« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-070- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-072- »

アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-071-

←前へ次へ→
 
「(……今回ミサイルを処理したのは、あなた方が犯人だという私たちとこの船です。しかし、それはあなた方の国家、そして上院議員にとっては、あってはならない事態でした。
 なぜなら、外見上は世界の正義であるべき合衆国が地球規模の危機を招聘したことになるからです。そして何より、私たちは他ならぬ議員の所業を全て知っているからです。医療研究と称して有色人種殲滅に血道を上げ、せっせと人殺しの細菌を作っていたことを。
 報道の通り、私たちは研究所を破壊しました。それは事実です。ただ、そこが遺伝子解析技術を使い、特定の人種のみに作用する病原菌の開発を行っていたことも事実です。そこで生じたのがこの事件です。私たちを犯人に仕立てて抹殺しようとしたのでしょう。過去、大規模テロリズムで多大の犠牲(※1)を出した貴国にとって、核テロ制圧は喧伝できる大きな手柄、あなた方の国が大好きな“プレゼンス”には充分です。一石二鳥、三鳥でしょうか。しかも、そこには恐ろしいことに、仮に失敗して核が自国に落ちても自分だけは大丈夫という確信があった。調べてご覧なさい。この男、偶然にもその時エリア51(※2)の地下にいたのですから。
 あなた方が核ミサイルを落としたのに使ったという、ミラートラッキングレーザ砲は、何のことはない、核ミサイルではなく私たちを撃ち落とすべく使われました。あまつさえは命令解除を無視し、少女を撃ち、更にわたくしを撃ち、この機関砲の弾丸の山は何ですか?あなた方国家の暴力を背景にした無理強いごり押しはもう沢山です。
 さあ捕らえなさい。撃って凱歌を上げなさい。生き証人は消えても真実はこのように映像に残っています。たとえ私たちがここで骸となっても、全ての映像は公開されます。あなた方の国家が、私たちによって殺されたと主張する人々は、私たちによって救い出され、いま国連総会の場にいます。見ての通りです。
 天安門のように、尖閣諸島のように、真実を提示されてもなお否と言うならご自由に。世界中があなた方を見ています。それでも良かったら撃ちなさい。合衆国という国家を、2億6千万の国民を、誇り高い星条旗を、世界の恥さらしになさい)」
 ※1:2001年9月11日の同時多発テロのこと
 ※2:空軍の基地。有事の際、臨時政府として機能する大規模地下核シェルターを備える
 
(つづく)

|

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-070- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-072- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-071-:

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-070- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-072- »