« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-113- | トップページ | 総武快速passing love ~新小岩~ »

2010年12月23日 (木)

グッバイ・レッド・ブリック・ロード-114-

←前へ次へ→
 
「我々に、どうして欲しいとおっしゃられるので?」
 斯くして、担任は、言った。
 レムリアは、瞠目した。
「言ってること判ってますか?」
「ですから、“いじめがある”とおっしゃりたいのでしょう?」
「そうじゃなくて。あなたの言ってることは、泥棒に入られた、と言ってる人に、犯人の捕まえ方を尋ねてる警官みたいなもんです、ってことです。本当に教員免許あるんですか?」
 教員二人は顔を見合わせた。
 特段超感覚など用いずともその意思は明白である。“いじめ”の本質がどのようなものか理解がないので、どう対処していいのか本当に判らないのである。
Doaho
(本当にいたぜそんなのが2012/07/07)
 
「すいませんが、率直なところ……」
 担任が、言った。
「仕方ありませんね」
 レムリアはため息と共に言い、そして。
「ググレカス」
 小馬鹿にするように言ってやった。
「は……?」
 内容について行けず、教員二人はまごまご。
 対し父親は大笑い。通じない悪口は、ウケない冗談よりタチが悪い。
 父親は唇の端に笑みを残して。
「学校に戻って『ぐぐれかすってどんな意味?』とあなた方に都合の良い生徒たちに訊いてみるんですな。それこそ『ググレカス』って返されるかも知れませんがね。道理で裏サイトだネットいじめだ、なんてモノが流行るわけだ」
 父親は言った。
 ググレカス……インターネットの検索サイトgoogle(ぐーぐる)で検索する行為を、ネット上の遊び言葉で“ぐぐる”と言うが、ここから発展したネットスラングで、『なんでお前の調べ物をオレが調べてわざわざお前に教えてやらなくてはいかんのだ。ネットの掲示板で人に訊くなら、その掲示板を見ている道具(パソコン)で、グーグルでも使って検索してみろカス野郎』程度の意味である。
 
(つづく)

|

« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-113- | トップページ | 総武快速passing love ~新小岩~ »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グッバイ・レッド・ブリック・ロード-114-:

« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-113- | トップページ | 総武快速passing love ~新小岩~ »