« 【妖精エウリーの小さなお話】クモの国の少年【6】 | トップページ | 彼女は彼女を天使と呼んだ(16) »

2008年12月20日 (土)

彼女は彼女を天使と呼んだ(15)

 主将君。おー、という驚き半分の声が居並ぶ委員たちから少し。
「他に立候補は?」
 いるわけがない。
 私から指名しようか……いやいや。恨まれるか、あらぬ噂が立つだけだろう。
 斯くて黒板にカルトゥーシュよろしく、マルで囲まれた名前が二つ。
 日時は期末試験後土曜の午後一時、だそうな。
「楽しみだな」
 主将君が肩をポンと叩いてくる……のを寸前でかわす。
「ただ出るだけじゃ意味ないからね。何か言えるように、学校側にも報告できるように」
 理絵子はまっすぐ目を見て言った。
「その目がいいんだ」
「はぁ?」
 脊髄反射的に返してから、それが彼の〝モーション〟なのだと知る。手練手管ってヤツであろう。しかし、ハンフリー・ボガード辺りが言うならいざ知らず、所詮中学生の男の子だ。男性が身の程知らずというか、背伸びして〝らしくない〟ことをするほど、滑稽なものはないのだが。
「じゃ、当日会場で」
 くるりと背を向けると。
「待ってよ。イザという時の連絡先教えてよ。ケータイ持ってるんでしょ?」
 とはいえ、番号、を教えたら何が起こるか目に見えている。
「……@docomo.ne.jp」
 メアドなら後で変えられるし。
「TEL番は?」
「常時カバンに放り込んであるから鳴らされても気付かないんで。むしろメールの方が確実」
「でも……」
「心配になったらメールがないかチェックするから」
 しょぼくれた顔。ここまでつっけんどんにされるとは思ってなかったと見える。
 が、すぐに回復。理由は。
「判ったよ。俺の方は080……」
 自分の番号を教えられるから。そこは普通の男の子か。
 理絵子はメモらず、携帯に打ち込むこともせず、諳んじて返した。
「だね。了解」
「覚えたの?」
 それは正直に驚いたという顔。
「うん。じゃぁね」
 塾があるのだ。ウソではない。

→次

|

« 【妖精エウリーの小さなお話】クモの国の少年【6】 | トップページ | 彼女は彼女を天使と呼んだ(16) »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼女は彼女を天使と呼んだ(15):

« 【妖精エウリーの小さなお話】クモの国の少年【6】 | トップページ | 彼女は彼女を天使と呼んだ(16) »