« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-040- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-042- »

アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-041-

←前へ次へ→
 
 船の能力を持ってすれば、姿を隠せば良い話ではある。しかし、何せセイル推進中は光を帆に当てる必要があり、光圧シールドでそれを邪魔するわけにも行かぬ。
「共産諸国間の通信トラフィック急増」
 セレネが報告。
「バレたか」
 これは相原。
「判っている。だが後回しだ。シュレーターどうだ」
「遠い。少し任せてもらっていいか」
「了解」
 アルフォンススの解を受け、シュレーターは舵を振った。応じて船は船尾をガラガラヘビのように振り回し、光が竜巻のように渦巻き拡散する。
 レムリアはレーダとテレビカメラの感度を目一杯引き上げた。拡散する光がMARV子弾頭を幾らか吹き飛ばして行く。子弾頭は小型で軽いので、圧力でひしゃげて中身が…という心配は逆にない。
「これでどうだ」
 シュレーターが言い、光を止める。
 レーダの表示が落ち着くまで待機。
 そして、擾乱の収まった画面に、顔が凍り付くかとレムリアは感じた。
「ダメです!5発が大気圏に突入。あ、親弾頭もう一つが所定のコースで大気圏に入ります!」
 自分の声に操舵室が緊迫するのを感じる。大量の小型核弾頭が雨あられのように地上に降り注ぐ。
 放っておけば。
 しかし標的が小さすぎる。とても地上に達する前に全部を発見、処理しきれそうもない。
 レムリアは相原を見、アルフォンススを見る。
「遅れたか……副長、全弾頭の落下地点計算まだか」
「はい。先の5発は北極海からシベリア……詳細は確定できません。後から落ちた、まだ展開していない方の弾頭は……そのままの軌道を取れば……」
 セレネはキーボードを叩き、船のコンピュータとのやりとりが文字列でスクリーンに流れる。
「どうした」
「……出ました、ウラル山脈東方。未登録都市?どういうことでしょう。衛星写真を出します」
 
(つづく)

|

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-040- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-042- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-041-:

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-040- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-042- »