« 【魔法少女レムリアシリーズ】博士と助手(但し魔法使い)と-09- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】博士と助手(但し魔法使い)と-10- »

【理絵子の夜話】犬神の郷-4-

←前へ次へ→
 
 開けっ放しの玄関で温度の下がった部屋に対し、ガスファンヒータの設定温度を上げ、紳士らにコタツを勧めると、紳士らはその前に、と、部屋奥の神棚に参じて頭を下げた。
「彼女をわざわざというあたり、神様に繋がる深刻なご用とお見受けしましたが」
 本橋美砂は主人氏の傍らに座して問うた。
 対し紳士らは多少困惑の表情を見せ、そのうち紳士2名が組長氏を見つめた。
 宿の夫婦の表情も一変する。
「お友達とあらば、よかろうて」
 諦念か苦渋か、組長氏は言った。
「どうぞ、まずは笑わずに最後まで聞いていただきたいのですだが」
 紳士らは、その冬山登山ルートたる分水嶺の向こう、県境越えての集落から徒歩で来たと言った。この地域は廃藩置県以前より現在の県境を越えての付き合い、共通の文化や習わしがあるが、そうした共通項の1つに地区ごとに“組”という自治組織を持っており、その長……組長……と幹部だという。ちなみに、宿夫婦の表情変化もそうした地域共通の認識、とりわけタブーに属することと気付いてのものによる。
「わでらのとごでは、毎年最初の積雪を見た日に、その年に収穫したわら束を使って占いの儀式を行う(おこのう)ておりまず」
「ああ、わらしべ伺い、ですな」
 主人が補足する。
「ですだ。で、……」
 近年まれに見る凶相が出た。組長は言いにくそうに言い、更に一言ずつ絞り出すように、
 それは、犬神が収穫の代償に生け贄を要求している証なのだ、と言った。
「すまねえな。突拍子も無いこどで」
「いいえ、オオカミ、イヌカミ伝承は良く聞きますよ。元々オオカミは犬の姿をした神様で、って奴ですよね」
 本橋美砂は柔らかく言った。漢字で書くと近親性がより明確になろう。大神・犬神だ。
「んでずだ。そで、ですな。そで……」
 組長氏は言葉を繋ごうとし、躊躇し、茶を含み、ハンカチを取り出して額を拭った。
 
(つづく)

|

« 【魔法少女レムリアシリーズ】博士と助手(但し魔法使い)と-09- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】博士と助手(但し魔法使い)と-10- »

小説」カテゴリの記事

理絵子のスケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【理絵子の夜話】犬神の郷-4-:

« 【魔法少女レムリアシリーズ】博士と助手(但し魔法使い)と-09- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】博士と助手(但し魔法使い)と-10- »