« 【妖精エウリーの小さなお話】クモの国の少年【44】 | トップページ | 桜井優子失踪事件【6】 »

ブリリアント・ハート【45・最終回】

「そうですか…でも、何か悪い気もするので勝手な行動を謝罪致します。お騒がせしてすいません」
 レムリアはここだけは心から言い、支配人に向かって頭を下げた。すると支配人は滅相もないとばかりに手と首をパタパタ左右に振り、ウェイトレスに何事か手振りで指図した。
 レムリアは、ここに戻ることさえ出来ればどうにでもなると、なんとなく楽観していた理由を洞察した。
 大人達の事なかれ主義。
 丸く収まれば、最初から何もなかったことになり、責任追及は発生しない!
 程なく、二人の座るテーブルにゴージャス至極なプリンアラモードが運ばれた。
「どうぞ」
 と、支配人。
「頼んで…」
「わたくしからの奢りです。姫君に余計なお手間を取らせたお詫びでございます」
 何か悪い気もするが、断るのも不自然。
「いいんですか?ありがとうございます。あと、ちょっと資料を取ってきたいので、エレベータのカギを」
「かしこまりました」
 レムリアはその後、普段持ち歩いている自分の活動記録…救援活動の自己レポートが収まった半導体記憶装置(USBメモリ)をあすかちゃんに渡し、電子メールのアドレスを教えた。
「パソに挿せば見えるはず。但し英語。そこは勘弁」
「もらっちゃっていいの?」
「コピーあるし、あなたなら持ってもらって構わない。またお会いしましょう」
「うん。楽しかった。あなたとの夏を忘れない」
 二人は握手をして別れた。
 そしてレムリアは夜会服に身を包み、晩さん会へ向かった。
 
 9月に入ってから、あすかちゃんからメールが届いた。
 
やっほー\(^O^)/
元気?あなたとの大冒険、「魔法の姫様大脱走」ってタイトルで創作童話にして、自由研究の代わりに提出したんだ。そしたら「すっごいリアル」てほめられちゃった。
あと、レポート、訳しながら読んでる。あなたすごいね。とても一つしか違わないように見えない。
 
本物の魔法使いみたい。
 
ブリリアント・ハート/終
 
レムリアのお話一覧へ

創作物語の館トップへ

|

« 【妖精エウリーの小さなお話】クモの国の少年【44】 | トップページ | 桜井優子失踪事件【6】 »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブリリアント・ハート【45・最終回】:

« 【妖精エウリーの小さなお話】クモの国の少年【44】 | トップページ | 桜井優子失踪事件【6】 »