« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-115- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-117- »

アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-116-

←前へ次へ→
 
 跳弾の音があり振り向くと、吹き飛ばされ消失した建物の周囲から、傭兵達が発砲しながら接近してくる。幾らかウェアに着弾すなわち命中する。もちろん防弾なのでケガはしないが、痛いことは痛い(急圧縮されると硬化する素材を使用)。
 そこへ船が降下する。離着陸の爆風を持って傭兵達を吹き飛ばし転倒させ、研究フロアをフタするように船体を降ろす。
 おびえる人々にレムリアは呪文を唱える「(月よ我が身に我が思う映し身を)」。
「ガラスを割りたい」
 人々には、そう訴える天使の姿が見えたはずである。
『振動を加える。伏せさせろ』
〈ガラスを割ります。身を伏せて。ベッドの下へ〉
 ガラスが一瞬にして白く曇ったようになり、中が見えなくなる。船の発した超音波の振動で粉々になったのである。ただ表面にフィルムが貼ってあるのか飛び散ることはない。
 再び銃弾が飛び交う。今度はその海の方からである。小型舟艇が幾つか、ライト輝かせて接近するのが見える。傭兵達が攻撃用高速小型船を駆り、そちらからも入ってきたのである。
 アリスタルコスが船に向かい走るが、間に合うか。架台は甲板中央にあり、そこから舟艇群を狙うのは船体が邪魔で不可能である。架台から外して降りねばならぬ。
 その時、各人のイヤホンに再びピン2連発。
『何か巨大な擾乱が接近……クジラだ』
 シュレーターが、言った。
 黒い怒濤のように海の中から巨体が現れ、そのまま、研究所側のコンクリートの護岸へ乗り上げ、下半身を左右に振り回す。生じた波と図体の力によって舟艇群はあっさりと転覆し、ライトも銃弾もそれきり途絶えた。
 波が研究所に流れ込み、各人の足もとを洗う。ガラスの室はフィルムが剥がれたか、磯の砂城よろしく粉々にくずおれた。
 
(つづく)

|

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-115- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-117- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-116-:

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-115- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-117- »