« 10Minutes10Years【前】 | トップページ | 10Minutes10Years【後】 »

2011年10月22日 (土)

【魔法少女レムリアシリーズ】豊穣なる時の彼方から【1】

←レムリアのお話一覧次→  
 こんな暑い土地にお菓子を持ち出すのは適さない。
 溶けるからだ。砂糖を含んだものなんか特にそう。ただ、お菓子は子ども達に受けが良いし、少ない量でカロリーが多めに取れる。持参できる食品の量に限りがある中で、効率がいいのだ。
 アフリカ南部。内戦で村を破壊された人たちの難民キャンプ。
 テントの中で男の子が囓っているのは日本の“塩せんべい”。溶けてベタベタしないものは何か、を探した結果の試みがこれ。不思議な光景のようだが、アフリカ大陸の東に浮かぶマダガスカルは米の産地。大陸側近隣に米食文化が広がっていたかも知れない、ということからの思いつき。
「Soeur avec des cheveux noirs.」
 たどたどしいフランス語で、男の子に呼ばれて、彼女は振り向く。
「Mangez-vous plus de sucreries je?」
 せんべい片手の彼女を見たならば、日本の中学校の看護師体験学習かと見まがうであろう。彼女は確かに白衣に身を包んでいるが、その顔立ちは“ころん”として、少女マンガのヒロインのようで、ショートカットの髪は黒く、髪と同じく黒き瞳には星空を蔵す。
 しかしここはアフリカ大陸であり、彼女が操ったのはフランス語である。ちなみに、「黒髪のお姉ちゃん」と呼ばれて、「もっと食べるの?」と応じた。
 すると。
「Une personne est morte」
 男の子は淡々とそう言い、せんべいをばりっとかじった。
「Est-ce que vous avez regardé une personne morte?」
 彼女は目を剥いて訊いた。同時に彼女の後方、ノートパソコンを見ながら何事か会話していた白衣の数人から、背の高い男が振り向いた。彼は欧州人種であり、ブロンドの髪に青い瞳。
 以下日本語で記す。
「死体だって?」
「ええ確かに、そう言いました」
 彼女は応じながら立った。身長152センチ。その背と顔立ちは、欧米人主体で構成される国際医療ボランティア“欧州自由意志医療派遣団”の中にあって、ひときわ小柄で幼く見える。しかしそれが逆に、子供たちには親近感を与えるようだ。
「見てきます」
「気をつけて」
 送り出されてテントを出ると、ひたすらな赤土の大地。
 焼け付く日差しと揺らめく陽炎。
 
(つづく)

|

« 10Minutes10Years【前】 | トップページ | 10Minutes10Years【後】 »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【魔法少女レムリアシリーズ】豊穣なる時の彼方から【1】:

« 10Minutes10Years【前】 | トップページ | 10Minutes10Years【後】 »