« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-17- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-18- »

【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-20-

←前へ次へ→

 
〈バリアは〉
〈健在〉
 ナイアデスの呼びかけが注意喚起と気付きます。そう、このバリア維持するには気を張っている必要がある。つまりは私の意識次第。あとの心配は酸素の量。ただ、妖精が消費する酸素は小さい時のサイズで考えれば良くて、動物たちも似たようなもの。恐らく問題ない。
 監視カメラが見ていると知ります。大丈夫、バリアの故に見えはしません。
 ただ、生き物であればバリアの中は見えるでしょう。それは“見る”という行為が肉眼で光学的に見ているだけでは無く、バリアの中の私たちという存在を心でも感じているから。無意識にテレパシーが働くのと同じと書きましょうか。
 いわば、幽霊が“見える”のと同じ理屈。
 12分。
 その間に私たちは彷徨っていた動物たちを、その霊を送ります。
 今ここに共にいる、肉体的に生きている動物たちと違いを認識してもらいます。
 もう、肉体は無いこと。
 飲む乳は無く、エサを食べる必要も無いし、くれる存在も無い。そして撫でてくれる手も、舐めてくれる舌も無い。
 寂しい、寄り添いたい、という気持ちが彷徨う子達に生じます。そこで、それが可能なのは“心だけが知ってる故郷”だと教えてあげます。
 太陽が照らしていても、太陽に目を向けなければ太陽の光は見えません。
 同じ理屈で、心の拠り所があることを認識させれば。
 おいでという声が聞こえたはずです。一匹……いいえ、ひとり、またひとり、と、天の高みへ向かって次元を跳躍。
〈全員〉
〈逝ったよ〉
“命奪う場所”特有の空気感が消えました。
 再びのブザーが響き、別の赤色灯が回転点滅。
 そこで私は袖口に手を入れ、先ほどのコンピュータを再び始動。
 バリアの外に出し、二酸化炭素濃度を測らせます。ドンと音がして換気装置が動き出し、風が生じます。画面の数値がみるみる下がり……ちなみに生命警告表示が出ましたが、それが消えました。 
 

|

« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-17- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-18- »

小説」カテゴリの記事

小説・妖精エウリーシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-20-:

« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-17- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-18- »