« 【魔法少女レムリアシリーズ】ミラクル・プリンセス-082- | トップページ | 【恋の小話】星の生まれる場所(1) »

2013年4月24日 (水)

【魔法少女レムリアシリーズ】ミラクル・プリンセス-083-

←前へ次へ→
.
 それ自体は、恐らく、災害時などに備え用意していたのだろう。そして、どうやら……あってはならないことだが、通常の診察・治療に用いる除細動器を借り出す許可が取れず、これを持ってきたらしい。
 と、看護師達の間に一瞬躊躇。
 その理由をレムリアは大体読み取った。呼吸を高木看護師に代わってもらう。
「勝手に使ったのは部外者の私ということで。凄いですね。人命すらも合理化の対象ですか。それともとりあえずの搬送先が無い?」
 レムリアは相原と同じ皮肉を言い、さっさと装置の封を開き、パジャマの下にシール状の電極をセットし、ケーブルを繋ぎ、電源を入れた。まいかちゃんの担当看護師に年齢を再度確認し、性別をセットする。
 合成音声。『今から心電図を解析します』……各自まいかちゃんから手を離し、ベッド付属の電気装置のケーブル等も外し、心臓マッサージも一旦停止。
 解析が終了。心室細動という判定。
「大丈夫」
 レムリアはひとこと言った。
『徐細動処置を行います』
 ボタンを押せの指示が出、当該のボタンが赤く点滅する。
「みんな離れて。そして祈って」
 レムリアはボタンを押した。
 AEDが作動。ブザーが鳴り、まいかちゃんの身体が大きく動き、そして戻る。
 そのまま少し。
 心電図が再度解析される。
 多少の乱れの後、レムリアは心臓マッサージを再開しようとし、その手を引っ込める。
 一定のリズムを刻んで波形が描かれ始めた。
 成功。問題ない旨の音声。医師を呼べと繰り返す。
 この際看護師達に瞠目(一回で蘇生したためか?)が見られたが、レムリアは気付いていない。
 由利香ちゃんが手首を握る。
「脈拍感じます」
 それから程なく、まいかちゃんが大きく音を立てて呼吸を再開した。
 脳への血流が滞ったせいもあり、意識まで回復したわけではない。ただ、呼吸心拍とも安定しており、危機を脱したのは確かである。
 レムリアは子ども達にVサインを作って見せた。
.
(つづく)

|

« 【魔法少女レムリアシリーズ】ミラクル・プリンセス-082- | トップページ | 【恋の小話】星の生まれる場所(1) »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【魔法少女レムリアシリーズ】ミラクル・プリンセス-083-:

« 【魔法少女レムリアシリーズ】ミラクル・プリンセス-082- | トップページ | 【恋の小話】星の生まれる場所(1) »