« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-035- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-037- »

アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-036-

←前へ次へ→
 
 この、彩なす光たちを、数百万度の炎の毒花が引き裂こうというのか。
 乱雑なキノコ型が乱れ咲き、無秩序にしようとしているのか。
 そうとはとても思われない。レムリアは首を左右に振る。今追いかけているのが核ミサイルであり、間もなくここにそれが映し出されることを信じたくない。
「寒いのか?」
 相原に訊かれて「違う」と答え、歯を食いしばる。
 レーダが捉え、カメラが追い、スクリーンにミサイルが映った。
 大陸間弾道ミサイル。いわゆる広島型原爆の1000倍を越す破壊力を持つ、文字通り空飛ぶ地獄。
 この種のミサイルは宇宙空間に飛び出すと弾頭部のみとなる。ロケットエンジンで宇宙まで送り出され、後は地球重力で目標へと落ちてゆくのだ。
 船がミサイルに近づいて行く。大量死を乗せ、宇宙を漂う流線型のカプセル。
 頭上には地球。
 目標まで手のばせば届くほど。
「加速用意。周囲に影響を受ける衛星はないか」
 アルフォンススが言った。
 レムリアは自コンソールの画面を見る。ドクターが加速レバーに手をかける。
「ありません。加速可能です」
「加速、光圧シールド」
 レムリアの言葉を聞き、アルフォンススが指示を出す。ドクターがレバーを押し込み、船は瞬間的に加速する。
 シールドの光圧で弾頭を突き上げる。所定の地球落下軌道を大きく外れ、宇宙空間遙か彼方へと放り出される。
「弾頭速度毎秒15キロ」
 レムリアは報告した。次いでセレネが軌道計算。
「地球に戻りません。このまま宇宙空間に遺棄されます」
 それは成功を意味すると知る。
「こいつら基本的にはこの方法で行けそうだな」
 相原が言い、レムリアは安堵には早いと言い聞かせながら頷いた。
「よし、次だ」
 アルフォンススが言った。
「はい。第2目標、進路前方2千4百キロ」
 
(つづく)

|

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-035- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-037- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-036-:

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-035- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-037- »