« 新作ちゅーかその後の話なんだけど【レムリア】 | トップページ | 【理絵子の夜話】犬神の郷-30- »

【魔法少女レムリア短編集】夜無き国の火を噴く氷-10-

←前へ次へ→
 
「(おお、これだよ。ミスターニッポン)」
 主治医が差し出したのは分厚い手袋。相原学が彼女を通じて事前準備を依頼したもの。
 相原学はマヌエル君の車いすの前にジュラルミンケースを置き、留め金を外し、借り受けた手袋を手に嵌めた。
「(手に持てないほど冷たいのか?)」
 マヌエル君が尋ねた。
「マイナス25度。ドライアイス並だ。素手で持ったら皮膚が損傷してくっついてしまうよ」
 相原学はそう言いながら、ケースの蓋を開けた。なお、病院には多く液体窒素冷却されたサンプル等の扱いがあり、この種の手袋は珍しい物ではない。
 中の冷気に空気中の水分がサッと凝結して霧を生じる。相原がパタパタ追いやると、黒に着色された発泡スチロールの容器に、理科の実験でおなじみの三角フラスコが嵌め込んであり、その中に、〝氷〟が入っている。
 一見すると砕いた氷菓の如し。
「これが、火を噴く氷だ」
 相原学はフラスコを傾け、霧たなびかせるそれをコロコロと手袋に載せ、握り砕いて幾らかのカケラとし、その一つを持ち、少しそのまま置いた後、これまた主治医から借り受けたライターの炎を次第に近づけた。
「(おっ!)」
 ボッと音を立てて氷が炎を噴き、マヌエル少年が目と口を揃えて丸くする。それは固形燃料か、或いは角砂糖に点されたブランデーの炎か。
 文字通り氷が直接燃えるという状況を呈しながら氷は溶け、炎もろとも消えた。
 マヌエル少年は声も出ない。
「(判ったぞミスターニッポン。メタンハイドレートだ)」
 主治医が指をパチンと鳴らした。
「ざっつらいと」
 相原学は言って、手袋をマヌエル少年の腿に置き、もう一度そこで燃やして見せた。
「(それを食うのは医師として感心しないぞマヌエル)」
 
(つづく)

|

« 新作ちゅーかその後の話なんだけど【レムリア】 | トップページ | 【理絵子の夜話】犬神の郷-30- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【魔法少女レムリア短編集】夜無き国の火を噴く氷-10-:

« 新作ちゅーかその後の話なんだけど【レムリア】 | トップページ | 【理絵子の夜話】犬神の郷-30- »