« 【魔法少女レムリア短編集】夏の海、少女(但し魔法使い)と。【5】 | トップページ | 【魔法少女レムリア短編集】夏の海、少女(但し魔法使い)と。【7】 »

【理絵子の小話】出会った頃の話-2-

←前へ次へ→
 
「黒野さん」
 終業学活が終わった直後、理絵子は担任に呼び止められた。
「はい」
 荷物を持ったり、友達の元へ歩み寄ったり、そして出入り口へ向かう……そうした流れと喧噪の中で理絵子は立ち止まり、担任の手招きに応じた。
「ちょっとこれ持って職員室まできて欲しいんだけど」
 教卓の上、黒い表紙のクラス名簿を持たされる。あたかも職員室まで持ってこいと言わんばかり。
 が、それは仕事を手伝わせているかのように見せかけるポーズに過ぎない。実際にはもう少し複雑でクラスメートには秘密にして欲しい何かがある。
 それで用向きはピンと来た。気付いてないわけでは無かった。
「判りました」
 理絵子は名簿を抱えると、隣のクラスから自分を呼びに来た友達に「ごめん」と残して担任について行く。
「りえぼーが拉致された~」
 と、笑いを誘った友人の名は田島綾(たじまあや)という。
 帰宅の流れに逆らい、階段を登り、職員室に入り、担任に少し待たされ、「こっち」と、職員室を横断して案内されたのは〝生徒相談室〟。
「ごめんね突然、座って」
 後ろ手に扉を閉めながら、担任は着座を促した。
「はい」
 相対するなり、担任はとんでもないことを切り出した。
「あなたが学級委員を引き受けてくれることに期待がありました」
 首を傾げたら。
「出席番号女子の8番」
 名簿を開く。欠席を意味するチェックマークが1名だけ記入済み。
「桜井優子(さくらいゆうこ)さん?」
 やっぱりか、理絵子は思いながら空席の主であろう名前を口にした。
「ええ。彼女ね、去年殆ど出席がなかったのよ」
 つまりトラブル抱え。
「去年は何組だったんですか?」
 理絵子は訊いた。その去年の担任や学級委員をやってた子に訊いて……〝期待〟とは恐らくそういうことだろう。
「2年3組」
 担任は言い、理絵子は3組の担任、委員を記憶から呼び出そうとし、気が付いて目を見開いた。
 2年、と担任は言った。自分たちは今年2年生。
 つまり。
「同級生の先輩、ということですか」
「そう。仕方ないんだけど、ますます登校しにくくなるんじゃないかと」
「立ち入ったことを訊くようですけど、理由は?」
 
(つづく)

|

« 【魔法少女レムリア短編集】夏の海、少女(但し魔法使い)と。【5】 | トップページ | 【魔法少女レムリア短編集】夏の海、少女(但し魔法使い)と。【7】 »

小説」カテゴリの記事

理絵子のスケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【理絵子の小話】出会った頃の話-2-:

« 【魔法少女レムリア短編集】夏の海、少女(但し魔法使い)と。【5】 | トップページ | 【魔法少女レムリア短編集】夏の海、少女(但し魔法使い)と。【7】 »