小説・魔法少女レムリアシリーズ

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -24-

←前へ・次へ→

「トンキンって呼び捨てかい」
「そこ突っ込むかい。真剣勝負。私は鼻くそほじりながら見てるよ。どう?やる?」
 ボレアリスは双方の目を見た。
「トンキン覚悟なさい。星の命で成敗いたす」
 メリディオナリスがステッキを振り下ろし、地面(ステージ)を指し示す。指揮棒サイズからステッキにシュッと伸びる。
「え?すげぇ」
「おもちゃじゃないの?」
 “おもちゃを手品で取り出した”その認識を超える事象であると気づき始めた子供達が数名。
「いいだろう。本気だぜ」
 トンキン大魔王が足を前後に広げて身構える。
「スタート」
 ボレアリスの指パッチンがいやに大きく響いた。
 トンキン大魔王は男の子の機動力にまかせて車いすの影を踏みに回った。
 一方車いすは左右の車輪を逆向きに回すなど、人体では不可能な急旋回・逆進を交えて逃げ回った。
 圧倒的かつ短時間と見られた勝負は白熱した。
「おおすげぇ」
「トンキン頑張れ。ああ逃げられた」
 男の子の中には大魔王の応援に回る子も出るほど。
 大魔王は次第に息を荒げた。当然、彼の病気を考えるとこの辺が潮時。
 メリディオナリスがステッキを弓のようにつがえる。
「チェックメイト」
 これでアニメでは虹色のビームがほとばしって敵がぐえー、となる。
 ボレアリスは左の人差し指を自らの唇にそっと当てた。
 誰にも聞こえない声でつぶやく。それは呪文なのであるが、意味だけ記す。ただ一つ強く思うこと姿を現せ。
 すると。
 遠くで何かに反射したようで、太陽光線がキラリと部屋の中に射し込み、ステッキ先端端の“ダイヤ”をプリズムにして、7色に分かれた。
 ビーム、でこそないが、天井を七色の光が波打つように走った。
 トンキン大魔王、バタリ。
「すげー」
「魔法みたい」
 勝負としてはこれでノーサイド。
 3人はステージに整列した。
「これで私たちのショーは終了です。最後まで見てくれてどうもありがとう。最後にこのお菓子もらっていってね」
 ステージ上のぬいぐるみを指さした後、頭を下げる。指をパチンと鳴らすとぬいぐるみの手にお菓子があふれ出してステージからこぼれ落ちるほど。
 拍手をもらう。お開きとなり、子供達が帰り始める。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -23-

←前へ次へ→

 テレビアニメだと二人は赤と青のコスチュームに変身“星の命で成敗いたす”と決めぜりふを言って、以下、古い表現を使うなら“女だてらに殴り合い”の戦闘、となるが。
 レムリア改めボレアリスは大魔王の傍らに膝を折ってしゃがんだ。
「どうせ成敗されるの判ってるなら戦わないでお菓子返してくれない?」
 敵方の決めぜりふは“話し合いなど無駄だ!力こそ全て”なのだが。
「え?それなに?話し合い?戦わないの?」
「そう話し合い。見ての通り相方ケガしててさ」
 ど派手な戦闘転じてちまちました話し合い。このコンセプト全否定は子供達を大いに笑わせた。
「泣きべそかいて帰りたくないでしょ」
 負けた敵は泣きながら土の中に消えて行く。
「いやそれは……てゆーかこのお菓子食っていいか」
「だめ」
 突如現れた漫才のしばき用具“ハリセン”で軽くぺしっ。
「武器禁止!暴力反対!」
 大魔王は両の手で頭を抱えて泣き真似。
「お前がゆーな!」
 子供達から爆笑付きで突っ込み。
「これは話し合いなど無駄なようだな」
「来た!」
「来た来た」
「じゃんけんで」
「その手でやるのか?」
 大魔王は台所で熱い調理器具を持つ時に使うミトンを付けている。親指とそれ以外の4本に分かれたタイプであり、“チョキ”が作れない。
「あらかわいいお花のアップリケ」
 メリディオナリスが挑発しながら車いすで駆け寄る。
 そこでボレアリスは立ち上がる。
「“影踏み”で勝負。いかが?」
 射し込む陽光に出来た影、ボレアリスは指さした。
 車いすでも出来る。
「トンキンは車いすの影を踏みなさい。メリディオナリスは“ターミネーションステッキ”でトンキンの影をつつく。一発勝負」
 ボレアリスは両の手を合わせ、左右に開き、宝石プラスティックキラキラのステッキを出現させ、メリディオナリスに持たせた。
 看護師らがハッとした顔で見る。その作法はアニメのやり方そのものだが、実際にやってみせるのは手品の範疇。
 だが、子供達はなまじアニメと同じが故に現実の異常性に気づいていない。ちなみに、“ステッキ”と称するが、番組中では指揮棒サイズで取り出し、釣り竿よろしく振り出すことでステッキサイズに伸びる。おもちゃとして指揮棒サイズが販売されており、先端に大きなダイヤ様の透明プラスチックが輝いている。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -22-

←前へ次へ→

「みんなにはお菓子を配りますね。後ろの扉から、助手のゆみちゃん」
 客席後方の扉を指さす。引き戸が開いて車いすに乗ったゆみちゃんと。
 さてここで彼女が変身している正義の味方について、実在の商標名を避けるため仮称を与える。二人ペアで活動するが、“ボレアリス”と“メリディオナリス”とする。
「メリディオナリスだ!」
 女の子達が気づいて声を上げる。
「車いす乗ってんじゃん」
「ケガしたんでしょ」
「ちょっと待て、後ろなんかいるぞ」
「ナリス!後ろ後ろ!」
 番組中ではそれぞれ名前の後ろ3文字、アリスとナリスで呼び合う。応じた子供達の指摘。
 メリディオナリスが振り返る、と、“トンキン大魔王”はドア影に隠れる。
「誰もいないよ?」
 メリディオナリスはみんなに言った。
「違うって。ドアの影に隠れた」
「そう?」
 メリディオナリスはドアを開ける。
 引き戸を開け。向こう側に回り、廊下を歩いて前のドアから戻ってくる。
「誰もいないよ?」
 その背後。
「いるって!後ろ後ろ」
 メリディオナリスは後ろのドアの方へ目を向けた。
「違うよ。背中!背後!振り向いて!」
 やりとりしてる間に“大魔王”は姿を消した。
「んもー!」
 焦れた子が後ろのドアから廊下へ飛び出す。
「あれ?」
「ね?誰もいないよ」
 その時子供達は、看護師や補助の方まで、全員が廊下を見た。
 刹那。
「あ!いた!」
「がはははは。とんきーん!」
 大魔王の決めぜりふと共に、ステージに座らせたぬいぐるみは大魔王に変わっていた。
 お菓子いっぱい抱えて。
「大魔王がおかし取った!」
「これは“成敗案件”じゃないすかアリス」

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -21-

←前へ次へ→

「次、ゆみちゃんはね……」
 変身ヒロインのうちの一人。車いすのまま衣装をチェンジ。
「え、でも……」
 アニメのそれはバトルアクションがある。
「ヒロインだってケガくらいするでしょ。そこで私が美味しいところかっさらって行くから。所々に手品を混ぜます。セリフは適当で」
「適当て」
 助手二人は顔を見合わせた。
「こういうのってお決まりのセリフあるでしょ。それでいいから」
「ええっと……よろしいかしら?」
 専属の保育士さん。子供達が待ってるんだけど。
「ええはい今行きます。みわちゃんこれを配って回って」
 レムリアはゆみちゃんの膝の上にハンカチを敷き、その上で両の手のひらを組み合わせ、タマゴ割るように開いた。
 山のようなキャンディーやビスケットなど、一粒ずつ小袋に入ったもの。
「まず私たちが出て行って、これを配ります。諏訪君は後からコソコソついてきて」
「それってあれか、『後ろ!後ろ!』ってやつか」
「その通り」
 レムリアはウィンクを返し、自らホワイトボードをガラガラ押して舞台を開けた。
 とんがり帽子で魔女の格好。
「だっせー、魔法使えよ」
 観客の男の子の突っ込み。彼は先回自分のショーを見ている。
「使うとHP減るのよ。さて皆さんこんにちは、一部の方には初めまして。私は魔女のレムリア。今日は手品を見せつけに参りました」
 帽子を取って胸に手を当て一礼。すると帽子の中からバラバラとステージに散らばるトランプやら造花やら。
「あらこぼれちゃった」
「だせー」
「タネ見えてやんの」
 ゲラゲラ笑って突っ込みが来る。が、その中にひとつ、明らかに帽子より大きなぬいぐるみ。
 足下に座らせる。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -20-

←前へ次へ→

「これはミサンガと言います。仲良し二人が付ける時、切れると二人の願いが叶います。その時私が必要であるなら、私はそこに呼ばれます。これではダメですか」
 ゆみちゃんは少しの間何も言わず、ただ、自らの手首を見つめた。
「二人の願い……」
「そう、みわちゃんの願いでもあるし、ゆみちゃんの願いでもある」
 ゆみちゃんはレムリアに目を向けた。
「私の……」
「そう」
 ここでレムリアは合点がいった。
 彼女は、ゆみちゃんは、自分のことは自分でしたい。可哀想な女の子と見られたくない。
 彼女の願い。
「助手を頼める?さっきも言ったけど」
 目を見て笑みを返す。
「いいけど、助手って何を?」
「一人でヒョイヒョイお菓子出しても、それだけで終わっちゃうから、二人で面白いコトする」
 ヒョイヒョイと言いながら、レムリアは自分の手のひらを交互に開閉し、都度お菓子を出してぽろぽろこぼした。
「ああ、こぼれてるよ……」
 諏訪君が拾いに掛かる。
「諏訪君も助手その2で」
「え?」
「あはは、お兄ちゃんなのにその2!」
 ゆみちゃんは笑った。

 館内放送があって程なく、食堂に集まってくる子供達。
「今日はホスピスのお年寄りも見えています」
 小倉医師はレムリアに目配せを交えた。
 入院している子供達と、お年寄りとの交流機会を持たせる医療機関、施設が増えている。相互に刺激になったり、思い出話を通じた過去の伝承など、身体的・知性的にプラスになる面が多いという。
「判りました。あまりビックリするような内容にならないように。えっとね……」
 助手二人に段取り説明。諏訪君は“魔人トンキン大王”。みんなに配ったお菓子を取り上げてしまう。ちなみに病院として寸劇は時々やるようで、小高いステージがあり、ホワイトボードを利用して緞帳の代わりに目隠しされている。
 なので下半身は客席から見える。
「配ったお菓子横取りして歩くの?」
「みんなの間を歩き回るだけでいいよ。これ着て」
 指をパチンと鳴らすと衣服が替わる。黒マントに福岡市の郷土芸能“博多にわか”の垂れ目マスク。

Eks5jzlu4aaw7yw
 みわちゃん爆笑。
「魔王!これで魔王!!」

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -19-

←前へ次へ→

 肩で息をし、声が紡げない。相当慌てたと見える。
「……ああ、良かった。びっくりした……」
「ごめんなさい。その、相原さんの手品見逃したくないなって。それから、みわちゃん、どんな。前はこんな」
 諏訪君の質問に医師が頷いた。
「伊藤さん、叱っておくから戻っていいです。……みわちゃんは骨髄移植をしました。姫さんにはCMLと言えば判りますね」
 レムリアは納得した。みわちゃんは透明ビニールシートで覆われ、それは無菌シート。更に呼吸補助装置をはじめ、数々の機器とチューブや電線でつながれている。
 CML:chronic myelogenous leukemia……慢性骨髄性白血病。日本語の字面を嫌ってロイケミアと呼ぶ向きもある。
「今は、眠っています」
 医師は小さく告げた。
「無理矢理起こすのは可哀想だよ」
 レムリアは言った。とはいえ、薬による眠りであるから、起こすという選択肢は存在しない。
「みわちゃんだけ後で、じゃだめ?」
 レムリアは小首を傾げて尋ねたが。
「いつも、みんなと一緒じゃないんだよ。一度くらいみんなと……」
 ゆみちゃんはだだをこねるように言った。
 一緒じゃない。それは、感染症防止のため、が趣旨だとレムリアは理解している。
 ただ、それは、そばにいるのに接触出来ないという状況を作る。
「魔法を使いますかね」
「えっ?」
 驚く声は同時複数。
 レムリアは手のひらを握り、ひらく。
 毛糸のリング。真珠を模した白い球が2つ。
「ミサンガ」
「あら懐かしい」
 それは医師と看護師。これをおまじないとして手首に付けるのが流行ったのは1990年代。
 レムリアは片方を握り、無菌シート越しにみわちゃんの手首を握り、手を開いた。
 シートを越えてみわちゃんの手首にミサンガが装着される。
「どうやって……」
 手首に通したわけでも、解いて結んだわけでもない。
 シートもめくらず。
「手品ですから。まぁ細かいことは気になさらず……こっちはゆみちゃんが付けて」
 同じく握って開けばこちらもミサンガ装着完了。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -18-

←前へ次へ→

「魔法は一朝一夕で使えるようにはなりません」
 と言って、袖口掴む手を広げ、手のひらで包んで握らせる。
 おまじないを掛けるように指先を向けてくるくる。
「まず、助手をやって下さい」
 指先で握り拳を1回つん。
「開いて」
 ゆみちゃんが言われるまま開くと、マシュマロが一個入った小袋。
「あ!」
「出来た。素質はあるよ。一緒に行きましょう」
 すると、また、袖口を掴まれる。
「ん?」
「隣の部屋。みわちゃん」
 彼女は日曜朝に放映される女児向けアニメが好き。変身して悪と戦う。
「ああ、そのグッズなら少しあるよ」
 レムリアはそのままマシュマロを再度握らせた。指つんで開くと今度はそのアニメキャラの缶バッジ。
 ゆみちゃんは首を左右に振った。
「違う。変身させたい。服があるんだ」
 車いすを動かしてレムリアを先導する。隣室引き戸をノックして、しかし返事を待たずに開ける。
「ゆみだよ。こんちは」
 再度声を掛けるが返事はない。ゆみちゃんは勝手知ったるとばかり、部屋に入ると壁際を指さした。
 ハンガーで変身コスチュームが下げてある。
 誰かいる。
「え?相原さん?」
 ちょっと鼻の詰まったような声だが諏訪君だとすぐに判った。その声の故は鼻の穴に酸素チューブを挿しているから。ベッドの傍ら車いすに座っており、背後に酸素ボンベが立っている。
 彼の目が見開かれた。
「あ、先生……」
「抜け出しは感心しないな」
 少女二人と共に立つ医師が手を腰に怒った表情。つまり、諏訪君は許可無しで病室を出て来た。
 廊下を慌てて走ってくる足音。
「小倉先生!諏訪君がいなく……」
「ここよ」
「え?」
 息を荒げた看護師が飛び込んで来、みわちゃんの病室へ顔を突っ込む。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -17-

←前へ次へ→

「わぁ」
「あらすごい」
 それはゆみちゃんと医師の感嘆。
 ただ、この男の子にあめ玉をあげるのは困難。
 あめ玉を両の手で包む。開くとずんぐりむっくりにデフォルメされたおもちゃの電車。
「701系とか」
 それは東北地方を走る電車の型式。
 男の子に変化が生じる。それは電車を見ようとし、手にしようとする動き。
「大丈夫。はいどうぞ」
 横たわる男の子の枕元、視界に電車を置く。
 男の子の表情筋が動く。弛緩が見え、笑みを作ろうとしていると判る。
「良かった。じゃぁまたね。みんなの所を回るんだ。短くてごめんね」
 手を振りバイバイ。
「ではお隣へ……どうされました先生?」
 レムリアが隣室への案内を求めて医師を見上げると、医師は刮目、といった表情で見返していた。
「先生?」
「ああ、ごめんなさい。りきと君は電車好きだったんだ。どこで?」
 初対面のはずなのに電車好きと知っている。そこに驚いたらしい。
「いえ、フィアンセの曰く男の子は電車かクルマ出せば間違いないとか」
 握る、開く、あめ玉。握る、開く、電車。握る、開く、ミニカー。
「なるほど……」
 それは嘘では無いが、レムリアは全容を言ってはいない。
 医師は左手首の腕時計を見やり、
「来れそうにない子は24人。諏訪君は気道拡張の処置中。昼休みには間に合うと思う」
「じゃ、みんな回りましょう」
 個室を回って行く。お菓子が大丈夫ならお菓子だし、男の子は乗り物。女の子は。
 アニメキャラクタのキーホルダー、携帯機器用のストラップ。
「作ったの?」
「いえ、市販品。東京駅にこういうの扱うお店が集まってるんです」
「高いんじゃないの?こういうキャラクター商品って」
「フィアンセにたかってますので」
 と、左手の袖口をくいくい引っ張る手指有り。
 ゆみちゃん。
「ん?」
「どうやってるの?」
 手品の種を教えろ。
「そりゃ企業秘密ですぜ」
 レムリアは口の端でニヤリと“魔女の微笑み”を作り、首を左右に振った。
「私も魔女になって何かしてあげたい。いつもされるばっかり」
 そう言われると降参である。レムリアは天使の笑顔を作った。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -16-

←前へ次へ→

 エレベータの扉が開いて先ほどの小倉医師。
「ああ、まだここにいたのね。あら、ゆみさんと一緒?」
「小倉先生。この人、魔女だそうです」
「知ってるよ。王女メディア・ボレアリス・アルフェラッツ。彼女が子供達に笑顔をもたらした時、それは奇跡の始まる合図。だからそう、人は彼女をこう呼ぶ、ミラクル・プリンセスと。当院へようこそ。あなたの御心のままにハイネス」
 それは先回自分がここへ来て以後、何者なのか詳細に調査された結果。
 ごちゃごちゃ説明する必要はない。
「ご快諾いただきありがとうございます。わたくしは子供達に笑顔になってもらうことがライフワーク。お昼休みあたりでどこかでみんなに集まってもらうか、個々の病室を回ることは可能ですか?」
「お昼は食堂ですので、告知して、興味ある子には残ってもらうつもりです。でも、動けない子もいます。そうした子達には……」
「今からでも病室を訪ねていいですか?」
 小倉医師はフッと笑った。
「もちろん。姫君、あなたの言葉には、あなたとの会話には限りないポジティブを感じる。何でも可能になると思わせる強さを感じる。どうぞ」
 小倉医師はエレベータのボタンを押した。
 4人で乗り込み、ケージが降りて行く。
「魔法って何が出来るの?」
 ゆみちゃんが訊いた。
「飛べる?」
「ほうきにまたがるんじゃなくてさっきの船だけどね」
 リンゴーン、とでも表現するか、電子チャイムと共にエレベータケージが停止。
 ドアが開いて声一つ聞こえない。ただ、耳を澄ますと幾らか電子機器の動作音。
 生命維持、呼吸アシスト、そういった機器類。生きることにそうした機器類が絶対必要な子供達。
 個室のドアをノックして訪なう。
「巡回です。こちらメディア王女。2階の笹倉あゆみさん。糸田さん」
 糸田さんはゆみちゃんの付き添い担当の方のこと。
 あゆみ?ゆみじゃなくて?
「先生やめて。私はゆみ。歩けないあゆみなんてシャレにもならない」
「ごめんなさい、ゆみさん」
 その部屋は男の子。ベッドに横たわり、機器類とホースやケーブルで接続され、動けない。
 レムリアは正面に回る。
「こんにちは。今日はマジックショーを見てもらいに来ました」
 手のひらを見せ、握り、開き、あめ玉。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -15-

←前へ次へ→

「じゃ、空飛んでみる?」
 レムリアは背後の船を指さしそう返した。諏訪君は任して大丈夫であろうし、容態が落ち着くまで少しかかる。
「あの、どういう……」
 女性が困惑の表情を浮かべる。まぁ、自分たちの会話は常識的には非常識だろう。
「これ、空飛ぶんですよ。数分で済みますので、お嬢さんを空の散歩に連れ出してもよろしいですか?私(わたくし)はこういう者です」
 IDカードを見せる。この船に乗り組む前から所属する国際救助ボランティアは世界的な知名度もあり、大丈夫であろう。
「メディア……。え、ちょっと待って下さい。医療派遣団にいる日本語ペラペラの女の子って……魔法の国のお姫様と……」
 そうやって日本の雑誌で紹介された。
「ええ、魔法の国の姫様です。でも、帰化しました」
 女性は目をまん丸に見開いてレムリアを見つめた。
 少し整理する。彼女レムリアの生来の名は前述の通りメディア・ボレアリス・アルフェラッツという。欧州東端の小国で、中世魔女の輩出で知られたアルフェラッツ王国のれっきとした王女である。日本にいて異国の娘と気づかれないビジュアルをしているが、日本語は話せる言語の一つに過ぎない。数年オランダで一人暮らしをし、国際救助ボランティアに属して看護師として活動、縁あって結婚前提で日本に帰化した。なお、空飛ぶ船は更に別途所属している極秘救助チームの所有物であり、レムリアはそちらで使うコールサイン。
「私だけってのは、だめ」
 女の子が両腕で大きなバツ印を作った。
 レムリアは小さく笑った。その意図を判じたからだ。
「私は動けるからまだいい。でもずっと寝たきりの子もいるし、出し抜いて私だけとかイヤだ。魔法なら、全員にかけて」
“魔法の国のお姫様”は驚愕事項ではないらしい。
 そして、志の表出であろう言動は立派の一言。
「判りました。みんなの病室を回るよ」
「じゃぁ、ついてきて」
 女の子は自ら車いすのホイールを回してエレベータの方へ向かう。

(つづく)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧