« 天使のアルバイト-068- | トップページ | アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-016- »

アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-015-

←前へ次へ→

 

「地震が来る」
「え?警報?」
「自分の鳴ってないけど」
 めいめい自身の携帯電話を開いて確認。
 周囲で自分の言動を聞いた一般客も、いぶかしげに同じ行動。何も無いと知りじろりと睥睨。
「ダンナのパソに凄いの入れてあるんだ。それでメールくれたと思う。えーとね」

 

・壁やガラスと距離を取れ
・背を低くして頭を守れ
・火を消したら距離を取れ
・揺れが怖けりゃ足踏みを

 

 七五調に整理されたそれを彼女は唱えた。
 それは前述の通り、宮城県沖地震が間近いと思われたこと、今後の危難として首都直下地震、南海トラフなどがあることを踏まえて、日本で生活するに当たり最初に言われたこと。
 彼女自身は深発震度4というのを日本で体験したことがある。ただそれは距離1000キロ地下700キロからの地震波であって、前述の相原側で言うなら“長周期”だけを体験した形。

 

Eq3
(現物例:2015年5月30日・小笠原沖M8.1)

 

 もちろん救助活動には大地震の被災地もあり、そこで余震に遭遇したこともある。ただ、それらは気象庁震度に置き換えてやはり4レベルであり、時間も短い。
 揺れ出す。一様に揺れに気づいた声。
「あ、来た」
「なんか一昨日と同じ感じ」
「しゃがんでしゃがんで」
 彼女は教えられた通りしゃがみ込んだ。周りの観客は立ったままざわついている。
 ショーは継続。水の上では揺れに気付きにくいというのはある。
「なんかウチらだけしゃがんでバカみたいなんですけど」
 班員の一人、薮原(やぶはら)という娘がが苦笑。
 初期微動40秒。その間先んじて“学校の避難訓練”の様な格好していればさもあろう。周囲に比して過剰に過ぎる、ように見える。
 バイブレーション再び。
“warning MEGAQUAKE about 3-5min shake.”

 

|

« 天使のアルバイト-068- | トップページ | アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-016- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-015-:

« 天使のアルバイト-068- | トップページ | アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-016- »