« ユカちゃんハテナ王国へ行く【6】 | トップページ | ユカちゃんハテナ王国へ行く【7】 »

【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-37-

←前へ次へ→

 
 レムリアは相原を見た。
 そう。もう、一人で、たった一人で、この街に住む必要は無い。
 この街もあと数時間。ただ、出来れば早めに。
 画面リロード。
「あっ……」
 レムリアの“気付いた声”は図書館には少し大きく、やや批判めいた周囲の目線を招いた。
「どうした」
「アパート周辺にインタビューが入ってる。謎の少女が街娼をしていたって」
 つまり、自分、そういう風に見られていた。
 だから、踏み込まれた時も、容疑は彼女だったのである。
「コスプレして……ああ、ごめん、私からバレる……」
 幾らか、手持ちデバイスで同じ情報ソースに接していた人もあるかも知れぬ。その“コスプレ”の娘はここにいる。
 しかし。その時。
 それ以上に衆目の視線を奪ったのは。
 図書館の前に突如現れ、横付けされた馬車。
 白馬2頭の牽く白い馬車。
 それは、リバイバルオリエント急行を降りた時、自分が受けた歓待と同じ。
 すなわち、この馬車こそは。
 程なく、レムリア見ていたスマートホンがバイブレーション。
「はい」
『馬車を用意しました。図書館に到着しております。いつでも』
 二人は動いた。
 衆目が寄ってくる。
 中には携帯電話を手にする者もある。
 立ち上がり、出て行く途中で魔法を解く。今度はその瞬間幾らか見られたようだが、最早どうでもいい。
 図書館入り口には、懐かしい風格と微笑み。
 列車長ジェフ氏はアフリカ系の黒檀の肌の持ち主。金ボタンの青い制服。立派な体格であるが温和な表情。
「おお姫様。少し大きくなられて」
 笑みをたたえた瞳を見開き。
「お願い、すぐに駅へ」
「判りました。さぁ中へ」
 パトカーのサイレンが聞こえる。
 近づいてくるのを感じる。
 ジェフ氏が手招きし、二人は馬車のキャビンへ転がり込む。
 パトカーが集団で近づく。
 ジェフ氏が御者席。馬に一鞭。
 馬車はパトカーとすれ違う。
 

|

« ユカちゃんハテナ王国へ行く【6】 | トップページ | ユカちゃんハテナ王国へ行く【7】 »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-37-:

« ユカちゃんハテナ王国へ行く【6】 | トップページ | ユカちゃんハテナ王国へ行く【7】 »