« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-81- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-82- »

2015年5月20日 (水)

天使のアルバイト-006-

←前へ次へ→

 
 言葉が出ない。状況が判らない。ここが川っぷちで、傍らに見知らぬ女の子がいて、
 寒い。
 もう一度くしゃみが出る。見知らぬ女の子がジャージを脱ぎ、自分の肩に掛けてくれる。
「……ありがとう」
 エリアはとりあえずそう答え、ジャージの上着を抱きしめるように身体にまといつける。
 日本語が喋れる状態と後追いで気が付く。思惟も日本語で紡がれる。すなわちここは日本。
 寒い。恐ろしいくらいに寒い。
 にわかに感覚神経が活動し始めたかのようである。秒単位時を追うごとに寒さがいや増す。
 ガチガチと勝手に歯が鳴り出し、身体がひっきりなしに震えて止まらない。
 自分の身体が悲鳴を上げているのが判る。頭に“がんがん”と擬音を付けられる周期的痛みがあり、熱を、温かいのものを全身が切望している。
 ただ座っているだけすらも苦しい。
 この一連の未経験の不快感は何なのか。エリアはそれが“肉体”の属性であることにようやく気付く。自分は今“人間のように”生物体としての肉体を持ち、ここにおり、この女の子に存在を発見されたのだ。
 この急激な変化の意味するところは何か。一体自分の身に何が起きたのか。エリアは探って発見を試みる。感覚を研ぎ澄まして…。
 ……働かない!
 衝撃と共に認識する。それは“心で全てを感じ取る能力”、肉体の属性ではなく、意識が所有する能力である。人間の概念で言うところのテレパシー。それは、あらゆる情報が、“波無き湖の波の音を聞こうとする”、心理状態によって得られる、はずである。
 それが一切機能していない。
 あらゆる感覚が鉛のベールをかぶせられ、極めて鈍くなってしまっている。普段の10分の1以下。いや皆無だ。何も感じ取れず、まるで闇夜で霧にまかれたよう。ただ感じるのは、頭のズキズキと心臓の鼓動、血圧上昇による頸部の周期的圧迫感。
 

|

« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-81- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-82- »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天使のアルバイト-006-:

« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-81- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-82- »