リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2015年7月24日 (金)

サウンドトラック【ハイレゾ音源再生ちょびっつ】

「スターウォーズ」のメインテーマとか「レイダースマーチ」とか知っていたが、「サントラを聴いてみたい」と思ったのは「トップガン」が最初である。ただ、ジェット戦闘機ガンガンの本編に似合わず、サントラ収録曲は大人しく、実際おカネ出して買ったのは大人になって配信でばら売りされての3曲のみである。

Tw1

ハイレゾではないが構わないのである。トップガンだしノリが良く多少喧しいくらいが丁度良い。

で、これを落としたところで、学生の頃欲しいと思った楽曲幾つかあるのを思い出して漁った。

Tw2

高校の時何故か授業で見せられた「フラッシュダンス」

Tw3

「サタデーナイトフィバー」より「ステイン・アライヴ」

Tw4

フレーズとメロディラインだけ覚えてて映画本体の名前を忘れた「サタデーナイトフィーバー」より「Tonight Is What It Means To Be Young」ネット社会ばんざい。

そしてとどめのつもりで

Tw5

買ったはいいが演奏が眠い眠い。おいおい日本フィルそれでいいのか。ちなみに192/24(キリッ)と書いてあるがレコードの丸録りである。まるい音で解像感はない。

Tw6

久美子。96/24。このメンツに含めていいのか迷ったが、これ劇中曲や実際の楽器の演奏など、ハイレゾっぽさが良く出ているので褒めておく。テストサウンド・心地よいBGM的に使える。但しOP/EDは別売りシングル盤含めて奥行きの薄いぺったんこな音である。「アニソンのハイレゾ」の良くある音と言えば判るか(まぁランティスなんだけどね)。

サントラは多く生楽器、オーケストラを使うが、それはクラシックやジャズと言った世界へのほどよい入り口にもなると言える。ああ、その点ではユーフォニアムの楽曲達は仲間に含めて良いのか。

で、そういうのをサクサクッとパソコン画面でリストに並べてThrowすればアンプから順次出て来る。いい時代になりました。

61slg8nor3l

ええい美少女成分が足らん。

2015年7月21日 (火)

名古屋のおっさんが八王子で流す炭坑節を求めてネットを流浪した話

とりあえずwavファイルに変換した「炭坑節」のオリジナルが判らない。「フラッター」が目立つ状態であり、出来れば大元を求めたい(今入手可能な奴でやってくれりゃ何の問題も無いのだが、「今あるテープで何の問題があるの?」というスタンスだから話噛み合わない)。

特徴は以下の通り

・デュエットである(前半は男性、後半は女性)
・イントロ短い(1フレーズ分のみ・太鼓スタート)
・1番「三池炭鉱の上に出た」2番「一山二山三山」

現下公的に有料でダウンロードできるのは三橋美智也、鈴木正夫、などだが、いずれも歌詞が異なるし、そもそもデュエットじゃない。youtubeなどのアップロードサイトを探索すると、菊池恵子は歌詞やテンポは求める物と合致する。が、やはりデュエットではない。

Tw2

「iTunes」なるハイカラサイトで炭坑節ばかりこう並べ立てた奴もそうそうおるまいて。

バカバカしいことしてるように見えるだろ?でも出自不明で正規性の不確実な物使いたくねーんだよ。子ども達楽しい祭りで音楽は違法すれすれとかヤでしょうが。気にするオレが阿呆なのか?

2015年7月12日 (日)

贅沢だが深刻な悩み2015

現下、飛行機+宿泊の出張に出るとなると音楽機材こうなる。

Cjrwlupusaevqoq

上のウォークマンZX1-アンプ-ヘッドホンのセットはホテルでハイレゾを聞くため、および飛行機以外の移動時用。

下のウォークマンA857+ノイズキャンセルイヤホンは飛行機移動用だ。プレーヤ2台バカちゃうか仰せごもっとも。本来は「A17」というキカイが娘のところにあって、出張の時だけZX1とチェンジすれば事足りたのだ。が、娘さんゲーム機DSもろとも永遠に取り戻せないことになってしまった。

ZX1にノイズキャンセル機能は無い。

Tw2

かと言ってノイズキャンセル付きヘッドホン例えばソニーだとこう。

Tw3

その筋では軍向け実績もあるなど本家?ボーズだとこう。

Tw4

そう。「ウォークマンA10」本体の値段よりあっさり高いのである。サブ兼でA10買ってSDカード抜き差しで娘と使い分ける?しかしそれでは「無くしてもまた買う父親だ」になってしまう。教育上よろしくない。

Cjrw5rzukaezzh3

なんか、ござる。ちなみに「騒音に打ち勝って音楽をぶち込む」ことが目的なので、音質は二の次である。ZX1はBT積んでいるので、こいつがあれば2台持ちとか無駄問題は解決しそうである。問題は電波モンをヒコーキで使うということ(こんな微弱電波デバイスで錯乱するような機材配線の方がアホだと思うが)。

Tw1

店頭でスマホいじって調べる。かなり怪しい行為。機種別・装備別にBT使用可否が異なる。えーとボンバルのペラ…ああ、Q400か。BT常時OKと。うむ。しかし昨今オーディオヲタはヒコーキの機体と使用可否まで知っておかないといかんのね。ちなみにこれの一般向け最新盤は「MDR-EX31BN」になるので念のため。また、「どれ」「いつ」は航空会社によって異なるので事前に調べておくこと。

Cjsjqpfusaa12im

開封の儀。A857+イヤホンがこれにまとまる上にZX1をそのまま使える。イヤホン部分はそれこそA10等現行ノイズキャンセル機能付きウォークマンに付属するもの(MDR-NWNC33)と同一。多分。7400円だか。めいどいんまれーしあ。電池積んでいてUSBで放り込む。

Screenshot_20150712125515

ブルートゥースをオンにして、お互いをぺたりんこ。あいあい、よろしゅうに。

音質はウォークマンM500並。まぁM500から楽曲記録メモリ省いたのがこいつだしね。

ま、いいでしょ。ちなみに、ZX1は無駄な電力消費を抑えるため、普段は「機内モード」にして、音楽再生以外の機能は一切使っていない。

従って今後は、飛行機に乗る際には、まず、機内モードを解除することになる。

うん。

やや、疑問は残るが。

2015年7月 5日 (日)

OPPO HA-2 【ハイレゾ音源再生】 @OPPODigitalJP

●背景

Cjizlviuaaaq70c

「お前ZX1持ってるちゃうか」
その通りだが、音は好きなのだが、根本的な弱点がある。

・ラインアウトを持っていない
・ヘッドホン出力の電力・電圧が低い

これによる不都合は車載運用時とヘッドホン(インピーダンス高いヤツ)の使用時である。
車載はそもそもハイレゾ対応ではないので、古いウォークマン(A857)に16bitのwavでボカボカぶち込んでUSBメモリとして読み込ませている。ただこれの場合、選曲という作業が面倒くさい。再生範囲やランダムモードがいちいち解除されるのも厄介だ。

一方、ヘッドホン運用は余所様ブログ等でもさんざん書かれている通りである。新幹線や出張先でヘッドホン被ってハイレゾを聞くという贅沢をしているが、音量が取れず駆動力も足りない。

Cji69jwukaal3jm

で、こいつなのである。この辺クリアした上で11.2MHzのDSD(以下256DSD)まで放り込むことが出来、ZX1と一緒にポケットに入れられる。で、あわよくば当面の高レートDSD解像用据え置き機。ちなみにZX1からデジタルで放り込めるが、電池消耗とケーブル取り回しに難があるので、ホテルなどではやるかも知れないが、日常運用はアナログアンプの用途が多かろう。

ともあれ、こういう「DAPやスマホと重ねてもかさばらない、薄ひらべったいポタアン」他に無いので検討中の人あろう。インプレッション。生産地は書いてない。

●音質

その1・据え置き機として

・PC(256DSD)-スタックス

Cjjgsxbusaeskb4_2

まず最強モードを聞いてみよう。DSDの場合、そのままローパスフィルターに通す(積分)だけで音楽信号になるので、スイッチパタパタを積むことは逆にハードルを上げている気がするが、追いつけるスイッチ回路なら応じた一定の質は保証されるはずである。ソースは千葉史絵(Rougequeue)

Cjidxiyuyaaoadi

果たしてコンバータは音楽を奏でる。圧倒的な情報量は高いビットレートならではである。ちなみに256DSD解像するポタもう1台あるが、差があるか?となると、あにはからんや、これがある。あちらは波形の描画、HA2は演奏。そして少し、HA2の方がシャリッとする。

・PC(256DSD)-オーディオセット(DSP-Z11+NS-F500)

どこかの雑誌でアキュフェーズのプリメインにぶち込むという実験をしていたが準じて。

空間に充ち満ちる音の多さはビットレートならではと言えるだろう。まぁ綺麗な音である。256DSDが出た頃のそれは「デコード原理器」だったが、それがややがさつに聞こえる。かくも人間の耳は贅沢か。高いレートの常用機に使えると判断する。

その2・ポタアンとして

・ZX1-MDR-CD900ST①
・ZX1-アナログ-MDR-CD900ST②
・ZX1-デジタル-MDR-CD900ST③

Cjjaqkuaaabvqi

ガチンコ対決である。ソースは以下。

(1)A.ヴィヴァルディ:協奏曲 変ロ長調 RV503(F. VIII-35)/岩黒綾乃 (ユーフォニアム), 長崎麻里香 (ピアノ)(192/24)
(2)バッハ「イタリア幻想曲」/セルゲイ・エデルマン(ピアノ)(96/24)
(3)GRACIM/渡辺香津美(ギター)(176.4/24)
(4)こいびとの昔語りの夕暮れの/Kalafina(96/24)

(1)はユーフォニアムという大物ブラスをふくよかに鳴らせるか
(2)はデジタルで直録りしたピアノをどこまで微に入り細をうがち表現できるか
(3)はギターの生々しさ
(4)は迫真のヴォーカルとバックグラウンドの静けさを確認

「ZX1単体でCD900STが不十分」なのでガチンコになってない?まぁダラ書きしてみよう。

①直挿し:ユーフォ立ち上がりの俊敏さが不足。ZX1ではCD900STクラスの駆動が「必死だな」状態なのがよく判る。

②アナログ:大きなストローク、かつ、高速で駆動せんとする「ZX1の音」である。が、①より若干甘くなる。元の音より少しエッジが強調される感、応じて高域にきらめきあり。但しヘッドホンドライブ能力は大幅にアップ。ZX1フルボリューム→HA2よりも、ZX1は7~8割位の出力にして、HA2で必要な音量を稼ぐ方が音質的には良さそう。ギターはピックの当たる音が判る。ヴォーカルは克明の一言で、サ行が「刺さる」ことは無い。CD900STを服従させている。

③デジタル:HA2の電源を先に入れてから、ZX1を起動し、接続し、音出しのこと、やや面倒くさいが、スペシャルコースだ、儀式があってもよい。これは贅沢だ。CD900STがハイレゾで疾駆されている。Kalafinaなんか耽溺できる。ピアノはもう少し刺さる位で良いが、アナログアンプで丸くなった部分はあるだろう。それよりはドライブ能力の高さに耳を奪われる。ユーフォはややビビる。強調感が裏目に出たかも。ここは楽曲によってアナログ接続と使い分けて良いかも。

●総括

「256DSD対応機」2台目という贅沢な有様だが、どっちをオーディオアンプにぶち込むか、と問われたらHA2。当面、高ビットコンバータは君に指定しよう。

一方「ヘッドホンドライブ機」としては基本的には十分で、こいつが1枚入ることによる副作用は感じないと書いて良い。

価格的にはZX1+HA2=ZX2なのだが、この圧倒的なドライブ能力はZX2でも持ってない。メリハリ付けて63Ωを駆動するHA2を取りたい。これで聞くKalafinaと渡辺美里には参ってしまったと書いておく。

Screenshot_20150705185219

ちなみに電池好き放題使っていいなら(急降下部分がデジタル出力)、多くの場合デジタル接続の方が、その圧倒的音圧と余裕にゆえに、包まれ感があり、幸せになれる。アナログの場合は「ZX1の音」がまんま出て来る。音源に合わせて使い分けるという贅沢できる。

Cji1qznuyaa2qc0

車載はアナログのみ試したが「ZX1の音」+「強調」が相乗効果を発揮し、まぁゴージャスな音に仕上がる。

出張先ホテルの夜が捗る贅沢な逸品を手に入れた。

2015年7月 1日 (水)

渡辺美里「オーディナリー・ライフ」96kHz/24bit【ハイレゾ音源再生】 @misato_official

渡辺美里、というと、ほぼ脊髄反射的に「My Revolution」なのだが。
 
30年前の楽曲(1986年)なわけで、歌自身は、今の、今後の、10代の感性にも響くであろうけれども、当の美里ねーちゃん本人が同じ傾向の歌を作り続けて似合うかどうかは恐らくNOで。
 
買い続けた側として、「ああ、そっちへ行くか」と同意を持って首肯したのが「もっと、遠くへ」(2000年)である。大編成を従えた堂々たるバラードで、サビへ終曲へと向かうに従いどんどん盛り上がって行く。それは彼女の歌声と、混ざり合う楽器群を文字通り耽溺して聞くことが出来る。オーディオマニアック的にも至福の楽曲である。
 
それは逆に言うと、大箱やスタジアムにギッシリ詰めかけ、全員で拳突き上げてシャウト、というものでは決してない。その代わり、日常でオーディオ機器と共にあって贅沢なひとときを与えてくれる。機械と楽曲の正のシナジーそのものである。低ビットのストリーミング、さもなきゃライブ、というある意味二極化が進む音楽シーンであるが、「高純度の楽曲を独り占めし、正確に再生したい」という欲求に駆られるものもちゃんとあるんだと教えてくれる。
 
前置きが長い。そんな彼女が新譜をハイレゾで下ろした。リリース4月で今さら感ありありだが、単に新譜漁りを怠っていたのと、クレカの決済月切り替わりを待っていただけである。
 
Ciwtdpzucaahuoo
 
 
1.鼓動
一聴して「あれ?本当にハイレゾ?」上の方が丸い。ただ、ギター一本で綴られて行く波形のしなやかな進行はビット深度なりの傾向を示す。
 
2.夢ってどんな色してるの
ピアノやドラムスの鳴り方(録られ方)にハイレゾの片鱗が。しかし彼女にしては珍しい振り返る系のリリック。
 
3.今夜がチャンス
マイクを包み込んで歌っているのか、エフェクトか。何じゃろ、こういう、声の質が変わるような演出、演出だと判っていてもハイレゾだとひどく耳障りである。さておき、王道美里ロックである。ただ、荒ぶらず、適当にドンシャカして。
 
4.涙を信じない女
すげえタイトルだなおい。感覚的なリリック、リッチな演奏、屈託の無い歌い方、安心である。
 
5.点と線
ここで一気にワイドレンジとなり視界が開ける。楽曲の内容も含め1~5までセットの演出なら大義でござる。ちょいとマイクが負けている気がするが、あのダイナミックレンジ良く刈り取った方でござろう。声を伸ばす、トーンを変える……彼女がどんな姿勢で歌っているか目に見えるようだ。王道美里ポップ。ハイレゾの恩恵に浸れる。スイングしようぜ。
 
10.青空ハピネス
美里ロック。但し、長く彼女の楽曲を知る人にはニヤニヤする仕掛けが。
 
あ、略した楽曲は嫌いという意味では無い。んなことあらすか。オーディオ的特徴のあるもの拾っただけ。全部書いたらつまらん。
 
●総括
美里ヴォーカルを希望通りハイレゾ化してくれた、そんな感じ。超高音質とは言わぬ。付帯音はあるしマイクが追いついていない。が、ハイレゾの美点は備えているし、それ以上に、大人が聞く音楽・音質に成熟した、という印象が強く残る。
 
そうだね、
 
テクニクスの凄いセット買ったそこのあなた、ヴォーカルものとして似合うで、持っとき。
 
こんな感じで。単曲買いできるがアルバムでぜひ。その方がおもしろ楽しい。

2015年6月26日 (金)

中途半端なりの結論三題

Cia5ivmukaal7vs

MDR-EX1000音出すとこだけお取り寄せ。然るに「ケーブル」「沢山のイヤピース」「キャリングケース」「箱」で25000円の価値があるらしい。

まあこういうのは末期症状である。今後回復するかそのまま行くか、もはや選択の権限は経営陣と株主にしかない。ちなみにケーブル単体だと60センチで4000円ほど。何か考えついたかも知れないが、XBA-A3が30000円だから、その思いつきは実行に移さない方がいいかもしれない。ただ、自分はA3にせずEX1000の延命とした。A3は自分のテスト条件はクリアしたのだが、「ダイナミック型とBA型を寄せ集めた音」がするのだ(そのまんまやけど)。もう少し洗練されて欲しい。

Tw0

30万円SACD。USBで5.6MHzOK。
なのだが、DSD円盤が回らない。いやパソコンで出すならデバイスどうでもいいのだが、円盤だとオーディオ独立していじれるのよ。最もラックスにユーロビートやアニソン吐かすなんざ、エンスー各位に怒られるだろうが。

Tw1

50万円手のひらDAP。
いやいや待て、ちょっと待て。電池とメモリとDACだぞ。プリント基板に貼った回路が50万円すると思うか?家庭でメディアプレーヤとか書いてあるが、だったらアキュフェーズの550買った方がよほどコスパ高い。少し冷静になれ。

何もかも出来るように見えて、本当にやりたいことが出来ない歯がゆさ。

2015年6月25日 (木)

アキュフェーズVS.きよしのドドンパ

Ciwbi7humaaddoe

●冒頭の能書き

最近書いてるお祭音源PC対応プロジェクトの一環。これが加わったのは2000年代後半。

DATを導入した時点で「デジタル化して持って置くからオリジナルを貸して」とは一度話したのだが、怪訝な顔をされた。聞ける奴そこにあるのに何で?という意図だったと思うが、よく聞けば「図書館」(レンタル屋にあらず)で借りてきた「カセット」を「ダビング」していたのが実態だったらしい。いやせめてオリジナルが存在するなら町内会の名義で買って持っておきなさいよという話。金儲けの道具にしないし、応じて宣伝もしてるんだから。で、デジタル化すると完全な複製ができてしまうため、その辺はちゃんとしとこうということ。

●録音・音質

演歌好きじゃないがヴォーカル力を求められる楽曲なのは確かである。その点、CDを取り寄せた時点でアキュフェーズ突っ込んだらどうなるのっと興味を持った。

イントロ輝かしいトランペットがハイ上がりの音質傾向を告げる。果たしてきよしの声は太く、真ん中にドンと配され、付帯音と若干のビビリを有する。ダイナミックマイクの音であり、完全に彼の声にシステムが負けている。実はコロムビアの音源は等しくややくぐもる傾向(レコードの傾向を引き継ぐというか)を有するのだが、そこを破られてちょっと歪んでる感じ。少し残念。

楽器類は文字通り左右のスピーカ間に「置かれて」いる。前後・上下の立体感は乏しく、一方逆にヴォーカルは軽くリバーブが付いている。カラオケ屋での個室で聞く音そのものである。そもステレオフォニックが~って楽曲じゃないから仕方ないが、解像を楽しむ方向でも又なく、オーディオ的に面白がれる要素に欠ける。実は「リッチなシステムで鳴らすとリッチな音がする」のは、大人、高齢層向けにこそ必要なんじゃないの?

●総括

彼の声はダイナミックさが持ち味で、現行デジタルシステムが最も得意とするところでもある。強弱に基づく楽曲へのメリハリ付けは「歌うこと」そのものの勉強にもなり、応じた録音だと良かったのになぁ、というところ。コロムビアさんには是非「抜けた」音作りに方向を振って欲しい。内向きの音は温かみは出るが元気さを欠くし、軽さがない。然るに来る手のひらキカイでストリーミングの時代に合わない。

Ciwc6jauaaab3cd

「大きな字で書かれた紙」はもちろん、カセット用。裏はドドンパの振り付けが描かれている。

2015年6月23日 (火)

ソニー壊れとる

イヤホン(MDR-EX1000)に高域の伸びが無くなった。後釜Z5とか前に書いたが、含めて、やっぱり現行販売機種はどいつもバランスが不自然。で、

Y_mdrex1000_010

このイヤホンは音の出る部分とケーブルが分離できて

Y_mdrex1000_003

ここだけ買えるので取り寄せた。左右1セット2万5千円なり。土曜に入荷の電話が来てソニーストアまで取りに行った。今日のブログはこれで一本、ん?

「お待たせしました、右、ですね」

右側だけぽつねん。

「え?」
「え?」

いやいやこの人左右セットでチューニングしてるんでしょうが。

「ペアでしょ?じゃないと片方コレなら両方分だと新品買った方が安くなっちゃう」
「ですよねぇ」

ですよねじゃねーだろ。パソコンカチャカチャ。

「あ、ペアになってますね。こちらの手違いです」

おいおい注文通りのものが店に来ないし、店も確認しないとか、基本が出来てないのはダメだぞ。

「また連絡します…」

そうして下さい。さてソニストでは新型ブルーレイのS6500を先行展示。いやDSDをデジタルでアンプに放り込める奴実家に置いておこうと思って。

「あ、こちらにございますよ」

Bdps6500_front

これが小さい小さい。奥行き円盤サイズ。回路を回路をちょと詰めて。本体手のひらに載る。太いケーブル繋いだらその重さでひっくり返るぜ。

本題。

「DSDディスク再生出来る?」
「DSDはUSBメモリで再生いただく形で」
「え?」
「え?」
「スーパーオーディオCDをDSDで吐き出せるんですよね」
「はい」
「DVD-Rを読むんですよね」
「はい」
「DVD-Rに書いたDSDは読めないの?」

わからん、そうな、びっくりびっくり。ちなみに前世代のS6200は店で実験した人がいてブログに書いてるから、まあこいつも出来るんだろ。

「あーHDMIでオーディオにつないで、ですか。でもこれハイレゾ対応じゃないんですよ。ロゴマーク付いてませんでしょ」

この店員のセリフ判る?判らないだろ?オレもわからねぇ、曰く、ハイレゾのフォーマットに対応しているが、自主基準の特性が得られないんだと。デジタル出力しかないくせに。

「HDMIにジッター(クロックのふらつき)がありまして」

ほうハイビジョン信号を送れる信号線に2.8MHz程度のビットストリームも満足に出せないジッタがあるとな?な?判らねえだろ。でも音の良いプレミアムなSDカードは作れるんだぜ?

Scdxa5400es

(するってぇとHDMI出力持っててSACDプレーヤなのにハイレゾロゴの無い15万円のオマエは何なん?)

Tw1

おうみんなOPPO買っとけ。10万円のブルーレイだがハイレゾロゴばっちり。SACD回るしDSDディスクはもちろん、FLACやWAVも円盤とかメモリに関わりなく読むぞ。もちろんアナログ吐き出す。HDMIの「入力」も持っててPCから放り込めるしDLNAもフル装備だ。ウルトラお買い得マシンやないかい。

ソニーさんよ。ええのけ、ほんまに、それで。絵と音を蔑ろにしたソニーに何が残る。

オレが「次」に紹介するハイレゾのポタ機はZX100では無いかも知れない。

2015年6月20日 (土)

ハイレゾ音源化の大義~Sound Forge Audio Studio~【ハイレゾ音源録音】

UA-55に続いてソフトが到着。

Ch3fahtveaagdl3

しかし円盤一枚紙ぴら少々に大げさだわ。空気輸送やないかい。Sound Forge Audio Studio 10という。米国ソニークリエイティブの開発で、日本のソニーはスルーで、代理店はフックアップ、ソフト頒布はソースネクストという何だかこんがらがった流通形態。「半額」キャンペーン商品本数限定とあるが、藤本さんの記事によれば2010年のソフトなので、まぁ、いろいろと想像が付くw。384/32フロートまで扱えるが、UAが192でまずは充分である。エイサーのタブレットに放り込む。

Ch7z3iuucaapsyr

ぶっちゃけUAのバンドルソフトよりいじりやすい。ハイレゾのサンプリングも簡単だ。「復元」機能と称するノイズトリートメント機能を持っているが、効き過ぎで肝心な音楽信号も削れてしまう。パラメータ幾つかあるので追い込めると思うが、まぁ盆踊り音楽でそこまでやる必要はねぇだろ。

さて今回見ての通り96/24で取り込んでいるが、意図は以下2点である。

・レベルオーバー対策
・安易なコピー防止

前者、CDフォーマット16ビットなら、65536階調めいっぱい使って録りたいところだが、24ビット1677万階調なら多少余りが出る位なんくるない。逆にレベルオーバーの歪みの方が怖い。なおハイレゾ音源録音レベル低めのものが多いが理由は同じであろう。今回はPA用途なのでノーマライズして揃えてしまう。

Tw1

おお、プロからアドバイスがありがたや。なお中村博(ひろしーぬ)さんは、先日その藤本さんの配信番組に出演された方であり、茅原実里のシンフォニーコンサートでギターアクトを披露されたミュージシャンである。応援してる歌手のライブでサポートされること多く、どーもどーも(^^)してる。

で、2番目の目的である。デジタルなのでクオリティ維持されたままコピーされるのは困るのである。もちろん拡張子検索されたらどうにかこうにか出来るのであるが、そのまま携帯プレーヤに入れたり、円盤に焼いても再生できない、「安直に使えない」レベルにはしておきたい。また一般にハイレゾ音源をどうにかこうにか出来る人はそれなりの年齢でそれなりの機材を持ち、年齢なりの著作権意識を持っているのが普通である。そして知る限り機械いじりのオファーはオレにしか来たことが無いし、オレしかデジタルファイル化を考えた奴はいない。まぁ拡散することはないであろう。

で、次は何だ、後継者育成か。DAWソフトとミキサーなら逆にいじれそうな若者いそうなもんじゃがのお(´ω`)

2015年6月12日 (金)

音楽を「買い集めない」時代に備えよ

Tw1

アップルが「始める」と言ったら、

Tw2

That'sが「やめる」と言い出してお手上げである。

家に音用サーバ抱えているのは常々書いている通りだが、離れた部屋へWiFiで飛ばす分において、CDレベルの音質なら途切れるなどの不都合は発生したことはない。このことは当然、4G(LTE)ストリーミングで、ほぼストレスなくCDレベル配信できることを示唆する。光ディスクに限った話ではない。「自分の聴きたい曲は自分で保存する」というシステムは崩壊寸前ということである。ストリーミング…すなわち常にサーバにアクセスして音楽を流し込む聞き方の障壁は、「端末の電池がどれだけ持つか」にほぼ絞られたと言って良い。ナニ?バックボーンを圧迫する?バックアップ兼ねて各地にサーバを分散配置すれば良かろうが。

戻る。「一旦記録する」という音楽の聴き方は、化け物のようにデータの多いハイレゾリューションは残るであろうが、一般的な「音楽を聴く」は、その必要を排除するであろう。アップルの端末ならSiriに向かってアーティストの名を言えば良い。季節と時間に応じて、ひょっとしたら声音や心拍の有り様に応じて、その人に相応しいと思う楽曲が呼び出されて流される。

ちなみにストリーミングに期待するのは、であれば「コピー」の氾濫を憂う心配はないこと(その端末でだけ再生出来るようにライセンス購入制にすれば良い。LINE MUSICの「シェア」も拡散手段としてOKでは)。そして、再生回数に応じた確実なアーティストへの分配が可能となる点である。もちろん、アーティスト自身がサーバを立てる手もあろう。ハッとした方あるかも知れぬ。オレがこよなく嫌う集金団体「JASRAC」のシステムが破壊できる(※)のである。「好きな歌手いるが究極の音質求めるわけではない」なら、ストリーミングに行った方がきっとスッキリする。応じてハイレゾと二極分化が進むであろう。円盤は過去の保存とバックアップのレガシーデバイスに成り下がる。

いつぞや「適当にキチガイ価格」のスーパーオーディオCD再生機が欲しいと書いた。そして待てしばしと自分で書いた。それはひょっとするとほんの1年2年の間に、HDMIとUSB、各種デジタル入力を備えた単なるDAコンバータとして姿を現すのかも知れぬ。DA変換だけに心血を注いだエレクトロニクスの塊が。

Chtrnryuaaa17ew

(OPPO BDP-103JP。全ての円盤を回せ、全てのデジタル音声信号が出せる)

そして我が敬愛するミュージシャンの皆さん。どうぞこの機を逸することなく。応じた知識を要としますが、皆さんの努力に応じた対価が確実にバックされる仕組みであることもまた確か。今、みんなの手のひらには、皆さんの音を届ける窓がバックライトで光って待っています。

※だから連中は言いがかりに近い方法で今のうちにふっかけて回ってるんじゃないかって勝手に思っている。正当に課金したなら聞き方使い方くらい好きにさせろ。それでアーティストが損をするのか?

より以前の記事一覧

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック