小説・魔法少女レムリアシリーズ

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -20-

←前へ・次へ→

「これはミサンガと言います。仲良し二人が付ける時、切れると二人の願いが叶います。その時私が必要であるなら、私はそこに呼ばれます。これではダメですか」
 ゆみちゃんは少しの間何も言わず、ただ、自らの手首を見つめた。
「二人の願い……」
「そう、みわちゃんの願いでもあるし、ゆみちゃんの願いでもある」
 ゆみちゃんはレムリアに目を向けた。
「私の……」
「そう」
 ここでレムリアは合点がいった。
 彼女は、ゆみちゃんは、自分のことは自分でしたい。可哀想な女の子と見られたくない。
 彼女の願い。
「助手を頼める?さっきも言ったけど」
 目を見て笑みを返す。
「いいけど、助手って何を?」
「一人でヒョイヒョイお菓子出しても、それだけで終わっちゃうから、二人で面白いコトする」
 ヒョイヒョイと言いながら、レムリアは自分の手のひらを交互に開閉し、都度お菓子を出してぽろぽろこぼした。
「ああ、こぼれてるよ……」
 諏訪君が拾いに掛かる。
「諏訪君も助手その2で」
「え?」
「あはは、お兄ちゃんなのにその2!」
 ゆみちゃんは笑った。

 館内放送があって程なく、食堂に集まってくる子供達。
「今日はホスピスのお年寄りも見えています」
 小倉医師はレムリアに目配せを交えた。
 入院している子供達と、お年寄りとの交流機会を持たせる医療機関、施設が増えている。相互に刺激になったり、思い出話を通じた過去の伝承など、身体的・知性的にプラスになる面が多いという。
「判りました。あまりビックリするような内容にならないように。えっとね……」
 助手二人に段取り説明。諏訪君は“魔人トンキン大王”。みんなに配ったお菓子を取り上げてしまう。ちなみに病院として寸劇は時々やるようで、小高いステージがあり、ホワイトボードを利用して緞帳の代わりに目隠しされている。
 なので下半身は客席から見える。
「配ったお菓子横取りして歩くの?」
「みんなの間を歩き回るだけでいいよ。これ着て」
 指をパチンと鳴らすと衣服が替わる。黒マントに福岡市の郷土芸能“博多にわか”の垂れ目マスク。

Eks5jzlu4aaw7yw
 みわちゃん爆笑。
「魔王!これで魔王!!」

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -19-

←前へ次へ→

 肩で息をし、声が紡げない。相当慌てたと見える。
「……ああ、良かった。びっくりした……」
「ごめんなさい。その、相原さんの手品見逃したくないなって。それから、みわちゃん、どんな。前はこんな」
 諏訪君の質問に医師が頷いた。
「伊藤さん、叱っておくから戻っていいです。……みわちゃんは骨髄移植をしました。姫さんにはCMLと言えば判りますね」
 レムリアは納得した。みわちゃんは透明ビニールシートで覆われ、それは無菌シート。更に呼吸補助装置をはじめ、数々の機器とチューブや電線でつながれている。
 CML:chronic myelogenous leukemia……慢性骨髄性白血病。日本語の字面を嫌ってロイケミアと呼ぶ向きもある。
「今は、眠っています」
 医師は小さく告げた。
「無理矢理起こすのは可哀想だよ」
 レムリアは言った。とはいえ、薬による眠りであるから、起こすという選択肢は存在しない。
「みわちゃんだけ後で、じゃだめ?」
 レムリアは小首を傾げて尋ねたが。
「いつも、みんなと一緒じゃないんだよ。一度くらいみんなと……」
 ゆみちゃんはだだをこねるように言った。
 一緒じゃない。それは、感染症防止のため、が趣旨だとレムリアは理解している。
 ただ、それは、そばにいるのに接触出来ないという状況を作る。
「魔法を使いますかね」
「えっ?」
 驚く声は同時複数。
 レムリアは手のひらを握り、ひらく。
 毛糸のリング。真珠を模した白い球が2つ。
「ミサンガ」
「あら懐かしい」
 それは医師と看護師。これをおまじないとして手首に付けるのが流行ったのは1990年代。
 レムリアは片方を握り、無菌シート越しにみわちゃんの手首を握り、手を開いた。
 シートを越えてみわちゃんの手首にミサンガが装着される。
「どうやって……」
 手首に通したわけでも、解いて結んだわけでもない。
 シートもめくらず。
「手品ですから。まぁ細かいことは気になさらず……こっちはゆみちゃんが付けて」
 同じく握って開けばこちらもミサンガ装着完了。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -18-

←前へ次へ→

「魔法は一朝一夕で使えるようにはなりません」
 と言って、袖口掴む手を広げ、手のひらで包んで握らせる。
 おまじないを掛けるように指先を向けてくるくる。
「まず、助手をやって下さい」
 指先で握り拳を1回つん。
「開いて」
 ゆみちゃんが言われるまま開くと、マシュマロが一個入った小袋。
「あ!」
「出来た。素質はあるよ。一緒に行きましょう」
 すると、また、袖口を掴まれる。
「ん?」
「隣の部屋。みわちゃん」
 彼女は日曜朝に放映される女児向けアニメが好き。変身して悪と戦う。
「ああ、そのグッズなら少しあるよ」
 レムリアはそのままマシュマロを再度握らせた。指つんで開くと今度はそのアニメキャラの缶バッジ。
 ゆみちゃんは首を左右に振った。
「違う。変身させたい。服があるんだ」
 車いすを動かしてレムリアを先導する。隣室引き戸をノックして、しかし返事を待たずに開ける。
「ゆみだよ。こんちは」
 再度声を掛けるが返事はない。ゆみちゃんは勝手知ったるとばかり、部屋に入ると壁際を指さした。
 ハンガーで変身コスチュームが下げてある。
 誰かいる。
「え?相原さん?」
 ちょっと鼻の詰まったような声だが諏訪君だとすぐに判った。その声の故は鼻の穴に酸素チューブを挿しているから。ベッドの傍ら車いすに座っており、背後に酸素ボンベが立っている。
 彼の目が見開かれた。
「あ、先生……」
「抜け出しは感心しないな」
 少女二人と共に立つ医師が手を腰に怒った表情。つまり、諏訪君は許可無しで病室を出て来た。
 廊下を慌てて走ってくる足音。
「小倉先生!諏訪君がいなく……」
「ここよ」
「え?」
 息を荒げた看護師が飛び込んで来、みわちゃんの病室へ顔を突っ込む。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -17-

←前へ次へ→

「わぁ」
「あらすごい」
 それはゆみちゃんと医師の感嘆。
 ただ、この男の子にあめ玉をあげるのは困難。
 あめ玉を両の手で包む。開くとずんぐりむっくりにデフォルメされたおもちゃの電車。
「701系とか」
 それは東北地方を走る電車の型式。
 男の子に変化が生じる。それは電車を見ようとし、手にしようとする動き。
「大丈夫。はいどうぞ」
 横たわる男の子の枕元、視界に電車を置く。
 男の子の表情筋が動く。弛緩が見え、笑みを作ろうとしていると判る。
「良かった。じゃぁまたね。みんなの所を回るんだ。短くてごめんね」
 手を振りバイバイ。
「ではお隣へ……どうされました先生?」
 レムリアが隣室への案内を求めて医師を見上げると、医師は刮目、といった表情で見返していた。
「先生?」
「ああ、ごめんなさい。りきと君は電車好きだったんだ。どこで?」
 初対面のはずなのに電車好きと知っている。そこに驚いたらしい。
「いえ、フィアンセの曰く男の子は電車かクルマ出せば間違いないとか」
 握る、開く、あめ玉。握る、開く、電車。握る、開く、ミニカー。
「なるほど……」
 それは嘘では無いが、レムリアは全容を言ってはいない。
 医師は左手首の腕時計を見やり、
「来れそうにない子は24人。諏訪君は気道拡張の処置中。昼休みには間に合うと思う」
「じゃ、みんな回りましょう」
 個室を回って行く。お菓子が大丈夫ならお菓子だし、男の子は乗り物。女の子は。
 アニメキャラクタのキーホルダー、携帯機器用のストラップ。
「作ったの?」
「いえ、市販品。東京駅にこういうの扱うお店が集まってるんです」
「高いんじゃないの?こういうキャラクター商品って」
「フィアンセにたかってますので」
 と、左手の袖口をくいくい引っ張る手指有り。
 ゆみちゃん。
「ん?」
「どうやってるの?」
 手品の種を教えろ。
「そりゃ企業秘密ですぜ」
 レムリアは口の端でニヤリと“魔女の微笑み”を作り、首を左右に振った。
「私も魔女になって何かしてあげたい。いつもされるばっかり」
 そう言われると降参である。レムリアは天使の笑顔を作った。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -16-

←前へ次へ→

 エレベータの扉が開いて先ほどの小倉医師。
「ああ、まだここにいたのね。あら、ゆみさんと一緒?」
「小倉先生。この人、魔女だそうです」
「知ってるよ。王女メディア・ボレアリス・アルフェラッツ。彼女が子供達に笑顔をもたらした時、それは奇跡の始まる合図。だからそう、人は彼女をこう呼ぶ、ミラクル・プリンセスと。当院へようこそ。あなたの御心のままにハイネス」
 それは先回自分がここへ来て以後、何者なのか詳細に調査された結果。
 ごちゃごちゃ説明する必要はない。
「ご快諾いただきありがとうございます。わたくしは子供達に笑顔になってもらうことがライフワーク。お昼休みあたりでどこかでみんなに集まってもらうか、個々の病室を回ることは可能ですか?」
「お昼は食堂ですので、告知して、興味ある子には残ってもらうつもりです。でも、動けない子もいます。そうした子達には……」
「今からでも病室を訪ねていいですか?」
 小倉医師はフッと笑った。
「もちろん。姫君、あなたの言葉には、あなたとの会話には限りないポジティブを感じる。何でも可能になると思わせる強さを感じる。どうぞ」
 小倉医師はエレベータのボタンを押した。
 4人で乗り込み、ケージが降りて行く。
「魔法って何が出来るの?」
 ゆみちゃんが訊いた。
「飛べる?」
「ほうきにまたがるんじゃなくてさっきの船だけどね」
 リンゴーン、とでも表現するか、電子チャイムと共にエレベータケージが停止。
 ドアが開いて声一つ聞こえない。ただ、耳を澄ますと幾らか電子機器の動作音。
 生命維持、呼吸アシスト、そういった機器類。生きることにそうした機器類が絶対必要な子供達。
 個室のドアをノックして訪なう。
「巡回です。こちらメディア王女。2階の笹倉あゆみさん。糸田さん」
 糸田さんはゆみちゃんの付き添い担当の方のこと。
 あゆみ?ゆみじゃなくて?
「先生やめて。私はゆみ。歩けないあゆみなんてシャレにもならない」
「ごめんなさい、ゆみさん」
 その部屋は男の子。ベッドに横たわり、機器類とホースやケーブルで接続され、動けない。
 レムリアは正面に回る。
「こんにちは。今日はマジックショーを見てもらいに来ました」
 手のひらを見せ、握り、開き、あめ玉。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -15-

←前へ次へ→

「じゃ、空飛んでみる?」
 レムリアは背後の船を指さしそう返した。諏訪君は任して大丈夫であろうし、容態が落ち着くまで少しかかる。
「あの、どういう……」
 女性が困惑の表情を浮かべる。まぁ、自分たちの会話は常識的には非常識だろう。
「これ、空飛ぶんですよ。数分で済みますので、お嬢さんを空の散歩に連れ出してもよろしいですか?私(わたくし)はこういう者です」
 IDカードを見せる。この船に乗り組む前から所属する国際救助ボランティアは世界的な知名度もあり、大丈夫であろう。
「メディア……。え、ちょっと待って下さい。医療派遣団にいる日本語ペラペラの女の子って……魔法の国のお姫様と……」
 そうやって日本の雑誌で紹介された。
「ええ、魔法の国の姫様です。でも、帰化しました」
 女性は目をまん丸に見開いてレムリアを見つめた。
 少し整理する。彼女レムリアの生来の名は前述の通りメディア・ボレアリス・アルフェラッツという。欧州東端の小国で、中世魔女の輩出で知られたアルフェラッツ王国のれっきとした王女である。日本にいて異国の娘と気づかれないビジュアルをしているが、日本語は話せる言語の一つに過ぎない。数年オランダで一人暮らしをし、国際救助ボランティアに属して看護師として活動、縁あって結婚前提で日本に帰化した。なお、空飛ぶ船は更に別途所属している極秘救助チームの所有物であり、レムリアはそちらで使うコールサイン。
「私だけってのは、だめ」
 女の子が両腕で大きなバツ印を作った。
 レムリアは小さく笑った。その意図を判じたからだ。
「私は動けるからまだいい。でもずっと寝たきりの子もいるし、出し抜いて私だけとかイヤだ。魔法なら、全員にかけて」
“魔法の国のお姫様”は驚愕事項ではないらしい。
 そして、志の表出であろう言動は立派の一言。
「判りました。みんなの病室を回るよ」
「じゃぁ、ついてきて」
 女の子は自ら車いすのホイールを回してエレベータの方へ向かう。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -14-

←前へ次へ→

 その時。
「あなたってアトレーユなの?」
 可愛らしい声が傍らから発せられた。
 レムリアは立ち止まり、声の主のたる車いすの女の子に目を向けた。
「ゆみちゃん、お姉さんは忙しいのよ」
 車いすを押している女性が軽くたしなめる。だが、レムリアは諏訪君を医師と大男に任せ、女の子前で膝を折った。
 アトレーユ。長編ファンタジーで知られる“ネバーエンディングストリー”の主人公である。
 実は空飛ぶ船を見られたことが過去何度かある。その場合、大体の反応は“ピーターパン”であった。それならネバーランドだが。勘違い?
「ドラゴン、あの子連れてどっか行っちゃうよ?」
「ゆみさん、失礼ですよ……ごめんなさい。あの、先生の所へ行かれて下さい。この子は……」
 女の子の言葉と付き添いの方から判ることは二つ。
 女の子は良く本を読む。そして、この種の発言を“失礼”とは思わず繰り返している(繰り返してしまう)。
 その結果、多分、女の子の本質に対して様々な誤解を生んできた。
 すると?自分が男の子に見える?
「男の子に見える?」
 レムリアは自分を指さして聞いてみた。
「うん。おっぱいないじゃん」
「これ!」
 付き添いの女性はたしなめるが。
 イコール、付き添いの方にもそう見える。
「あっはっは……」
「あとね、強いから。絶対に信じてるから。ヒーローのように」
 それはレムリアの苦笑を真顔に戻させることになった。確かに、“とりあえず逃げる”という心理は芽生えたことがない。それら情動と、諸々の“女の子らしくない”部分が男の子のように感ぜられたか。
 否、自分は真の困難に出くわしたことが無いのかも知れぬ。
「私、歩けないんだ」
 女の子は唐突に言った。
 その足に目をやると細っこく、応じた筋肉がついていないと判る。
「頭もおかしいって」
「これ!」
 付き添いの方はそうやって幾度この子をたしなめてきたのであろうか。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -13-

←前へ次へ→

 女性の声。諏訪君が背中でぴくりと動き、主治医だったと判ずる。
『担当医師の小倉です。今どちらにお見えですか?』
「病院の真上です。降ります」
『はい。こちらも用意を……真上!?』
「ヘリコプターみたいなもんです。お願いします」
 答えながらPSCのボタンを押す。これは船内通知用。許可が出たので下ろして。
 セレネが答える。
『了解。屋上ヘリポート位置に降下……しますが、人がいます。滑空モードで降下します』
「構いません。滑空モードで」
 滑空モード。レムリアはカメラ画像で屋上を見やった。車いすの子供さんとそれを押す付き添いの大人。
 この船は国際レベルの機密だが、暴風は出せない。クローキング……すなわち光学迷彩で姿を隠す機能は持つが、滑空に必要な気流を遮断してしまう。
 仕方がない。
 甲板の前中後、3本配されたマストの帆を広げて風をはらむ。
 水平に近い角度まで広げて船は空を滑る。1回旋回し、応じて影が屋上を横切り、屋上の二人が見上げる。
 驚愕に極限まで見開かれた瞳。
 船はわずかな音を立てて船底を病院屋上に付ける。帆を畳んで、船体の側面、海行く船なら喫水線の下に来る位置にある扉がスライドして開く。
 金髪碧眼の大男におんぶされた男の子、その傍らに酸素ボンベとショルダーバッグを下げた女の子。
「驚かせてしまって申し訳ありません。小倉先生の了解をいただいて諏訪利一郎の診察に伺いました」
 テレパスが感知する。屋上に出る扉が開く。
 車いすと付き添いの二人が呆然としているその奥、小屋のような部分で鉄の扉がギイと開いた。
 風に揺れる桜色の着衣。結んだ髪が背後を流れる。
「信じられない」
「喘息の発作を起こしチアノーゼを呈しました。今はこれの“機動衛生ユニット”の呼吸器を付けています」
 レムリアは大男と主に歩み寄りながら、これ……背後の船を指さした。なお、“機動衛生ユニット”は自衛隊が所有している航空機搭載型のミニ病院である。分かり易いと思いそう言っただけ。アルゴ号の場合“生命保持ユニット”と呼ぶ。
「あと、お願い出来ますか?」
 半ば呆然としている小倉医師の目を見ながら、レムリアは言った。
「え。あ、はいはい。こちらへ」
 スイッチが復帰したように小倉医師が身体の向きを反転させる。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -12-

←前へ次へ→

 

 アルゴ号は“光子ロケット”を動力とする。詳細は省くが本来は恒星系間航行用の亜光速宇宙船である。ただ、“燃料”である“陽電子”が容易に得られる段階ではなく、しかし速力が得られることから、全地球規模で活動する救助ボランティア船として運営している。
 都内から福島県、諏訪君の入院していた病院まで数秒で達する。レムリアが病院へ電話する方が時間が掛かるほど。
「先に小児病棟でちょっとお手伝いさせていただいた相原姫子と申します。そちらに3月まで入院していた諏訪利一郎くんが喘息の発作を起こし、チアノーゼを呈しています。主治医の先生に取り次ぎをお願いしたいのですが」
『ちょっと待って下さい』
 応対した女性はこう返した。レムリアの物言いは情報量が多すぎである。
『その諏訪……という方の診察券番号は判りますか?』
「大変な状態で聞き出せないからお願いしています」
 なおこの間に船は病院の屋上、ヘリポートの位置に降りた。
『親族の方ですか?』
「友人です」
『東京へ……』
「その通りです。が、すぐ来られる位置で発作を起こしてしまったので連れてきました」
 彼の制服胸ポケットに手を入れ、生徒手帳をペラペラめくる。緊急連絡先とか何か無いか。
 が、新年度でありまっさら。
『申し訳ありませんが確認が取れないとなんとも……』
 そりゃそうかもしれないが面倒くさい。
 呼吸補助装置が警告ブザー。
『レムリア!』
 反射的にセレネが呼んだ彼女の名前に、強く反応したのは電話の向こうであった。
『レムリア……ひょっとしてあの時の魔女さんですか!?』
 魔女のレムリア……彼女は小児病棟や孤児院でマジックを披露する時そう名乗る。
「そうです。今、諏訪君と同じ学校に通っていて……」
 および。
「……諏訪です。お久しぶりです……綾部(あやべ)さん」
 諏訪君はそれだけどうにか口にして失神した。
 慌ただしくなったのは電話の向こう。婦長か小倉(おぐら)先生は見えませんか?3月まで当院にいた諏訪君らしいです。あの時の魔女さんも一緒です。
 受話器が手と手の間を渡る音。
『もしもし?』

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -11-

←前へ次へ→

「ごめん、諏訪君を窓際へ。救助を来させる」
 この言葉に反応した級友があった。
 去る3月、遠足で訪れた遊園地で首記した“救助”を目の当たりにした、同じ班だった娘達だ。
「姫ちゃん、救助って」
「お察しの通り。保健室で救急車待つとかまだるこしい。……その黒板の文字が何なのか後で聞かせて」
 “その”を顎をくいっと傾けて示した刹那、テレパス一閃。
-レムリア!大丈夫ですか!状況は把握しました。船を下ろします。
 その女(ひと)は、名……コールサインをセレネという。
「はい。お願いします」
 声に出すが、出す必要は本来ない。ただ、変化が起きるという予告のためだ。
 ドアが開いて担任の気配。
「ケンカと聞きました。どうし……」
 瞠目したままその動きが止まった。
 突如、轟と唸って風が舞い、教室の中を吹き抜けていろんな物をバサバサと飛ばす。
 突如の暴風は悲鳴と恐怖を惹起する。窓から逃れる、焦って転ぶ級友も。
 その風を吹き出す正体。窓の外に浮かぶ船体。
 超高速救助ボランティア“アルゴ・ムーンライト・プロジェクト”が所有する飛行帆船アルゴ号。
 風圧で中空に静止する。伴う暴風である。薄茶色の船体側壁が接近し、甲板高さが窓に合わされ。
 大男が歩いてきて、大ぶりな木の板……生徒である彼らは跳び箱で使うジャンプ板を思い出した……を船体と窓枠の間に渡した。
 金髪碧眼で、やや紅潮させたようにも見える顔色の男がニヤッと笑う。
 コールサインを“アリスタルコス”。
「どうした」という英語。
「友人が喘息で強い発作を起こした。病院へ行く」
 レムリアは諏訪君をおんぶする動作をしながら言った。風に向かう短い髪が暴れ放題。
「待った。この……船に運べばいいんだな」
 背後からのそれは平沢。
「ええそう」
「任してくれ……なんかすげえな。映画みたいな」
 平沢が諏訪君をおぶって、風圧に目を細めながら窓際へ歩く。
 大男アリスタルコスがしゃがんで諏訪君を抱え上げる。
「身体を寝かさないように。腫れた気道が潰れるから」
「オーケイ」
 片腕で抱きかかえ、レムリアが乗り込むのを待ち、空いた手で教室に渡した板を外す。
「どこへ……」
 平沢が尋ねる。この状況でそれしか言葉が見つからなかった。そんな感じ。
「諏訪君が入院してた福島の病院。ありがとう。離れて。また暴風が吹きます。副長乗船しました。発進願います」
 この間にアリスタルコスが耳栓装置PSCの新しい物をレムリアに渡した。
『了解』
 セレネから声があり、ピン、と耳に甲高い電子音。

(つづく)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧