リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2019年11月14日 (木)

マニア→廃人→狂

線路の中に納まって走る列車を見ながら歯を磨くという男の子の夢みたいな毎晩である。いや別に歯を磨く間に本物の線路際まで行って帰れるのだが、同じ電車しか来ないしね。部屋の中で文字通り古今東西走らせてられる。

で、JR初期の電車が交代期で、応じて模型でも令和な新型が発売され始めたが、銀ピカばかりで面白くないのと、国鉄・JRごちゃまぜで走らせられる平成初期の頃が一番面白いので、令和JR買い揃えるつもりはない。つもりはないのだが。

Eiyioklxsaa0kuf_20191114211501

載ってる「モーター」が更新されやがってだな。

下手したら新品のくせに30分で壊れるような「設計不良」だっただけに、買い替え不可避。ただしモータ自体はポン付け互換なので、モータだけ買い替えればよい。モータだけ。

但し50両分w

Photo_20191114212501

9万円ww

2019年11月12日 (火)

バリュー・エンジニアリング

「提案しる」(超要約)

年に1回こーゆーメールが回ってくる。Value Engineering。機能を考える→その機能を実現する最もシンプルで安価な手段を考える…が、大元のスタイル。が、「資材安く買い叩け」が行き着いた昨今。

ただそれも枯れた雑巾絞って繊維切れるだけ、まで来ている。要は。

・原材料そのものを変形しただけの構造部材(板金加工品等)
・原理原則だけで成り立っている機能部材で、必要な能力を発揮するのに物量が必要になるもの(コイル・コンデンサ・冷却装置)

に関するものは、材料価格の高騰でどうにもならんわけ。半導体ならシリコンの上に構築する電子回路を小さくすればするほどなんぼか戦う余地があるが、コイルなんか「透磁率」は巻き芯の部材の材質で決まっているし、磁力はコイルの巻き数で決まる。必要な磁力を得ようとすれば量を多くするより他ない。でもって芯に電線ぐるぐる巻きで部品としては完結。小型化、簡単化にこれ以上手の出しようがないのである。

「画期」が必要なのだが、それは電力を磁力に変換する方法でコイル以外を考えろ、という難題を意味する。磁気エネルギを電気エネルギ以外から獲得する方法があるか?

電力と磁力はその親和性から、宇宙開闢の超高温超高圧の時代には「同じエネルギ」だったと考えられている。何らかのきっかけでどっちかに分かれ、今もなお電流の周りには磁場が発生し、磁場の中で導電体が動くと電流が得られるのである。ひっくるめて電磁力と呼んでいる。

自然界には「原理的に存在する力」として、電磁力の他に、原子核反応中で活躍する「強い力」「弱い力」と呼ばれるものと、「重力」が存在する。この4つは宇宙開闢の超高温超高圧の時代には「同じエネルギ」だったと考えられていて、「重力」を除く3つは一つの方程式で記述することができている。すると重力をも式で書ければ、重力を電磁力に直接変換できる「何か」の突破口が…となるのだが、これが非常に難しい。

・重力は「空間=宇宙」の存在と密接にかかわっている。宇宙あればこそだし重力がないという状態はすなわち空間というものがない
・電磁力は光の速さを導くが、光の速さは空間の中では一定である。空間自体は光の速さを越えて広がることが許される

要は「重力」は上位互換で、重力から磁力を取り出す行為は空間を壊すことを意味して不可能なんじゃないかと。

「磁石」そのものは強力になってきてるんだけどね。

2019年11月 4日 (月)

チバテクノ整いました #鉄道模型

トミックスの「常点灯」という奴は要するにチョッパ制御で。

0002943m

「短時間12V出るので、照明は付くけどモータは動くほどじゃない」という領域があるのを生かしている。こーいうパルス列の電圧になり、

オンの時間/(オンの時間+オフの時間)

要は時間的な平均値にて、電圧計に出てくる電圧が得られる。常点灯装置の場合、調整ボリュームを最小に絞った時、1.5V程度である。

ところが。

昨今増えてきた「コアレスモータ」は、この電圧でもスタコラ動き出してしまう。要は常点灯効果が得られない。どうしようかと考えた結果、単純に可変抵抗器を入れてオームの法則で電圧下げましょうなのである。

Dtvxptwucaexnqy

可変抵抗にしたのはスタコラするのは一部に限られるから。で、チバテクノのサイト覗いてご丁寧に2個だけハンドメイドで作っていただいたのは1月のこと。引っ越しは決まっていたのでそのまま保留にしていた。

Eihjzsmuwaehgru

Eiiot9aueaea_az

ようやく手を付けて、コントロールボードのスペース確保して、ボリューム組付けて御覧の通り。電圧計には抵抗通過後の実線路電圧が出てくる。

ちなみに鉄道模型で「動き出し、止まる瞬間」が気になりだすともうダメである。

https://youtu.be/ptbkPI9W89E?t=84

①電子回路に物を言わせて、上記式内の分子「オンの時間」を極力短くする。
②逆にアナログで、電子回路開発用の超精密制御電源を使ったり、ボリュームの一種でダイヤル一回転当たりの抵抗値変化が小さい「ポテンショメータ」をぐりぐり回したり、ボリュームの先に更に少しずつ変化する副抵抗「バーニヤ」を追加する。

などなどスゴイことになることがままある。

でもまぁ、それはそれで別のやり方があるので。

これで後は結線さえ終われば、走れる!

 

 

 

2019年11月 2日 (土)

#Walkman High-Resolution NW-ZX507

←ZX300

●冒頭の能書き

Eixuyjjx0ae22lv

ZX300ん時の「バランス接続できるようになりました」みたいな機能的なイノベーションは何もないんだけどね。音聞いた結果ね。
ソニーストア名古屋は11時開店というので合わせて到着。何人か店の前にいたがみんなカメラの講座へ。てなわけで多分予約なしでは第1号の購入。売価税込み88Kだが、ストア会員様クーポンやらもろもろ割引とZX300下取り19Kより実購入価格56000円。これを残価設定で25回。

イヤホンはIER-M9。4.4mmバランス接続。店頭でSDカードぶっさして即聞き。コンデンサおっきしてないがまぁ。

●概要

一聴して感じたのは「ZX1からZX2へ変えたときの変化」チト重いが深い。みたいな。だがアレみたいに暗くて女性Vo.が似合わないなんてことはなく、むしろ聞けば聞くほどZX300より深く大きく、総じてスケールが大きくなる。「買い替えざるを得ないかな」になる。

●高音・中音・低音

96/24サラ・オレインの倍音バリバリのハイトーンが銀色の煌めきとともに左右の耳の間に降って来る。ドンシャリで色付けた演色的高音ではなく、「強調感はないがよく聞くとちゃんと出ている」本物だ。弦ものは艶やかで美しく、ピアノはアタックのインパルスが持つピン感が出てリアルだ。
中音は輪郭がきっちり描かれて切れ味よく聞いていて心地よい。EDMのいかにもコンピュータが楽器の物理特性無視して作りましたみたいな音が崩れず出てくる。総じてSNがよいので細かい音までよく拾い、音場が深く、大きい。
低音は「世界の車窓から」でおなじみ溝口氏のチェロ(DSD11.2MHz)とか、その深みもあって綺麗だ。芯のしっかりした太さがあり、震えや響きが心地よい。Kalafina「うすむらさき」とかサブウーハを駆動しているような地を這う感じが快感だ。もちろんそれと三人のキラキラコーラスが絡み合っても混濁することはない。小澤征爾氏がハイファイ再生を「音を混ぜようと指揮しているのに分解しようとする」と嫌うが、イヤホン再生で全部バラしてます。サーセン。

●SN・ダイナミックレンジ・セパレーション

無音状態で静かに沈んでいる。ノイズフロアが低いということ。カナルイヤホンしっかり押し込むと弦とか消え入る寸前まで24bitのラスト1bitまで丁寧に拾ってる印象。「持ち歩く」ウォークマンだが人気のないところで聞きたい(!?)。
一方ででかい音はでかい音で相当ボリューム上げても破綻なく突っ込んでくる。イヤホン側のストローク限界もあるので環境によって変わる部分だが、大音量で気持ちよくかっ飛ばせるキカイという現状の結論。
左右は良く広がり、繊細さはないくせに音像は小さく点となって定位する。逆に言うと「パンポット」で振り分けた痕跡が感じられちゃうんだけどね。なおいわゆる「チャンネルセパレーション」はバランス駆動であって触れる必要を感じない。

●まとめ

あまり「繊細さ」を感じないが、出るところはちゃんと出ている「玄人」好みの作り(自分で玄人言うかオレは)。拾ってくれるイヤホン・ヘッドホンをバランスでぶっ刺して好き放題聞きましょう、というところか。ちなみにZX300だとボリューム69くらいだが、こいつは82程度まで突っ込んでいる。でも破綻なく歪なくうるさくもない。ゲインが低いだけ?(アンプ出力はバランス時200mW+200mWでZX300と同じ)。ネット上では価格帯一つ上「WM1A」と比較してどうこうという意見を聞くが、さすがにそっちの方が余裕があるかな?ただ、重さと携帯性は比較にならないし、高解像度で繊細な音が欲しければSTAXかぶればいいので「持ち歩く音」はこれが最適解。

●その他

今回、買い替えに合わせて「あまり聞かない曲」を整理したのだが、これがまぁ難儀で不具合の原因調べて取り除いて5時間もかかった。

Eiwevcsw4aeqwpf

①「Music Center for PC」でプレイリストに「m4a」形式が入っていると転送に失敗し、プレイリスト自体も転送されない
②SDカードの中のファイルやプレイリストはウォークマンとしてマウントしていると消去できない
③NASからネット経由でウォークマンへ転送指定すると死ぬほど時間がかかる。特にハイレゾ。

①は「MusicCenter」でプレイリストの作成は出来るし、そのまま再生できるし、ZX507自体もm4aの再生は出来るのにサッパリワカラネェ。仕方ないのでiTunes様にWAV形式に変換いただいてプレイリストを作り直して転送した。
②は「MusicCenter」からの操作はもちろん、ウォークマンとしてPCにマウントしている状態だとエクスプローラでもいじくれないので、カードつまみ出してリーダに刺して操作。「書けても消せない」ってなんすか。
③はもう最早このソフト使うなというソニー様のご託宣なのかもしれぬ。DSD11.2MHz50曲移すのに2時間とかあほか。あ、11/2発行の最新版に更新してるよ。

あと、ZX300までは車載との接続があったのだが、車買い替えてウォークマンからの送り出しはBluetoothに変更したので省略。

Eivx2exkaaptzy

このキカイ1万円したけどマウントがUSB-Cに変わったのでゴミ。勿体ねーな。売れないかな。

ZX100や300お持ちの方は下取りもあるし買い替えていいんじゃね?バランス接続したことないという方は買い替えてバランス接続の世界に足を踏み入れるのオススメ←河童か

2019年11月 1日 (金)

はいはい、飲み込まれてやるよ

Dlxliuquqaavpkl

ウォークマンNW-ZX300。予定通りなら明日11月2日に後継「ZX500」が出るので買い替え。音は試聴機の限りだがややおとなしくなる一方、解像感自体は高まり、静寂さが増す感じ。100→300のバランス対応みたいに大きなイノベーションはないが、要らん機能を削ってアンプを増強した感じ。

これでZX1→100→300→500と順調に買い替え。しかも毎度前任機を下取りに出し、差分を無金利分割。要はスマホと一緒のぐるぐる回りエコシステム。今回はクルマみたいに残価設定もあるとか。まぁ下取り前提ならそれもありじゃね?

2年間お疲れさん。どこで誰の手に渡るか知らんが達者に暮らせ。

2019年9月24日 (火)

後継育成2題

●鉄道模型の場合

在庫求めて名古屋市内を行脚。とはいえそーゆーのはwebサイト持ってないような個人経営店に限る。

店頭に旧製品で色あせたパッケージを発見。

「これ在庫ここにあるだけですかね」
「あ、問屋から買ってきてそのままなのでまだいっぱいありますよ。20年くらい前のですけど」

かまへんかまへん。なんと、無事目標の20箱あっさりゲット。

「これネットじゃ争奪戦になってましてね……」

鉄道模型、特にNゲージが量販店で扱われるようになって久しい。ネットオークションにせどり屋など「新品在庫の定価売り」が基本の個人点には厳しいエコシステムが出来上がってしまった。3Mデパートを始め、地下鉄と徒歩で回れた個人店も相当数、消えてしまった。

「我々みたいに既にやってる人間には買う物決まっているので量販店や通販は便利なんですよ。でもこれから始めようって特にお子さんが直接手ほどきを受けられる場所がない」
「ですよねー」

そうなると個人個人が町内会のイベント等でコレクションご開陳して勧誘活動するしかない。が、メーカーよそれでいいのか。オーディオもそうだが、売り続けるためには買い手を発掘するアクションが欠かせないぞ。

●電子回路の設計

ベテラン設計者とプチ会合。

「スペックだけじゃなくて、その部品の構造がわかるような資料も用意出来ませんか」

電気特性と取り付け性に問題が無いので採用したい、じゃ設計じゃねぇ。

「30年前に抵抗のカラーコードとはんだごてのさばき方から入った世代の知識常識は滅びつつあるんですよ。チップ部品が基本だし、設計検討も着眼点変えなきゃいけないかと」
「それは自分も思ってて、担当チーム内レビューをもう少し小規模で、でも詳細に、チェックシートを用意して、ってやろうと思ってます」
「なるほど」

昨今の電子回路はロボットが鼻クソみたいな部品を基板にペタペタ貼り付けるのが基本。当然、応じた部品の構造になってるし、物理的な性質も大きく違う。それでいて回路が扱う電圧は下がり、周波数は高くなった。過去の常識が不要になる一方、想像もしなかった故障モードで壊れる。基板が反ってセラミックコンデンサが割れるとか典型。

「今が見直しのチャンスで、これ逃すとグダグダになると思います」
「頑張りましょう」

多分その「ロボットでペタペタ」しか知らない海外メーカとの力量差が試される時代。

2019年9月23日 (月)

40年越しのサービス向上? #鉄道模型

Efifo9cucam8peb

トミックス「橋上駅舎」1977年発売。現在はリニューアルされた製品を販売中。

なのだが、「思沢駅」は少し古臭い駅であるので、この旧製品を使用。ただし。

Efibt8nucaaocum

「見栄え」はチト良くしたい。券売機や時刻表や広告を模したシールを他の駅用から移植。そして、

Efilfbmu4aab68f

製品化されて40余年。ようやく照明が装着されるw。なおこういうのアマゾンでクルマのデコ用に300発800円とかで売ってるので、鉄道模型用・ジオラマ用と称して売っているのを買うのはヒジョーにコスパ悪い。

Efiov87u0aa8qux

顧客サービスの向上が図られた思沢駅。

2019年9月22日 (日)

マッドサイエンティスト・ラボ

Efecwgluwaaexly

てなわけでオシロスコープ着弾。もち、中国製。

Efeehdau8air8i5

フルカラー。日本語モード付。これはキャリブレーション用の自己発波形。ちょっと過渡応答が悪いね。チューニングできるのかな?

トミックス常点灯を無負荷で出力変化させるとこう。

モータ回すとこう。逆起電力という奴が観測できる。

テスターでは電圧電流、導通の有無くらいしか確認できない。比してこれだと「理屈通りの電圧・電流であるか」がチェックできる。この差は大きい。

Efe39tyuyausrkf

電子工作アイテムが一通りそろった。怪しい研究所の充実化が進む。

2019年9月20日 (金)

一家に一台ですよね… #鉄道模型

「ハッシュタグからして怪しいのだが」

はい。

トミックスの「常点灯」パワーユニットでやってることは、とどのつまりチョッパ制御である。

ちなみにこいつは本来20kHzで動くが、201系の懐かしい音を出すため250Hzに落としてある。

で。

それは電気的には周波数と電圧が一定のパルス列である。すなわち、ロジック回路のクロックとしてそのまま使うことができる。そこで、この走行用電流をロジック回路に持ち込んで、オリジナルの信号(場内)を光らせようと考えている。

Photo_20190920231101

この場合、正しく動作しているか確認するには、「波形」をモニタ出来る必要がある。すなわち「オシロスコープ」が欲しい。

Photo_20190921000501

が、それは基本的に「ラボ」にあるもの。お値段もご覧の通り。まぁいいや、所詮100kHz以下だし、精密さは要求しないし、中古か中華か、「USBでプローブを接続するパソコンアプリ」でいいからアマゾンで探してみるか。

Photo_20190920231701

待てコラ。

 

しかもテクトロ

まぁ型落ち(生産完了品)だしアメリカ製じゃないと思うが、「テクトロ」のオシロがこの値段とは。

ポチッとな(増税前だしな)

たかが鉄道模型のためにオシロスコープwバカ究まれり。

ComingSoon!

 

 

 

2019年9月12日 (木)

オーディオの整理

Eeqxjamvuam8ciy

KA3ESがあまぞんの中古屋に出てたので拾った。黒筐体で傷だらけだがンなことはどうでもいい。キャプスタンとピンチローラをアルコール綿棒でキュッキュと拭いて出来上がりである。ワウもフラッターも感じられず状態良好。結局これでレコード+カセット+チューナーという「昭和構成」のオーディオに戻ってしまった。「なんでもコンピュータ」(なんでもスマホ)に対して、機能ごとに専用の機械を用意し、1媒体1コンテンツというのは、実は直感的には最も分かりやすい。現物が見えてるからね。

ちなみにこいつでやりたいことはレコード音源のデジタル化。

Ed6ucjyuyaak3lq_20190912221101

写真再掲だが、レコードプレーヤの下に鎮座のTEACレコーダでハイレゾ()にしようと思っている。なお、最近のレコードプレーヤはレアアースを使った強力磁石をカートリッジ(レコード針の動きを電気信号に変えるところ)に使い、昭和のモノより音がいいやつが出てきている。っても、「毎回同じ信号が得られるか?」という点ではお話にならないんだけどね。

懐かしい機械で懐かしい音を聞こう。

 

より以前の記事一覧

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック