« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-120- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-122- »

アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-121-

←前へ次へ→
 
 レムリアはフードを外して顔を見せる。
「助けるから」
 魔法に物を言わせ、繋いでいた鎖から解き放つ。
-もうだめ。逃げて。
 それは、あのクジラからの最期の声。
 爆発音、及びイヤホンにピン。ピン二重。
『爆発と火炎。炎が滝のように流れ込む。直ちに離脱せよ』
 されど退路はない。自分たちが降りてきたその方向から、熱い風が来る。
 欧米の捕鯨は、ランプの油、すなわちクジラの体液が目的であった。
 その油が火を噴いたか、滑り台を炎が洪水となって駆け下りてくる。
 相原は……所長と交戦中。殴りかかる相原と、ジュラルミンケースを盾に防戦一方の所長。
 双子が自分たちを実験室へ放った。そして次に、相原が自分を放った。
 今度は……自分が相原を。
 彼をここから引き抜き、しかも、高速で離脱する。
 方法は……ある。
 レムリアは馬の目を見た。
〈お前名前は〉
〈スズカ〉
〈スズカ、私たちを乗せなさい。地上へ〉
〈お任せを〉
 果たして、相原が見たのは馬上の少女。
「乗って!」
 レムリアは手を伸ばし、相原の背中に言った。
 相原は見返して驚いた。しかし躊躇無く彼女の手をつかみ、ジャンプして馬の腰へ。
 それは、どうにかレムリアの後ろによじ登ったという表現が正しい。彼に乗馬の経験が無いことは訊くまでもない。
「両足で馬の身体を締め付けるように。それで私に抱きついて」
 相原はレムリアの腰に手を添えたが。
「もっとしっかり!リズムに合わせてバランス取って。行きます」
レムリアは馬の横腹を軽く蹴った。
 相原の姿が無様に見えたか、所長が嘲るように笑い、デコボコのジュラルミンケースをトロフィーのように頭上に掲げた。
 その後は、知らない。
「行け!」
 少女が馬を駆る。
炎に包まれ、崩壊し始めた地下構造中を、少女と青年を乗せて馬が走る。
 
(つづく)

|

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-120- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-122- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-121-:

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-120- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-122- »