« 【大人向けの童話】謎行きバス-33- | トップページ | 【大人向けの童話】謎行きバス-34- »

2018年7月 7日 (土)

【理絵子の夜話】見つからないまま -01-

←トップへ戻る次へ→

 
 雨の午後。
 5時限目が始まるまで、あと5分。
「りえぼー」
 自分を呼ぶ低い声に、彼女は顔を上げた。
「ん?」
 キラキラした黒い瞳に、ふっくらとした曲線を描く頬。
 幼さが残ると評することのできる小造りな顔立ち。
 髪の毛は、今時の中学生にしては古風とすら言える、黒髪のストレート。
 初めて彼女を目にする者は“見た瞬間ハッとした”と感じるであろう、子猫に通じる愛くるしさを備えた少女である。名を黒野理絵子(くろのりえこ)という。14歳。学級委員。
「オレばっくれる」
 ガムを噛みながら、理絵子を呼んだ少女は言った。
 濃い化粧。眉毛は半分剃られ口紅は暗赤色。夏服のセーラーは襟元が改造され、鞄はぺちゃんこに潰れている。
 名を桜井優子(さくらいゆうこ)という。
 理絵子は自分たちが会話をしているとき、クラスからの自分たちに対する“この取り合わせ”という、やや嫌悪感を帯びた視線集中が我慢ならない。
 なぜなら、その視線が、この濃い化粧の少女に、疎外感を与えていることをよく知っているからだ。
「ちょっとオススメしない」
「出席なら知ってるよ。でも、“また”なんだよ」
 それを聞いて理絵子は目を伏せた。
 桜井優子の家庭にトラブルがあるのは知っている。それに彼女が翻弄されているのも知っている。
でも、彼女は、その内容を絶対に口にしようとはしない。
 しかし。
「もうお前しかいないかなぁって思うんだ」
 思わせぶりに桜井優子は小声でつぶやくと、逡巡を隠すようにガムの風船をふくらませた。
「終わったら“ロッキー”に来てくれよ」
 桜井優子は学校近くの喫茶店の名を口にし、立ち去った。ばっくれ……“自主休校”だ。昭和の不良言葉である。
 理絵子は彼女を呼び止めようとし、やめた。
 出席日数うんぬんとは、恐らく次元が異なる話だからだ。
 

|

« 【大人向けの童話】謎行きバス-33- | トップページ | 【大人向けの童話】謎行きバス-34- »

小説」カテゴリの記事

理絵子のスケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【理絵子の夜話】見つからないまま -01-:

« 【大人向けの童話】謎行きバス-33- | トップページ | 【大人向けの童話】謎行きバス-34- »