« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-086- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-088- »

アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-087-

←前へ次へ→
 
「やっぱりレムリアだ。ってか、よくさぶいぼなんて言葉知ってるな」
「いいよそっちで。私だって……その、ボランティア活動の芸名とでも言うかな、ニックネームそっち使ってるから。メディアなんてマスコミかディスクじゃあるまいし、ましてや姫だの王女だの……ガラにもない」
「でも王女様なんだし…気が引けてさ。某国だってそういう血筋の方は宮様って呼んでるし」
「嫌、血筋は意識したくない」
「なんで。プリンセスは女の子の憧れ、ってのが童話の定番だし、グレース・ケリーとか、某国でも似たような事案は国あげて羨望のまなざしだけど」
 相原のシンプルな質問にレムリアは答えを躊躇った。普通の女の子は姫様になれると聞いたら喜ぶであろう。比して最初から姫だと姫なりの事情があるのだ。
 恐らく、今後のことを考えると、彼には正直に話すべきなのだろう。が、今それを全て話すのは時期尚早、というか、おのずと知ってもらう時が来る、そんな気がする。
 なので。
「いい思い出ないもん。多分その宮様にも大なり小なりあると思うよ」
 レムリアは目線を外した。
 相原は両の手を広げて軽く持ち上げた。アメリカ映画で諦念の意思表示に使われるジェスチャー。
「判ったごめん立ち入ったこと訊いて。レムリアとしか呼びません」
「いいよ、別に」
 レムリアは笑った。ごめんね。
 すると、相原は薄笑みを浮かべて。
「姫君か。船乗って奇蹟を起こして回る姫ね……いいじゃんか、ミラクル・プリンセスだな」
「えっ……」
「かっこいいじゃねぇか。姫様舞踏会でドレス引きずり回してるだけじゃねえぞってな」
 レムリアはブッと吹いて笑った。姫様イメージぶちこわし。
 彼の目が、レムリアを見る目に戻ったと知った。
「副長とか、どうしただろ」
 話題を変える。“最大の懸念”が解決したせいだろう、次の心配はそっち。
 
(つづく)

|

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-086- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-088- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-087-:

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-086- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-088- »