« 気づきもしないで【9】 | トップページ | 彼女は彼女を天使と呼んだ(89) »

ブリリアント・ハート【17】


 
 住所からすると彼女…あすかちゃんのお宅はアパートのようである。コート・イワフジ205。
 一方通行が多く、たどり着くまでにやや要したが、どうにかアパートに行き着けた。
 鉄筋コンクリート三階建てであり、駐車場脇エントランスでは、奥さん達が談笑中。
 タクシーをその駐車場の空き区画に入れてもらい、降り立つ。奥さん達の目がちらりとこちらに向き、談笑が止まった。
 …“誘拐王女”のことは知っているようである。但し、現時点では“似ている”程度の認識で、まさか、とすら思っていない。
 しかしここまで来ればすぐにバレることだ。あえて隠す必要もない。
「…すいません」
 あすかちゃんについて尋ねてみる。
 意外な返事が返ってきた。
「あすかならウチの娘ですけど…今近所の公園に逆上がりの練習に行ってるの。何かご用?」
 “教育ママ風”そんな印象の女性が、やや強い口調で言った。余所者に対する警戒心。
「あの、今日の“救え世界の子ども達”の講演で質問を頂いたんですが、お答えする時間が無くて…」
 母親は少し考え、背景を理解したらしく、ああ、と言った。
「…関係者の方?」
「…ええそうです」
「お子様スタッフ?リニア館みたいな?」
「あ、はい」
 レムリアは答えてから、母親の物言いの意味を知った。その博覧会で、出展している鉄道会社が子どものアテンダントを募集し、自分もその類と受け取ったのだ。このあたりは特殊能力。
「あらそう、もう少しで帰ると思うんだけど」
 あすかちゃんの母親が首を伸ばす。レムリアはその方向に意識を向け、そして察知し、視線を向けた。
「あら帰ってきた」
 母親が言い終わる前に、レムリアは視線の先にあすかちゃんを捉えている。
「奈良井あすかさん?」
 レムリアの問いかけに、メガネの少女は足を止めた。
 訝しげに自分を見、程なくメガネの奥の目を円くし、更には口まであんぐりと開く。
「…!」
 自分を指差して何か言おうとするが言葉が出ない。
「何ですかあすか!初対面の人指差してっ」
 母親が叱る。

つづく

|

« 気づきもしないで【9】 | トップページ | 彼女は彼女を天使と呼んだ(89) »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブリリアント・ハート【17】:

« 気づきもしないで【9】 | トップページ | 彼女は彼女を天使と呼んだ(89) »