« アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-116- | トップページ | アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-117- »

天使のアルバイト-119-終

←前へあとがき→

 

 

 

 しかし、その追放が、自分にあった“甘え”のよりどころを取り払うこととなり、自分の裡に秘められていたもの……個性の範疇に属する超絶レベルの力があることを、顕在化させた。

 

「それからですね」

 

 リテシアが苛立った声で続ける。

 

「あ、はい」

 

「あなたの申し出のことです」

 

「申し出……ですか?」

 

 エリアは首を傾げた。気がついたらここにいたので、リテシア様に何か言った記憶はないが。

 

「『常にそばにいる』のでしょう?『ずっと一緒』なのでしょう?」

 

 エリアは目を見張った。確かに、それは、可能であればお願いしようと……え?

 

 聞き届けて下さると?

 

「承認します。彼女が生き延びたのはあなたの責任、彼女の担当はもういませんからね。仕方ありません。今後、彼女の担当はあなたとします」

 

 エリアは思わず笑みを作った。

 

 由紀子ちゃん!

 

 由紀子ちゃん。また、あなたのそばにいられるよ!

 

「本当……ですか?」

 

「そうする、と宣言してきたではないですか。自分で反故にするのですか?天使族の沽券に関わりますよ?」

 

「いえそのようなつもりは……申し訳ありません。でも、ありがとうございます。というかその……」

 

 お詫びと感謝を一度に伝える言葉ってないものか。

 

 リテシアは笑みを浮かべた。

 

「いいのですよ。その代わり、彼女の今後の人生は全くの白紙です。全て彼女が作り上げ、あなたがそれをサポートするのです。人ひとりの人生。大変ですよ。よろしいですか?」

 

「はい!」

 

 エリアは元気良く頷いた。

 

 リテシアがくすっと笑う。

 

「どうかなさいました?」

 

「しかしすっかり板に付きましたね。そのスーパーの制服姿」

 

「そうですか?」

 

 エリアは、ちょっと照れた。

 

 そう。母親も言ったが、彼女は病室から直接ここへ転移したため、スーパーの制服を着たままなのだ。

 

 その後、“シンデレラ服”が再支給されたが、彼女は結局、制服のままで過ごした。

 

 天に地の服、地に天の服。

 

 

 

 あなたには、レジ打ち娘の姿をした、天使が見えますか?

 

 

 

天使のアルバイト/終

 

 

 

|

« アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-116- | トップページ | アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-117- »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天使のアルバイト-119-終:

« アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-116- | トップページ | アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-117- »