小説・妖精エウリーシリーズ

【妖精エウリーの小さなお話】アイドル-07・終-

←前へ創作物語の館トップへ→

 
「え?涼?……涼だ。本当に涼だ……」
 涼の姿を見るなり、男の子は言って小さく笑みました。
「リクエストはこのボク?」
 涼は私に訊きました。
「そう」
 私は答え、手品の要領でバイオリンを手にします。
「やれやれ……」
 呆れたように、足音もなく、言いながら入ってきたのはミレイさん。
 手にはフルート。
 つまり、何のかんの言いつつ、協力してくれる意思表示。
「いつでも」
「え?曲を知って……」
「るよ。何でも」
「涼、『未来へ』聞きたい」
 男の子が言いました。
「え?私はいいけどでもあれ早いよ。ギターと打ち込みだし……」
 BPM148のギタートラック冒頭を私は演奏してみました。
「すごい……」
「足りなきゃピチカート。準備良ければ」
「あ、ちょっと待って」
 涼は少し発声練習。
 前奏無しでいきなりサビのリフレインから入るので涼に合わせて付いていきます。♪信じて開いた扉の向こうは絶望の崖だったなんて生きていれば何度もあること……
 男の子は笑みを見せ、リズムに合わせて首を振りながら聞き入り、やがて幸せそうに目を閉じました。
 そしてCパート、終曲前のリフレインでフッと姿が消えます。
♪朝日が照らす君の未来を。
「……男の子は?消えちゃったけど?」
 汗をにじませ、荒い息で、涼は私に尋ねました。
「安心して、天国へ行ったよ」
「は?」
 言わなくてはならないでしょう。
「ここは、本当の天国に来る少し前、心だけが先に来るところ。大好きと、幸せの中で、心は身体から少しずつ離れて行く。そして、天国へ旅立つ」
「天国へ旅立つって……」
「文字の通りです」
「じゃぁ、この男の子は……」
「大好きな涼の歌を聞きながら、天国へ」
「そんな……」
 涼は口元を抑え、その両目から涙がぽろぽろと。
 そして、叫びました。
「だったらそう言ってよ!もっと、もっと一生懸命歌ったのに。一緒に踊ってあげられたのに!めいっぱい楽しませてあげたのに!」
 良く通る声でそれだけ怒鳴り、次いで涼は私を睨み、そして気付いたように目を見開きました。
 ある種の示唆……天啓の類いが彼女を訪れたと知ります。
「私……歌うことが大好きで、聞いてもらえることが嬉しくて、オーディションに応募したんだ」
「うん」
「でも……なんだろ、そのうち、だんだん、“仕事”になっちゃった。一定時間、その場所にいて、ニコニコしてるだけでいい、みたいな。そういうの、見透かされるよね。自分も判るもんね。あ、こいつ真剣じゃねーなって。嫌ってたくせに、自分がなっちゃった」
 その目に涙一粒。但し意味の違う涙。
 私は頷いて、
「私、翅で人間さんの世界とここを往復して200年」
 それだけ言いました。そして、フッと理解が訪れます。それ以上何か言う必要は無いこと。
 私たちの間に永遠の別れが近づいていること。
「呪文を唱えます」
「はい」
「あなたは再び歩き出す。大丈夫、戻っても誰もあなたを責めない」
「信じるよ」
「ありがとう。じゃぁ、行くよ、リクラ・ラクラ……」
 呪文の最後は、涼には聞こえなかったでしょう。
 
 “鼻につく態度”をスキャンダラスに書かれていたトップアイドルが、深夜、病院を訪れたらしいというネットのうわさ。
 
アイドル/終
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【妖精エウリーの小さなお話】アイドル-06-

 
 山の中腹、ほぼ平らになった部分に広がる一面の芝生。城壁はなく、白い大理石のお城があります。ここはいつも、冷たく冴えた空気が流れ、でも寒くはありません。雲の中ならゼウス様がお住まいかしらと思うようなたたずまい。ここは妖精と人が共に暮らしたギリシャ神話の時代、そのままです。
「うわぁ、本当にお城だ」
 城の前、芝生に降り立ち、涼の手を取って歩いて行きます。天井高い玄関ホールの大理石に足を置くと、冷たさが足の裏から伝わり、私たちの足音が、トン、っと僅かに響いて広がります。
 すると、門番小屋(と、私たちが呼んでいる)小部屋から飛び出してくる私と同じ白装束の姿あり。
「まーた人間の女の子連れてきて!」
 ぷんぷん状態はミレイさん。人間さんの企業・工場なら守衛さんに相当する役どころ……であり、地球の精霊、ガイア様の秘書官。
「聞いてないけど」
〈頼んだ。自分頼んだ。涼に頼んだ〉
 私はホバリングしてそう言うヒバリに手のひらを向け“この通りでございます”。
「エウリーって結構なし崩しにルール破るよね。地上禁止になっても知らないから」
「ガイア様のご沙汰を待つよ」
 文句言いつつ、静止はされません。私たちは中へ入ります。石造りの大きな建物内奥ですから、例えばビルだと照明がなければ真っ暗でありましょう。でもここは、かなり中に入っても、大理石の色そのままにほんのり白く、歩くのに不自由はありません。入り組んで迷路のようになった通路を右へ左へ。
 日の当たるところへ出ました。草むらで、ちょうちょが多数ひらひら舞い飛んでいます。
 ベッドが一つ。男の子が横たわっています。
 6歳位。小学校の体操服という着衣でしょう、白いシャツに名札の縫い取り、黒い短パン。
 まどろむような目で。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【妖精エウリーの小さなお話】アイドル-05-

←前へ次へ→

 
 えーと。
「子どもが、不思議な夢を見る。聞いたことある?」
「ああ、うん。私の今がそうかも、って思ってるとこ」
「あれね、多くの場合、心だけ、ここに来てるんだ。“物心つく”っていうのは、そういうのが不可能な状態になること、と考えてくれればいいや。でね、ヒバリが言いたいのは、そうやって来ている子どもがいるから、安心して欲しいので歌を聞かせたい。それを涼に歌ってほしい。そういう意味」
〈そういう意味、そういう意味。涼、歌って、歌って。涼、歌う人〉
 涼はため息。諦めたような。
「歌う人、か」
 ヒバリがじっと見つめて答えを急かします。涼は小瓶のハチミツを一口、指に絡めて舐めて。
「いいよ。どこ」
〈王宮、こっち、こっち〉
 飛び立ちます。とはいえ彼女は人間。空飛んで付いて来いと言われても。
「ちょっと待って。私飛べ……」
 地上の人間世界なら当然無理。しかしここは。
「大丈夫」
 私は涼を抱きかかえ、背中の翅に羽ばたけ。
 実のところ私の体重は1キロも無いので、40キロオーダーであろう人間さんを飛ばすのは一苦労。
 が、不可能ではありません。遠い遠い昔、人間さんの世界において、妖精の存在が認められていた頃には、その力を使って迷子を送ったり、落下事故に対応したり。ギリシャ神話にあるように人間さんと結婚した仲間すらも。
 しかし今、妖精なんかいないとされています。なので、大いなる意志が認めた場合以外は、人前への出現は許されていません。
 ヒバリを追います。草むらを抜け、高度を上げ、山の上にある白いお城へ。
「腕一本で抱かれているだけなのに、それはとても怖いことのはずなのに、何だろう、この安心というか、癒やされ感」
「それは、ここも天国の一部だからでしょう」
 涼の独り言に、私はそう答えました。
 城に近づき、緑に囲まれた姿が次第に視界を圧します。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【妖精エウリーの小さなお話】アイドル-04-

←前へ次へ→

 
「すごい……ことだよね。妖精、だもんね。そうだよね」
「ハチミツはあの辺」
 私は構わず、大きな栗の木、根元の穴を示します。中に大きな、そうマンションとでも呼びたいような、ミツバチの巣。
 ぶんぶんハチたち飛び交っていますが、彼女ら(働きバチはメスです)が、私たちに敵意を持つことはありません。
〈エウリーさんだ〉
〈エウリーさん〉
「ハチミツを少し下さいな」
〈いいですよどうぞどうぞ〉
〈あ、人間さん?人間さんの女の子?〉
「ですよ~」
 私は答え、手品の要領で袖口から小瓶を取り出し、巣の中に手を入れて、紙細工のようなその一部をめりめりっと破って拝借。
 搾り取ったミツは小瓶の半分はあるでしょうか。
「お行儀悪く指でぺろぺろどうぞ」
 渡すと、涼は面白そうに笑い、指先を入れ、そのようにぺろり。
「……美味しい。何これ、全然違う。濃いし」
「混ぜ物無いとそんな感じ。ハチたちありがとね」
〈いいえ~〉
〈女の子さん元気になってね〉
「え……」
 涼は目を丸くし、飛び交うハチたちを見上げました。
「判るの?私の体調」
「生き物は気配を察知出来て当然。気配って、存在感、でしょ」
「なるほど」
 と、答えた涼の頭上にそれこそ気配。
〈女の子、ハチミツなめたか?もう終わったか?〉
 先ほどのヒバリです。そういえば『後でまた来る』と言ってはいました。
「はい、なあに?」
 私は手のひらを出し、ヒバリを止まらせます。ちなみに地上を歩き回る鳥なので、スズメやツバメのように電線や木の枝に止まるような足の構造になっていません。
 ヒバリは降りて来、涼の顔を見つめて目をぱちくり。
〈歌って〉
「え?」
〈天国へ迎える子がいる。迎える子がいる。来られるように歌って〉
 私はヒバリの意図と目的を理解しました。ですが、どう説明しましょう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【妖精エウリーの小さなお話】アイドル-03-

←前へ次へ→

 
 一方、妖精は基本的に虫と動物の相談相手。人間さんとコミュニケーション取ることは本来禁止。
 但し、命に関わる話なら別。
 ……と、勝手に拡大解釈しまして。
「歌うことがイヤなのかと心配した」
「ううん。そんなことはない。歌うのは嫌いじゃないよ」
「なら良かった。……てなわけでヒバリさん。彼女は喉の調子がいまひとつ。ハチミツを分けてあげたいので、また後で……でいいですか?」
 私はヒバリに問いました。
〈いいよ。後ででいいよ。また来るよ〉
 空高くへ上がって行きます。
〈あの、巣へ行っていいですか?〉
 ヒバリとのやりとりを待っていたミツバチが訊いてきました。
「ああ、ごめん。いいよ。あそこだっけ」
 私は少し離れた雑木林の方を指さします。
〈そうです。木の穴です〉
 野生のミツバチは木の穴に巣を作ります。だから似たような構造の人家の軒下や屋根裏にも巣が出来ます。
 雑木林まで草むらを横断して行きます。200メートルはありましょうか。
「風がおいしい……」
 涼は髪を抑えて言いました。
 女に属する私が言うのもあれですが、絵になる女の子いるものです。青空と、草むらと、女の子っぽい仕草の女の子。
 アイドルにしたいというビジネス側の気持ちも納得できます。
「変?」
「ううん、写真に撮りたいなって」
「そういうことか。楽しいけどね、怖いよ、ビジュアルばかりって。私の外見があれば中身どうでもいいってことでしょ。そのうちCGで適当に作られるようになるんじゃない?」
 それは恐らく、彼女を宙に舞わせた一因を示唆しておりましょう。
 テレパスであれこれ拾って言うことは出来ます。でも、多分、自分で考えて結論出すのが本来のあり方のはず。
「だったら、私みたいな翅持ちと出会う機会なんか無かったと思うよ」
 私はそれだけ言いました。涼は目を見開きます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【妖精エウリーの小さなお話】アイドル-02-

←前へ次へ→

 
〈こんにちは、エウリディケさん〉
〈こんにちは。彼女はだいぶん疲れが溜まってる。ハチミツが欲しいんだけど〉
 この辺の会話はもちろん音声ではありません。意志と意志との直接交流……人間さんの言うところのテレパシー。
「え?あ?こ……」
 涼はどこからともない“声”にキョロキョロ。彼女の意識には私が送り込んでいるのですが、恐らく、イヤホンで聞いたように、脳が声に結像したはず。
「ハチミツを分けてくれるそうです。一緒に」
 私は手を伸ばし、涼の手のひらを取り、引っ張って歩き出しました。
 足元の草むらは、足を下ろすたび、なにがしかの虫が飛び、緩く風があって、遠く雑木林の木ずれがサワサワと聞こえ、青い空にはヒバリの声。
〈エウリーさんだ、エウリーさんが人間の女の子を連れてきた〉
 そのヒバリたちが(心の中で)騒ぎ立てます。
「はいはい。彼女は歌手ですよ」
〈歌手はどんな歌を歌うの、どんな歌を歌うの〉
 童話に出て来るお喋り小鳥そのものです。そしてそんな印象を持ったのでしょう。涼は立ち止まってクスッと笑うと、空を見上げました。
「♪~」
 ケルティックな楽曲。ただ、それは、涼がテレビで歌うポップスとは違います。
〈妖精さんの誰より上手い〉
「失礼しちゃう。でも、そっか、涼はアイドルは不本意なんだね」
「うん……」
 出来ることとやりたいことと、現在受け入れられていること、一致すれば幸せですが、そうならないこともありましょう。不本意から始めて最終的に本来の目的、という方もいれば、求められることを仕事にすることで妥協、という方もいます。
 対して、彼女は、人生を途中で断とうとした。
 本来、そういう心には人生アシスト役の天使さんが気づくはずです。ただ、“天使の考え”を強制する権限は無いので、人間さんがその声を聞きに行かないと、聞こえないまま。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【妖精エウリーの小さなお話】アイドル-01-

 
 目の前を女の子が落ちて行きます。
「いやいやちょっと待って待って」
 私はひとりごちて飛び出し、落ち行く長い髪を追います。
 追いついて、両腕で彼女を抱き締め。
 一気にブレーキ。地上アスファルトまであと少し、そんなところで静止に成功。
 彼女が私に気付きました。
「あなたは……天使……」
「いいえ」
 意志込めて私は彼女を見返します。確かに着ている装束は天使に見えるかも知れません。toga(とが)というギリシャ神話でおなじみの白い布をまとっていますし。
「あなた翼がある……」
「これは翅です」
 私は残ったあと少し……を羽ばたいて降り、翅を止めました。
 背中に翅の生えた女。
「妖精、です」
 言って腕から彼女を解放すると……何のことはない、清涼飲料水を手にしてニッコリ微笑む彼女の姿が後ろのビルの広告看板。
 アイドルとして知られる……そうですね、仮の名を涼(りょう)、としましょう。彼女です。
 飛び降り自殺を図ったと知れます。ええ妖精ですから超感覚の類いは一式持っています。
「大丈夫、警察に届けたり事務所に戻したりしません……でも死ぬ必要があるとも思えない。そこで提案、少し姿消す、失踪或いは誘拐。いかが?涼」
「どうやって……」
「テレポーテーション。秘密の呪文はリクラ・ラクラ・シャングリラ」
 もちろん、口にしたので呪文は効力を発揮します。ビルの谷間が背景チェンジ。その変化の仕方はさながら映画かテレビのドラマか。
 湿原に変わります。彼女の右手、丘の上には古代ギリシア風の白い神殿。
「ここは……ギリシャ?」
「いいえ。私のような生命体の住む国。幾つかありますが、ここは妖精が主体なのでフェアリーランド」
 私は言い、近づいてきたミツバチに右手を伸ばします。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妖精エウリーの小さなお話【目次】

●妖精エウリーの小さなお話集

~手のひらサイズの翅娘のお話を、あなたの手のひらで~

All llustration by TAC.(TAC's DDDD)

魔法のりぼん

若きフェアリーテールの悩み

枯葉の森の小さな事件

命のバリア

昆虫界の大異変

もう一人の私

すて犬物語

大河のように

蛇の道は。

僕に魔法を

翅のちぎれたちょうちょの物語

人魚と出会う

私が怒ったこと

プレゼント

瑠璃色の翅は青い空に

クモの国の少年(目次)

闇を齎す光(全8回)

花泥棒(全20回・目次)

つばめは人家に巣をかける

けだもののそんげん(全32回)

アイドル(全7回)

■全作品リスト(目次のページ)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-32・終-

←前へエウリーのお話一覧→

 
 誰の目にも触れないということは無い。
「何だろう。この虚しさは」
 ナイアデスが人間サイズに身体を戻して言いました。
 気付いたのです。この組織や工場をこうして破壊したとしても。
 また同じ事を考える者が、マネする者が、必ず出てくるであろうことを。
 私たちのしたことは、正しかったのか。
 括られた男の一人がようやく正気に戻ったか、……最後、唯一の武器なのでしょう、ツバを吐き飛ばしてきます。
 が、バリアをかけてあるので弾き返され己れの顔へ。
「……」
 それは日本語で書けば「くそっ」という悪態ですが、日本語ではありません。
 東洋系の顔立ちですが、異国の者のようです。
 正しかったのか。自問への答えが垣間見えたような気がしました。
 男達のいや増す恐怖。それは……あろう事かシャーマニズム文化圏の抱くそれ。
「日本って、花鳥風月の国、ですよね」
 ナイアデス。
 それは、異国語に対する彼女の認識の表出。
「ええ、だから、でも、それは私たちには手を出せない領域」
 聞いています。“殺処分”された野良の犬猫、しかし慰霊碑があること。
 知っています。食肉加工で屠る時、敢えて人の手で行うこと。無為に殺すのでは無いときちんと意識させていること。
 だから食事の前には“いただきます”。
 そんな国、日本。私の活動エリア。
 それは、恐らく、本当は、幸せだったのかも知れません。
 他のエリアに比して最も、悲しい涙を流さずに済んだのかも知れません。
 動物だけじゃない。昆虫にも、子供が笑顔を見せる国。
 別のヘリコプターが接近してきます。
「小屋の連中が出てくるよ。最も、観念してるけど」
 ナイアデスが言いました。
「ならいいよ。もう、私らの出番じゃない。君たちもありがとうね。終わった」
 動物たちは去るのを見届け、
 私たちもその場から消えました。夜明けと共に。古来妖精の顕現に倣い。
 
けだもののそんげん/終
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-31-

←前へ次へ→

 
 身ぐるみ剥がされて野性に放り出されれば、今の人間さんには何も出来ないでしょう。
 それは悲しいかな人間さんが“野性”の生き物では既に無くなっている証です。
 地球の自然は、自然に背を向けて生きて行こうとする皆さん、人間さんという生き物に、どう作用するのでしょうか。
〈これは何が起こっているのだ?〉
 クマは私に尋ねました。微動だにしない人間の有り様(ありよう)を逆に怪訝に感じているようです。
「逃げることも立ち向かうことも出来ない状態ってこと」
 私は身体のサイズを変え、クマと彼らの間に入ってみました。
 唐突に女が出てきたわけでどう反応するのでしょう。
 目だけ動きました。顔と胸元を見られます。すごいです。男です。
 しかし金縛り状態からは変化しません。自縄自縛と言いますか、一種の自己催眠・自己暗示に近い状態と推察されます。私の力がそう作用したのでしょう。
「社員達は?」
 私はナイアデスに訊きました。
 トラック用エレベータの所に放置してきた発狂者1名を含む4人。その方向には煙がまだ見えます。
 空が白々と明けてきました。
「動けるようになったみたい。詰め所みたいな所に入ってじっとしてる」
「逃げるかな」
「その、おかしくなっちゃった人を病院へと考えてるみたい。で、散り散りになるのは得策ではないとの考え。電話も通じないけどそのうち誰か来るだろう」
「判った。放っておこうか」
「それでいいんじゃないですか?」
 さぁこの男達です。プロの殺し屋。もちろんアンダーグラウンドの人間。
「相手がクマでは諦めモードですか殺し屋さん」
 とは言え、元より会話する気はありません。何やらピアノ線を一巻き持っていたので、念力使って取り上げ、そのまま全員の足首を括ってつなげて一丁上がりです。
 白日の下にさらす。目的はこれで達せられるでしょう。国道の真ん中にヘリコプターがひっくり返り、国立公園にクレーターが生じて煙を噴いているのですから。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧