« アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-115- | トップページ | 天使のアルバイト-119-終 »

アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-116-

←前へ次へ→

 

『中の方はどうしておられる』
「判りません。声を出せる状態ではありません」
『SAR』
 船長が指示し、タブレット液晶に表示が出る。甲板上物体へのレーダ探査であり、詳細に見て取れる。
 ユニット構造のトイレであった。
 天井換気扇と、そこから繋がる排気ダクトが上からの力で押し込まれ、床面近くまでダクトが突き刺さっていた。そのダクトと壁の間に人体が挟まれている。何時間経過しているのか、洋式便器の上に立っている状態。
 それは苦痛であろう。しかし見方を変えると、一体型の狭い空間とダクトの故に強度が保たれ、生存空間が確保され、ダクト経由で空気の供給が持続し、生き延びた。このことは、例えば家一軒の耐震補強はムリであっても、就寝空間やリビングの一部などにそうした構造を取り入れ、サバイバルゾーンとする方法が有効であることを示唆しよう。
『要救護者の対角線上を斜めに切り取れ。そこに力学的負担は掛かっていない』
 船長の指示。ユニットバスを四角形で表現するなら、要救護者はその右上隅に形。
 対する左下を斜めに切り取って救助空間を作る。この狭い空間でそれをやるのは?
「レーザーを下さい!」
 レムリアは言った。光の刃で切り落とす。
『入らねぇぞ』
 アリスタルコスの指摘。
「私が入って撃ちます」
『そうじゃねぇ。銃がデカい』
「ファイバアタッチメントを使え」
 相原が言った。知らない名前にタブを見るととぐろを巻いた蛇のような機器。見たことがないが、相原は船のマニュアルを事細かに読んでおり、本来乗組員である自分よりも情報量が多い。
 何に使うのか。彼の意識をテレパスでスキャン。
 蛇のようなものは光ファイバの束。レーザガンの銃口に光ファイバの束を取り付け、直接届かないところへビームを送り届けるアタッチメント。

 

|

« アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-115- | トップページ | 天使のアルバイト-119-終 »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-116-:

« アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-115- | トップページ | 天使のアルバイト-119-終 »