リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2013年5月 9日 (木)

オンリーワンダフル

タイトルはあかねちゃんリスペクト
.
娘の言動や描いてる絵など見ている限り、いわゆる「オンナ脳」と判断して間違いないようである。あくまで主観的であり、自分目線である。そのうち東京駅ダンジョンでルート説明をさせてみようか←ひでぇ父親
.
が、一般的な女の子の趣味趣向とは相当異なる部分も多々見つかっている。
「プリキュア誰が好き?」
代々ピンクの誰それと答える。理由はピンクだから。ちなみに女の子=赤やピンク、という価値観を教えた覚えは無い。天性のものと推察される。その辺は別にイイのだ。違うのはこの先。人形遊びしない。空想するのはマンガ描く真似事してみたり好きなようである。が、人形で何か再現する、人形を集める、しない。結果ぽぽちゃんはケツ剥き出しで放置だし、リカちゃんはやさぐれた髪で押し入れにいる。一部は土日鉄道で「鉄道むすめ」と陳列されていたりする。
Bjfdu4tcaaac0qt
現在5年生。
クラスの話題を訊くと、ゲームが多く、女の子の中にはアイドルに夢中になっている場合もあるようである。イケメン集団の歌って踊って……一般にキャーキャー言いながら追いかけ回しておかしくないが、娘はどこ吹く風。最もこれには心当たりがある。オレがライブコンサート連れ回してるから。そりゃ生歌聞いて、かつその後歌った本人と話したりできるのに「画面の中だけの存在」を追いかけようとはしないだろう。
Bjzcbcqaeyurz
ろくろ回すのは3回目。
この常滑の際も「筋が良い」旨言われたようである。つーかまぁ3回目ならそれなりに対応出来よう。で、抹茶平気。他方父親のあいぽん勝手にいじって間違って電話発呼したりする。されど勉強は……ゲフンゲフン。
.
虫OK小動物OK
クモもハエトリみたいな小型種ならOK。生き物を詳細に観察し、そして看取ることは命を本質的に理解する助けとなる。そして命に貴賤無きことを公理として受け入れる素地となる。あ、蚊がいる、ぺしっ。
.
テレビ好きのアニメ好き。
すぐテレビ付けてアニメを好んで探す。冒頭でプリキュア引き合いに出したが、一般に小学校に上がると急激に冷めるのが普通で、比して積極的に見ている。でもだからって着ぐるみショーを見る気は無いよう(お子様用という認識)である。要するに他のアニメと位置づけは同じ。もちろんアニメが表現手段であり、声優の演技であることは知っている。ちなみに「他のアニメ」は「ファイ・ブレイン」「日常」「タイムボカン」等。「カーニヴァル」は難解かも知れないが「レールガン」位なら食いつくんじゃないかと思っている。録りだめているから見せてみようか。他にはアニメじゃ無いが「勇者ヨシヒコ」とか「水戸黄門」とか。すなわち子供だましの域を超えたのかも知れない。
.
女の子っぽく育てようとした覚えは無い。その結果普通の女の子とは言えないかも知れぬ。ただ少なくとも「ありきたり」では無いとも言える。あとは勉強だけ頑張れ。
.
オンリーワンダフル

2010年6月14日 (月)

カイロプラクティック1年経過

●はじめに
 
「~経過」シリーズカローラにあらず。
このブログでは引き合いに出したカローラ始め、家電品・オーディオ機器のインプレ、生き物の観察などをちょくちょく取り上げている。
この人体編として「オレのケツ」シリーズがあり、座骨神経痛の経過を、掛かってきた病院等のインプレ含めて書いてきたのだが、製品や生物に比して具体的な医院名などには一切触れていない。これは目論んだ効能が出なかったからであるし、出るにしても「効果があった」と判断するには時間が掛かるからである。
 
が。
 
今回は昨年から通い始めたカイロプラクティックについて、それまで年に2~3度起こしていた「ぎっくり腰」の再発もないことから、「効果があった」と判断し、クリニック名を含めてまとめ記事としたい。
 
1.きっかけは椎間板ヘルニア
 
椎間板ヘルニア(herniated disc)は、骨と骨の間をつなぐ軟組織である椎間板から、ゼリー状の内容物が「ブリッと」はみ出し、近場の神経を圧迫、その神経が司る部位の痛みや痺れ、運動能力の低下、血行障害などを引き起こすものである。オレは腰椎のヘルニアであり、足の痺れとして顕在化した。他に頸椎で起こることも多く、この場合手に何らかの不具合が出ることが良くある。ちなみに元阪神の赤星が引退に追い込まれたのも頸椎のヘルニアである。

2.神経と血液と筋肉と骨の悪循環
 
さて神経が圧迫を受けるとこういう現象が起きる。

(1)血行が悪くなり、筋力が衰える。或いは筋肉の制御が阻害され、必要な能力が得られなくなる
(2)身体のバランスが崩れ、骨にゆがみが生じる
(3)ゆがんだ骨が神経を圧迫し、血行や運動能力を阻害する
(4)(1)に戻る
 
すなわち無限ループ悪循環である。ちなみにオレの場合は「座骨神経痛」に至った。座る骨、つまりケツが痛いのであり、「オレのケツ」シリーズの開闢である。
 
3.悪循環のきっかけは様々
 
オレの場合ヘルニアがきっかけでこの悪循環が始まったが、肝心なのは、この悪循環が始まるきっかけは様々だが、行き着き先は悪循環、ということである。悪い姿勢を長時間続けた結果(2)が発生する人もあろうし、運動不足で筋肉が衰え、(1)の条件に達した人もいる。精神的ストレスが身体を縮こまらせて神経を圧迫して……といったパターンもある。このことは「腰痛」「肩こり」といった文字に起こした症状が同じだからと言って、同じ治療で治るわけではないことを意味する。
 
4.血ですか筋肉ですか骨ですか
 
一つ選択肢は、治すならまず上記悪循環を断ち切る必要があって、どこから手を付けますか?ということである。「マッサージ」は筋肉主体だし、「鍼」は神経と血行にアプローチする。対して骨がカイロプラクティックである。なお、Chiropracticというコトバ自体は、ギリシャ語の「手」を意味する「cheir」と「技術」を意味する「praktos」(→practice)からの造語である。オレの場合根本がヘルニアと骨系であり、そのヘルニア自体は進行が止まったと病院で診察を受けたこと。また、整形外科で引っ張ったり、整体で筋肉をマッサージしても効果が無かったことから、最も動かしにくい骨を動かすことにアプローチしてみた、そんな次第である。
 
5.カイロプラクティックですること
 
特徴付けるコトバは「ばき!」である。骨、特に脊椎のゆがみをただす。語源に出てくる「手」の「技術」とはこのことである。骨の固くなった部分に柔軟性を持たせて、バランスの崩れに対してしなやかさを与えると共に、骨のゆがみで生じていた神経の圧迫や血流低下を緩和する。ただ、それだけでは悪循環の一要素に手を加えたに過ぎないので、日常のトレーニングや姿勢改善を含めた全方位アプローチで「良いクセ」を身体に付けて行こうというのが主旨である。
 
6.注意すること
 
①聞き慣れた言葉だが、日本では公的な資格ではない。医療行為ではないし、鍼灸師みたいな国家資格でもない。「カイロプラクターです」と言えばいい=言った者勝ち状態なのだ。なので嘘つきやモドキが非常に多い。
また、オレの場合は成功したと言って良いが、その人に合っているかどうかはやってみないと判らない「相性」に近い部分が多分にある。だから何よりカイロプラクターとよく話し合って納得してから始めて欲しい。特に医者に掛かっているorいた人は、自分の体に何が起こっているのか、「ここのゆがみでここの神経が圧迫されてだからこの症状なのだ」位把握してから、クリニックに掛かって欲しい。それで例えば医者の所見を言わず、症状と身体のチェックでそこまでたどり着くか調べる、なんて意地悪テストもクリニックの技倆を調べる一つの手である。
 
②万能でも速効でもないのは含みおくこと。オレ自身この記事書くまで1年様子を見た。「良いクセは身につかない。だから練習するのだ」とは中日ドラゴンズ落合監督の至言だが、それと同じである。直接的な身体の変調と、変調をもたらした環境改善を行うものである。上記悪循環が生じているということは、「悪いクセ」が付いている。一朝一夕で劇的な改善を見こむものではない。少し続けると共に、指示されたトレーニングはちゃんと行うこと。ひっくり返して何かおかしいと感じたらすぐに相談すること。言われたからと無理に続けて逆効果では意味ない。
 
以上万能ではないし万人向けではない。これをオレの記事の免責事項としておく。

7.で、オレが行っていたところ。/行っているところ。
 
2009/4~2012/3「竹谷内医院カイロプラクティックセンター(東京)」(2014年春までは「丸の内カイロプラクティックオフィス」だったが、ここに統合された)
2012/4~「朋和カイロプラクティック治療所(名古屋)」

カイロプラクティックは、代々整形外科医の竹谷内氏が日本に持ち込んだ。いわば元祖である。また、カイロは医師や鍼灸のような国家資格ではないので、海外で資格を取得など、一定の条件を得た診療所を「日本カイロプラクターズ協会」が承認している。一定の目安になろう。 

行ってみたいと思われる方は、どこも完全予約制なのでサイトにアクセスして、電話してから行って欲しい。
 
重ねて書くが、カイロは施術そのものにも、治療所にも相性問題があるので、確実に誰でもと言えないため。施術内容やプランはよく話し合って欲しい。頼るお任せではなく、トレーニングも含むことを忘れずに。
ただ、ここに紹介した範囲では出自は確かだし、システムもオープンであり、その点では問題ない。また、オフィス勤めパソコン使いの患者さんが多く、「長時間同じ姿勢」は良く把握されているので、良いアドバイスももらえるはずである。
 
オレのケツの幸せを、あなたにも。

(2014/9/30訂捕)

2009年12月23日 (水)

食うかそんなもん

Aho
腹一杯だし。べふ。
(カーボンだからおコゲ食ってるのと一緒やん)


2009年9月14日 (月)

男は少女に恋をする~現代ロリコン考~【3】

【萌えとロリコンの境界線】

(1)女神の伝承・巫女の記憶
現生人類ホモサピエンスの歴史は10万年といわれる。現生文明の萌芽が約1万年前であるから、およそ9万年の間、「少女」とはすなわち嫁候補であり巫女であった。当然、「魅力的な女性の特質」と、「巫女を生み出す女系の特質」が後々まで残るだろうし、若い嫁を娶った(若い女性を好んだ)男性の遺伝子の方が残るし広がった。
また、女帝の方が安定した社会であったことは卑弥呼の後継争いに端的に表れており(cf.魏志倭人伝)、そのような部族・ムラ社会の方が子孫を多く残したであろう。示唆するところは、現代女性にも少なからず「魅力」「巫女」の特質が生きており、男性側も「少女を娶る」「女神を戴く」が色濃く反映された遺伝子だろうということだ。「お姫様」「魔法少女」の物語はどちらも「少女」で、世代を超えて受け入れられるのは何故だろう。

(2)トライアングルベクトル
大体見えている方も多いと思うが、萌えとロリコンはどちらも少女の持つ上記3つの要素を背景にした心理で、紙一重にして対立軸をなす感情表現と言うことが出来る。3つの要素がどれだけブレンドされているかという「ベクトル演算」だ。魅力を原点に女神性を見出し、憧憬・崇拝に近いものが萌えであり、娶る方から性愛に向かうのがロリコンである。前者の場合魅力のうち「内部から発散される美」に惹かれ、後者の場合「外部身体的特徴」が意識される。ここで後者はフェティシズムとの融合を見る。

(3)プラス現代ならでは……21世紀巫女の末裔事情
Baka_14
(2007年8月。娘と遊んでくれた女の子達。当ブログ使用済み)
「妬かない妬かない。ロリコン伯爵~」
とルパンがロリータ扱いしたクラリスは17歳という設定であったが、現在「ロリータ」と言われて思い浮かべるのは中学生以下であろう。どころか、えらく大人びた小学生がケータイいじって渋谷を闊歩している時代である。オレ自身が中学2年だったある日(すなわち四半世紀前!)、理科の50代後半女先生が授業中、突如クラス中に向かってのたまった。「あんた達、色気づいてきたねぇ」……その年齢が確実に下がってきている。言うまでもなく早熟化しているのである。
そりゃ成長に充分な栄養が確保できれば、早めに「母の準備」を始めた方が、種の保存と繁栄からは好ましい。生物として当然の反応であろう。
そして、それは大きな危険なわけだ。「子ども」が「色香」を放つ。前記の思春期と少女期とのズレとはこのことだ。ランドセル背負って色気だなんて本人も大人も頭にないから、本人は気付かないし、大人も少女として見ない。男は狼だと教えない。本人は「子ども」のままなのに、実は男を惹き付けてしまう。

(つづく)

2008年7月16日 (水)

娘不在

幼稚園のキャンプ。
初めて近親者がそばにいないお泊まり。でぇじょぶか?

しかし静かだ。

2007年11月 2日 (金)

2000円の耳かきの必要性を説明する学術的なお話

科学雑誌「Newton」の主筆で知られた、故・竹内均東京大学名誉教授が、晩年ライフワークとしていた「日本人起源論」によると(またどえらい高みから降ってくるようなツカミだなヲイ)。
日本人のうち、「大和民族」(ここではアイヌ民族と起源上の区別を行う必要性から便宜上こう記述する)の起源は大まかに2系統あるとされる。ひとつは南方より海路島伝い、陸伝いに琉球へ、或いは大陸南岸経由で列島へ達した人々であり、主として渡来した時代からひとからげに「縄文人」と呼ばれる。もう一つはシベリアで氷河期を耐えて生きのび、南下して到達した人々で、稲作伝来と期を一にすることから同じく「弥生人」と呼ばれる。但し双方それぞれ一度・一時期のみではなく、数度に渡る渡来混交を繰り返しており、また、こうして生まれた「大和民族」が一部大陸へも生活範囲を広げていたらしいことが彼の地の遺跡と日本との遺跡の類似から指摘されている。(※1アイヌ民族については文末で触れる)
このように大きく2系統に別れる大和民族には、この2系統を起源とする遺伝的、身体特徴が交雑して顕れている。ひとつは血液型Bである。これは寒地適応の過程で生じた突然変異と言われており、その起源から想像されるように北方系である(※2)。
そして南方系の特徴がなんと「湿った耳垢」である。これは外耳道内の汗腺種がアポクリン腺主体であることを意味する。本来哺乳類のアポクリン腺のレゾンデートルは「フェロモン分泌」による自己存在の主張であるが、南方では多く汗をかくため、アポクリン腺の多い個体の方がフェロモン分泌量が比して増加、当然異性との邂逅、性交渉の機会を多く獲得することが出来た。従い当然アポクリン腺を持つ子孫が増える結果を招いた、と推察される。
以上前置きで。
何が言いたいって娘さん湿ったタイプなのである。このタイプは剥がれた細胞片が常時湿環境に置かれるため、雑菌の繁殖→中耳炎を招きやすいのだ。従ってこまめな耳掃除が求められるのだが、一般に耳掃除に用いられる「綿棒」が容易に使えないのだ。なぜなら外耳径に対して綿棒先端が大きいので、外耳に挿入する際に肝心の耳垢をより奥へ押し込んでしまうという逆効果を招くのだ。耳鼻科に通って都度吸引してもらえばよいのだが、そんな時間はなかなか確保できない。必要なのは子どもにも使えるほど細く、しかし確実に耳垢をキャッチできる「耳かき」である。
Pb020710

2000円。でも中耳炎にさせるよりは良い。

※1アイヌ民族の起源について
実は諸説あって定説はない。B型が多いことと北海道在住であることから北方系出自とされるが、彼らの伝承に出てくる「コロボックル」は、太平洋島嶼域~オセアニアに分布していた、低身長で肌の色の濃い種族の伝承が極端化した物、と見られることから、北方→南方→再度北方…北海道~樺太に定住、というのが、今のところ「最もらしい」説である。文字を持たない民族であるが、天体や自然物など身の回りの物に関して大和民族と共通の語もあることから、太古同一の起源であったか、言語固定期に同地域に同居していたかのどちらかと推察される。

※2血液型について
このようにタイプBは最終氷期ごろ(1万年前)に出現した新型であり、モンゴロイド及びその周辺の民族が分布の中心である。日本人では2割ほどが血液型Bである。このため、氷期にユーラシアに留まらずアリューシャンから北米へ渡ったアメリカ原住民、及びその系統に属するイヌイットは、同じモンゴロイドでありながらB型は5%に満たず、また、ほぼ混交は無いと思われるアフリカ系民族ではなんと0である(90%近くO型)。となると、まことしやかに語られる血液型と性格の関係だが、それが正しいとするなら、「ある人種はこの性格」と言い切ってしまう事になる。血液型で性格を推し量るのが果たして妥当な行為なのかどうか、自明であると思うが如何であろうか。

2007年10月29日 (月)

オンナノイノチ

「ちんこ」ネタの次のタイトルはもしや…と思った向きがあったとしたら、残念でした。

娘の髪が殆どセミロング(なんか変な表現だな)。
こうなると先発下柳ちゃうわ洗髪にも気を使う。やれ髪の先まで洗ったかやれ地肌はどうだ。
オヤジがプとか言うなかれ。実はウチのシャンプーは「自然派志向」で要するに石けん水。合成材料を妻が嫌うためだが、何せ質感が殆ど水なもんで、娘のたわわな髪の毛は毛細管現象であっという間に吸ってしまって背中から流れ落ちてしまうのだ。慌てて泡立てするが、どうにも毎度大量のシャンプーを消費し無駄も多い。
こうなると物理学。普通のねとろ~んとしたシャンプーがええねんけど。
「でも羊水から界面活性剤のニオイがするって言うし」
はぁ?
ぐぐったら出るわ出るわ。どこぞの産婦人科医が言ったとか。

だ れ
ど こ
仕組みと論文は

それ以前に根本的な問題として、母胎の血液から出来た羊水に出るなら、羊水に浮いて羊水飲んでる赤ちゃんの血液中にも出るだろうがよ。羊水気にして赤ちゃん気にしないのけ?しかも界面活性剤、食器洗いに人体用に、一体何年使ってきた?使用前使用後で変化があるならサンプル数充分だと思うが?界面活性剤が血液中に含まれると人体に具体的にどんな影響?

あのね

この手の問題が事実なら誰かが論文に書くし、そのアブストラクト(概要)がそれ系のキーワードで引っかけられます。Newtonの頭に載ってるサイエンス誌のアブストラクトにも出るでしょう。
しかしぐぐって出てくるのは環境が健康がという団体で、いずれも「産婦人科医の証言」とやらが根拠。

根拠もなく「科学的」ぶるのは、占い師の物言いよりタチが悪い。

戻って。
そんなわけで冬に向かうこともあり、娘の髪をケアするシャンプーを探している。幼児だが大和撫子(!)の黒髪。「TSUBAKI」?「ASIENCE」?
…まぁ中途半端なもの買うよりキチッとしようや。成分拾ってネット放り込めば何か出るよ。
ちなみにドライヤーはすでに松下のイオナイザ付きである。そもそも負電位を人体に与えることは、静電気抑制に向かうので、パサつきは抑えられる。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック