに放り込んでウダウダしてたら「¥8834」とかになっていたので反射的にポチッた。土曜にポチって日曜届いた。いや「お急ぎ」を要求した覚えはないのだが。

Byblardcaaa5ztn

来てしまった物は仕方ない。見ようw。とは言え中身知ってるからつまみ食い。なお、アマゾンの値段は動く。狙いの円盤や商品あるなら毎日チェックすると良い。

Bydqlukcmaaxnbs

メニュー画面やチャプター表示は凝っている。

Bydt3l9ceaaa1qe

ドルビーステレオを世に知らしめた映画なのだがDTS-HDで収録されている。6.1ch。音はスッキリ低音しっかり。もちろん部屋中飛び回る。

Bydul9fcmaimcdp

キャー!スターデストロイヤー様~!←帝国派か

Byd2z0mcuaawiyb

もちろん今の水準から見るとアラが目立つ部分は多々ある。このスピーダーバイクも特撮の「貼り付け」感が半端ない。ハリソン・フォードは若い下手くそ状態。

Bydeudciaautn1

雑駁に要約すれば穴の中突っ込んでいって爆弾を落としてくる映画である。細かいところ突っ込んではイカンのである。ドンパチと飛び交う音に何も考えずキャッキャしてれば良い。

ちなみに「コレクターズアイテム」と言われた「全編CAV収録のレーザーディスク」が12800円した(持ってる)。比してブルーレイの叩き売られていることよ。

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック