« 【理絵子の夜話】犬神の郷-17- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-083- »

アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-082-

←前へ次へ→
 
 何で?
 自分が女だから?
 好きと言われたから?
「恥ずかしいって?」
「だって……あなたの一部なわけじゃん」
 ぎゃー!何言ってるんだ私。
「そういう捉え方するから赤くなるんだ。ガクジュツ的には単なる蛋白質と糖の分子の集合体に過ぎんだろうが」
 相原が心なしかニヤニヤ笑っているように見える。逆に主導権を取られたと感じる。
「で、でもDNAはあなたのものを持ってるわけじゃん。それが……」
「何が言いたいんだ、何が。血液細胞は自己繁殖はせんぞ。そーいうことは良く知っとるはずだろうが」
「でも……」
 言い返したいが、言い返したいために言葉を選ぶと逆に意識しちゃって空回り。
 何だこれ。自分、何だこれ。
 冷静さはどこ行った。
「じゃ返すか?血漿なんかもう同化してるから分離できんぞ」
「エッチ!」
「あのなあ」
「傍から見てるとイチャ付いてるようにしか見えんわね」
 ノックがあって先程の看護婦である。食事一式を載せたプラスティックのお盆と、何やら茶色の紙袋を持って立っている。
「はい食事持ってきたよ。あんたはこれね」
 はんてんの騎士には紙袋の中からあんパンがひとつ支給された。90円。消費税込み。
「あっと、お箸大丈夫だっけ」
「はい」
 レムリアのベッドにテーブルがセットされ、食事が置かれる。
 お盆の上は純和風。
「いただきます。あーおなかペコペコ」
「どうぞ。それとこれね」
 看護師は再び紙袋に手を入れる。それはレムリアのウェストポーチ。
「あ」
 レムリアは箸を置き、ポーチを手にした。
「どうもすいません」
「ベルトの所血が染みててね、クリーニング。さっき届いたのよ」
「綺麗に取れてます。で、あたしの名前はこれです」
 レムリアはポーチを開き、彼女が属する医療派遣団のIDカードを取り出した。
 
(つづく)

|

« 【理絵子の夜話】犬神の郷-17- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-083- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-082-:

« 【理絵子の夜話】犬神の郷-17- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-083- »