« 【魔法少女レムリア短編集】東京魔法少女-5- | トップページ | 【妖精エウリーの小さなお話】花泥棒-13- »

【魔法少女レムリア短編集】東京魔法少女-6-

←前へ次へ→
 
 “魔法”と言われて、レムリアはちょっとドキッとしてから笑顔で言った。
 真美子ちゃんの指摘は実は正しい。レムリアはそう呼ばれる特殊能力の持ち主である。嘘をつくのはイヤなので否定はしない。ただ、真面目にその言葉を口にしても取り合ってもらえないので、自ら口外する気もない。
 ちなみに、彼女の能力はまだ半人前で、魔法もののアニメのように動物と会話することは無理である。ただ、意志は伝わるし、意図は判る。
「ハリーが真美子ちゃんをおうちまでエスコートするそうです」
 自分の仕事は終わり。レムリアは思い、そう言った。
 しかし。
 立ち上がろうとするレムリアをハリーがじっと見つめる。
「行っちゃうのかい?」
 と、主人氏。
「え~お姉ちゃん行っちゃうの?」
 と、真美子ちゃん。雲行きの怪しい表情でレムリアを見上げる。
 それでレムリアは知った。真美子ちゃんは自分になついてしまった。
 “区切りがつくまでそばにいる”……そんな気がした理由はそういうことか。
「やだ~。お礼もしてないのにぃ。まみのうちに来てよ~」
 真美子ちゃんは行かすまいとするかの如く、レムリアの手を両手でしっかりつかんだ。
 そこで店の主人氏が店内に戻り、女将さんがレムリアに歩み寄る。
「あんた、いきなりで悪いんだけどさ。この子、家まで送っていってやってくれないかね。ほら、最近いろいろあるでしょ?。ここ……変なの多いしさ」
 女将さんは顎と目線でレムリアの左上方を指し示した。
 ビルの屋上に設置された大きな看板。媚びた女の子のイラストが描かれている。いわゆる“美少女ゲーム”の広告である。
 レムリアはその意図を解した。確かに、この街にはそういう方面にばかり意識が向いている人間、本能的に接近したくない、見られたくもないというタイプがチラホラいる。
 幾ら、“知らない人に云々……”と言ってもだ。さっき飛び出したのと同じである。現に真美子ちゃんは見ず知らずの自分とここにいる。
「ハリーが吠えなかったんだ。あんたを見込んでさ。お願いできないかね」
 女将さんのまなざしにレムリアは頷いて返した。なすべき行動は一つしかあるまい。
 そこへ主人氏が戻ってくる。白い買い物ビニールと、スープの材料であろう豚の骨。まず、豚の骨を真美子ちゃんに渡し、ハリーにあげるよう一言。
 
(つづく)

|

« 【魔法少女レムリア短編集】東京魔法少女-5- | トップページ | 【妖精エウリーの小さなお話】花泥棒-13- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【魔法少女レムリア短編集】東京魔法少女-6-:

« 【魔法少女レムリア短編集】東京魔法少女-5- | トップページ | 【妖精エウリーの小さなお話】花泥棒-13- »