« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-16- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-17- »

【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-19-

←前へ次へ→

 
 従って当然、“死んだ”という認識はありません。帰るべき親元や飼い主、死後導く者……つまり妖精……そのどれもが存在せず、ここにとどまって困っているだけ。
 トラック側の扉が閉まり、反対側、施設内奥側の同様な扉が開き、フォークリフトが去って行きます。もちろん無線操縦なのですが、決まった軌道を往復するでなく、機械同士が連携して動作しているわけでも無い。それは意志の介在を感じるその動きであって、言うなれば幽霊が乗っているよう。
 ブザーが鳴って赤い回転灯が点滅し、施設側扉が閉まり始めます。
 音声警告。“これからガスが出る。直ちに退出せよ”。
〈エウリーさん〉
 動物たち、とりわけミミズクから感じる不快感。同時に私の袖の中で震えるものあり。
 震えるものは手のひらサイズの液晶画面。そういう携帯電話(作者註:スマートホンのこと)のようですが、実際にはコンピュータ。21世紀になり妖精の基礎知識では判別できない人造物質が多くなり、その解析にと持たされたのです。ガイア様のおっしゃった“あれ”の正体。
 画面には。
 
 警告:根源不明強大磁力
 
 鳥たちは体内磁石で方角を感知します。これだけの磁力があれば体調もおかしくなるでしょう。
 フォークリフト側の扉が閉まります。
 音が聞こえなくなる。
 照明が消える。
 金属の箱。
 重い物が動いてきます。透視に寄れば上からワイヤで吊られた大きな円盤。
 巨大な磁石と判ります。コンピュータの言う磁力の正体。
 コンテナの蓋に吸着し、外されます。
 コンテナの中があらわになります。とは言え照明がついてるわけではなく、暗闇で赤色灯が点滅しているだけ。その周期に合わせてコンテナの中、累々たる亡骸がフラッシュ状に照らされます。
 この鉄箱の中の膨大な死。
 

|

« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-16- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-17- »

小説」カテゴリの記事

小説・妖精エウリーシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-19-:

« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-16- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-17- »