リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2019年6月19日 (水)

山形県沖の地震について

Photo_9

ケガをされた方にはお気の毒だが、こんなド直下M6.7で「その程度」の人的被害なら何もなかったに等しいわ。

2

佐渡島が顕著だが、このあたりの地形には「しましま」が見て取れる。撓曲(とうきょく)という。

921

小さい図で恐縮だが、ここには太平洋側、ユーラシア側、双方から押される力が加わっている。ざっくりいうと応じて表面がしわになっていて、時々ひび割れて動くのである。

3

今回の地震は「西北西-東南東に圧縮力が加わった逆断層型」…上記「押される力の方向」とよく一致している。

4 5

注意すべきはこの後で、過去の大きな地震をプロットすると、「起きてない」領域がまだある。ちなみにこのあたりにプレート境界があるんじゃね?と分かってきたのは、実は日本海中部地震(1983年)あたりからで、南海トラフ辺りに比べると、学術調査もデータも全然足りない。南海トラフが「予知できないかも」と言ってるありさまであるから、この辺りは尚。

気配りと注意、そして備えを。

この記事の参考資料、図表の出典は

http://www.jma.go.jp/jma/press/1906/19a/kaisetsu201906190030.pdf

http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/KOHO/KOHO/backnumber/14/14-1.html

2019年2月 8日 (金)

走り回る北極

300pxgeographical_and_magnetic_pole

地球が磁石であるのは知られる通りで、このような棒磁石をブッ挿したイラストで表現される(Wiki)。ちなみに、「地球の北磁極」は「S極」なので注意。北がSだから方位磁針のNがそっちに向くのよ。なお、「北磁極」で磁針を使うと地面を向く。さておき、

Tw1

その北磁極がえらい速さで動いているんだと。地球の内奥はドロドロの溶けた金属で、そいつがぐるぐる動いているもんだから、金属中の電子がぐるぐる動くことになり、電流が流れていることになって、磁力が発生する(ダイナモ理論)。

この金属の流れは一定じゃないので、磁極は動く。それはいいのだが、このところ20年ほど、その速度が急上昇している、と。

磁力の強い場所はシベリアとカナダと二カ所あって、

Fn

(出典)

この両者の磁力のバランスが、金属の流れの変化を受けて崩れ、シベリア側が強くなり、北磁極の移動が加速した…と推定されるとのこと。ただ、じゃぁシベリアに来るのかというとそうでもなく、ズレが大きくなると逆向きに戻すような力が過去には働いたという。

過去には。

ちなみに、ここまで猛スピード(55キロ/1年あたり)動いたことはなく、この先どうなるかはワカラネエとのこと。地磁気が反転することはないらしいが。

2018年12月23日 (日)

突如津波に襲われる

Tw1

なんだこれ。地震は無かったが突如津波が来た、と。そりゃ逃げられんわ。推定メカニズムは23日22時現在

・海底地滑り
・近くで噴火しているアナククラカタウの山体崩壊、海面突入

「慶長地震」(1605年)は地震被害の記録がないのに津波が大きかった。この原因仮説に「海底地滑り」がある。また、「東北地方太平洋沖地震」(2011)においても、地滑りを伴ったために津波が大きくなったとする説がある。
「島原大変肥後迷惑」(1792年)は雲仙普賢岳が地震で山体崩壊を起こし、有明海に流れ込んで大規模な津波を発生させた。天草や肥後、戻ってきた島原が襲われ、1万5千人もの犠牲が出ている。なお、人類史上最大の津波は1958年カナダのリツヤ湾で生じたもので、類似の地震に伴う山体崩壊・海洋突入で、524メートルもの津波を生じたという(端的には「水しぶき」である)。

日本の津波警戒システムは「地震が原因」に特化している。こういうのは検知できない。かてて加えて、慶長地震は海底の広大なメタンハイドレート層が崩壊して発生したという説もある。

津波は移動した堆積に応じて発生し、それが「ゆっくり」だと、地震として感知されない。

2018年11月13日 (火)

連続のマグニチュード

Tw1

南海トラフでM7以上が「数分間隔」で続発するかも知れない。

そらそやろ。東北地方太平洋沖地震は1分程度の間隔で3つ重なったし、およそ30分後に茨城沖でM7.6が起きている。余震の1つと一括りにされるが「M7.6」って大地震である。ちなみに南海トラフでは安政東海地震、安政南海地震が32時間置いて(1854年)、昭和東南海地震と南海地震は2年置いている(1944,1946年)。

企業・学校で避難訓練やられていると思うが、この「続発」は身体が翻弄されてどうにもならない揺れがようやく収まり、暗闇に閉ざされて土埃が充満する中、「訓練」通りに避難しようとしている最中に「また来る」可能性を意味する。落ちて倒れてぐちゃぐちゃかも知れない。割れたガラスが散乱しているかも知れない。

その「訓練」でいいのか。

2018年11月 2日 (金)

中央構造線のターン

Tw2

Tw1

先月。ちなみにパソコン画面にポップアップが出たのは2秒前。「地震が来る!」というのがやっと。ミシッ、ぐらぐら。

Tonankai_map

その後も近場で「名古屋市有感」が続いて。

1

今日。実際には震度4だったがこの予測で緊急地震速報が飛んだ。

そりゃ南海トラフに向かって地震増えるし、「古傷」である中央構造線周りは騒がしくなる。内陸震源でも被害をもたらす大きさの物もあるだろう。ちなみにこいつ自身は紀伊水道の「毎度おなじみ」で、そういう奴には確率的にM5クラスがチラホラ混じる。

「その時」の準備は大丈夫ッスか。

★2018/11/08追記

こいつらフィリピン海プレート内部の地震で、四国沖で起きてる「スロースリップ」と関係あるかも、ってさ

Tw1

2018年9月30日 (日)

我が人生節目節目に嵐あり

おうち購入の契約。読み合わせをして調印。手付金。

2018093017423000

で、台風。大学の入学式は雪だったし、入社式は雨。家買うのに台風くらい来ないとバランス取れねえだろ。

182400_2

おう真上通るかチャーミー。

2018年9月 6日 (木)

平成30年北海道胆振東部地震

午前3時・直下型・震度7

Dmwx0nmuwaaxkgz

恐らく「地震」と気がつく前に巨大な揺れに翻弄され、何も出来なかったのではあるまいか。その恐怖、そして亡くなられた方、お気の毒というほかない。

Tw2

起きて某然である。殆どの谷で土砂崩れが起きているではないか。

Tw3

震源とメカニズム。東北東-西南西方向から圧縮され、片方が潜り片方が持ち上がる逆断層型。

Dmagyr_uwaavwgm

震源は「石狩低地東縁断層帯」で地下37キロの直下型とされる。断層地図に震度7の厚真町をマルした。5番(馬追断層)6番(嶮淵ーけねふち-断層)がこれに属する。ただ。

Topics_ishikari18090624hours

余震範囲を見るとちょっと違う。断層は切り損ねたパンの切れ目のようにナナメになっているのが普通で、地面に現れた割れ目が、地下深くでは随分離れた場所の直下というパターンはあり得る。ただ、余震の範囲は上記断層群(この分布図だと水色の線)と平行になってない。また、断層地図7番は「軽舞断層」というが、これも上記断層群と出自は同じとされる。ならば、それとも異なる。

で、ここいらは学術論文が存在するほど形成がややこしく、四層の海岸段丘の上に火山灰が積もっているので(土砂崩れを起こしたのはここ)、「知られざる断層」が存在する可能性があるという。

気象庁の報道発表よりコピペ

注意点
○過去の例のように、今回の地震の周辺に存在する活断層等で大きな地震が発生する可能性は否定できないため、注意が必要です。
○今回の地震の周辺に存在する活断層で大きな地震が発生した場合には、周辺で震度6強以上の強い揺れになると予想されています。

しんどいが、しばらく注意が必要か。しかし我々は我々の足元に関して何と無知であることか。

2018年7月 8日 (日)

広域で甚大

愛知に関する限りザッと降ることもあったが、午後には青空に変わった。自転車のタイヤを直しに店に行った。

Highresorad_201807081235

ただ、僅かな差で滝のような雨が降るリスクはまだしばらく残っている。

Tw1

夕刻で人的犠牲が73人という。色々と後手後手に回った感が大きい。とにかく事前の備えとスムーズな避難の手段が足らない。

Tw2

Tw3

そして明日は月曜なのだが、物流の根幹が寸断された状態。日本、動けるのか。

2018年7月 7日 (土)

「歴史的」大雨

Tw1

高域で大規模な災害になった。

Dhbzbocvmaalcei

特別警報が夜に向かって次々出され、夜が明けて呆然、である。「特別警報」は災害が起きるレベルに達した=逃げるには手遅れと捉えた方が高い。今回の大雨は気象庁が会見を開いて「歴史的な大雨になる」と警告していたわけで、川沿い崖下などあらかじめ逃げておく必要があった。良く書くが、「個人レベルで危険を強制的に伝達する」手段はまだ整備されていないので、自分で積極的に情報を収集し、危険回避を図らないとならない。

Dheigk0u8aeh1uy

これをご覧頂きたい。愛知県は特別警報出ていないのだが、稲沢は滝のような雨になっていると思われる。その一方、名古屋市内ではほぼ降っていないとみられる。東海道線の駅3つでこれだけの差がある。現在も10分15分というスパンで降ったり止んだりしており、そんなもの、情報を「来るのを待つ」では対応できないのは自明であろう。「雨降るとか聞いてないよ」などよくツイッターで目にするが、出かける用事があるならリスク確認するのが普通ではないのか。何のための手のひら情報デバイスだ。

今年の梅雨の異様な挙動は、これからの雷雨・台風シーズンに対して、やはり異様な何かを想定しておくべきことを示唆する。事前に確認し、リアルタイムにチェックを。

2018年6月26日 (火)

地下の奥底とその上の空と遙か彼方の宇宙の出来事

ハワイ・キラウェア火山の噴火は人的被害も出て深刻なのはご存じの通り。火山の噴火で降ってくる物と言えば、石と溶岩と灰…なのだが、ここではその石に「かんらん石」が混じっているという。石を専門用語で分類されてもというところだが、「綺麗な奴はペリドットと呼ばれる」と書くと、印象が変わる人も多かろう。

Tw1

溶岩、よらず地球の土の主成分は二酸化ケイ素SiO2すなわち水晶だが、ここに鉄FeやマグネシウムMgなどが加わるとかんらん石になる。すなわち地下深くで産生された高温のマグマが噴火で噴き上がり、空気中で化学反応を起こして宝石の結晶となって降ってきてるわけ。あんまり喜べないけどね。

「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」まで40キロ程度の距離まで近づいて写真を撮った。

Fig201806252_l

(C)JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大, 産総研

どう見てもデススターです。どうもありがとうございます。

ちなみにペリドットはたま~に隕石に混じってる奴があって、それはそれはエクスクルーシヴな値段で取引されるのだとか。

綺麗に2つのネタが繋がりました寝る。

より以前の記事一覧

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック