« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-069- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-070- »

【理絵子の小話】出会った頃の話-16-

←前へ次へ→
 
 きっかけは親同士の交流。その時点では優等生。
 家庭教師もするなど優しくて面倒見も良かったという。
 しかし受験に失敗して荒れ出した。そこで桜井優子がマスターに話を持ちかけ、彼はマスターの元で思う存分〝暴れた〟。
 そして、程なく、桜井優子を誘った。
 挙げ句、暴力で束縛する存在に成り果てた。
 成り果てるまでの紆余曲折は知らぬ。マスターも理絵子も細かいことは言わなくていいと言ったからだ。優しかったはずがDVの常習になったというパターンは枚挙に暇が無い。似た経過と容易に想像が付く。
「自分、疑わないっすか」
 桜井優子の側に非があると二人とも言わなかった。基づく質問。
「男が女に手を出した時点で罪/ワルだから」
 マスターと理絵子は声を揃えた。文末は違ったが。
「自分、ワルっすよ。不良っすよ」
「本当のワルは自責を口にしないよ」
 マスターは言うと、カウンターに戻ってコーヒー豆を挽き始めた。
「ワル甘やかしちゃだめですよ」
 桜井優子は下を向いて唇を噛んだ。マスターは聞こえないかの如く口笛吹いて手回しミルをガリガリ。
「それでだ。奴とのことは判ったよ。問題はだ。AとBは奴の側に与したわけだ。理絵ちゃん、あいつらの学校側の評判聞いてるかい?」
 AとBは件の不良3年生である。名を伏す。
「殆ど学校に来ないで万引き喫煙ファミレス徘徊」
 理絵子はさんざ聞いてる悪行の本質を要約して伝えた。勉強サボって遊ぶにしたって遊ぶオモチャかカネが要る。オモチャのバリエーションは限られるのでやがて飽きてしまい、日がな一日ブラブラすることになる。
 そのまま大人になると、日がな一日生活保護の支給金をギャンブルにつぎ込む。
「今まで目をつぶってきたが限界かな」
 マスターは言い、コーヒーの抽出を行いながら〝小倉抹茶名古屋盛り〟の〝製造〟に着手した。
「ウチは硬派が条件だ。従わない以上去ってもらうしか無い」
 小倉抹茶名古屋盛り……小倉抹茶パフェがベース。但し8分の一にカットした抹茶ケーキが尖塔のようにそそり立つ。
 その上に更に生クリームを盛る。
「すいません、自分が余計なこと」
 桜井優子は言った。
 サイフォンがゴボゴボ音を立てて程なく琥珀色の雫が落ちきった。
 ストレートのブラックが桜井優子に供され、理絵子の前には抹茶とクリームのタワー及び、コーヒーをベースに製造されたマンドラゴラブレンド……製法は秘す。
「いいってことよ。腐った実はいつか自分で落ちるもんだ」
 
(つづく)

|

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-069- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-070- »

小説」カテゴリの記事

理絵子のスケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【理絵子の小話】出会った頃の話-16-:

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-069- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-070- »