« 桜井優子失踪事件【18】 | トップページ | 桜井優子失踪事件【19】 »

町に人魚がやってきた【6】

「おお、人魚だ」
「ウロコの色つやが悪いわ」
 以上医療関係者の感想。
 バスタブに身を伸べる。ぬるま湯程度に温めてある。
「あはん」
 人魚の口からそんな声。ただ、気が付いたわけじゃない。
「おめドコ触っただ!」
 おじさん、えらい剣幕。
「あ~、今のは違うんだな。肺の空気が温められて、圧力が上がったもんで気道から出てきたんだな。その時に声帯が震えて艶色に聞こえたと。ところで直腸温を測りたいんだが」
 先生、電子体温計を片手に、サカナの下半身を持ち上げたりひねったり。
「直腸温って」
 オレは思わず訊いた。文字に置き換えて、体温計の形状を考慮すると、どこからどうやって測るものか、自ずから想像が付くのであるが。
 する?
 まさか、と首を傾げたオレに萌えボイスの解説。
「直腸で測るから直腸温なんです。成人の場合括約筋の影響を受けず、さりとて直腸を傷つける心配の少ない5から6センチ程度の深さまでソーコーして……」
 えーと、それはつまり、要するに。
 待て。医者の診察って最初に直腸温だっけ?
「まぁいい。人間と同じかワカランが口腔で測ろう。えーと」
 先生、人魚の口を開いて体温計をぱくっ。
 ……確かその体温計で挿肛しようとかさっき。
 普段は?
「運び込むぞ」
 ストレッチャーに老若男女群がり、女一人マイナスして、計3人でせーのでどっこいしょ。
 水面に仰向けで失神状態の美女有り。
 ストレッチャーを動かすと、重心の関係かくるりと回転して俯せ状態。
 そのまま微動だにせず。傍目に非常に印象悪い。
「この体温計……防水だったかねえ」
 先生、心配点が違うと思います。
 院内に運び込む。確か昭和ヒトケタの建築と聞いた。古い建物のギシギシ言う木のドアを開けてもらい、ストレッチャーをガラガラ。鉄筋で建て替えればいいように思うが。
 受付待合いを横切る。〝患者様〟がいないのは単に過疎だから。
 行き先は診察室前を通過してその隣〝検査室〟。
 
つづく

|

« 桜井優子失踪事件【18】 | トップページ | 桜井優子失踪事件【19】 »

小説」カテゴリの記事

小説・大人向けの童話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町に人魚がやってきた【6】:

« 桜井優子失踪事件【18】 | トップページ | 桜井優子失踪事件【19】 »