« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-23- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-24- »

【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-26-

←前へ次へ→

 
 投げつけてきます。当然、手から離れた瞬間に念動力で粉砕。
「ゆ、幽霊」
 花瓶を投げた男は、投げ終えた姿勢のまま、呟きました。
 ゲラゲラ笑い出します。精神の正常を逸脱したことは明らかです。失禁しながらぐにゃぐにゃと座り込みます。
 残り4人は気圧されるようにめいめい後ずさりし、壁に貼り付きました。
「やめろ。オレ達は命令されてるだけだ」
「そ、そうだ」
 そこで私は人間サイズになりました。
 動物葬儀社A。ペットショップチェーンB。共通の経営者C。
 そしてこの工場D。
 携帯電話の着信音。
「だ、誰だお前……」
「電話出たら如何ですか?」
 鳴っているのは気の触れてしまった工場D社員の携帯。
「C社さんが異常に気付いて掛けてきたのではないですか?」
 ちなみに私の質問は、応じた答えが意識に用意されるでしょうから、それを読み取ろうという意図。
「……お前どこの社のモンだ」
 一瞬、質問の意味を判じかねましたが、
 産業スパイの疑いとすぐに判りました。
 工場は燃えさかっているのに、気にするのはそうした内容。
 ひとまわりして斜め上を向いた、と表現しましょうか、異常な、ズレた反応という印象。
 電話が切れました。
 地下ですから電波は届きません。この工場が中継設備を持っており、それが電源を失ったのだと判ります。
「ちなみに火を放ちました。ここの破壊が目的でそれ以上は求めません。ただ、また同じことを考えたら同じことをします。その宣言のために私はここにいます」
 私は言いました。
 4人が相互に目配せ。と言っても、意図は丸見えなのですが。
 作業着や警備服に忍ばせた得物(万が一の大型動物制圧用らしい)に手をした、と判じた瞬間、私たちの方も二人に増えます。
 ナイアデスも身体を大きくしたのです。
 

|

« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-23- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-24- »

小説」カテゴリの記事

小説・妖精エウリーシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-26-:

« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-23- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-24- »