« 総武快速passing love ~錦糸町~ | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-141- »

2011年1月19日 (水)

グッバイ・レッド・ブリック・ロード-140-

←前へ次へ→
 
 できちゃった結婚、成り行き故の性格不適合、夫婦生活の破綻、そして双方それぞれの愛人。
 
“邪魔な子”
 
 レムリアは真由と共にベッドに上がり、由香を抱きしめずにはいられなかった。真由と二人で由香が痛がるくらいにその身を挟んだ。
 涙が勝手に出てきて止まらない。子どもが親に言われる言葉として、これほど、これほど酷い言葉が他にあるか。
 そして、この告白は、百戦錬磨の気配を感じる坂本教諭にも、涙をもたらした。
「この事実を担任は……家庭訪問の際とか……」
 坂本教諭は目元をハンカチで拭って訊いた。
「いえ、問われなければ言わないこと、としておりましたので。ただ、あなた様方は別です。由香がそのような不祥を働きましたのにお許し下さる。どころか、癒そうとさえしてくださる。そのようなお心をお持ちの方々に隠し事など毛頭……」
 祖母が涙を拭う。
 その言葉にレムリアはちくりと心が痛かった。なぜならそこまで秘密を明かしてくれた相手に、正体を隠している自分がいるからだ。思わず、その“隠し”に感づいている坂本教諭をちらっと見てしまう。
 ただ、こればかりは容易に口に出来ない。真由に対しては“自然な形で”バレたし、結果むしろ“ヒミツの共有”という観点で友情の醸成に働いた。しかし、ここでそれを言うのは無関係だし、どころか逆効果だと思われる。過去振り返ると、自分がそれと知った瞬間、“普通”に扱ってくれなくなる、“一歩引いて”しまう場合が多いからだ。この、真由ちゃん由香ちゃん救出作戦にそんな身分肩書きは無関係だし、それで周囲の反応が変わるのはむしろ困るし邪魔だ。
 もし、仮に、その肩書きが必要となるならば、その時が来れば自ずから明らかになるだろう。そんな気がする。
 
(つづく)

|

« 総武快速passing love ~錦糸町~ | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-141- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グッバイ・レッド・ブリック・ロード-140-:

« 総武快速passing love ~錦糸町~ | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-141- »