小説・魔法少女レムリアシリーズ

【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -04-

←前へ・次へ→

 廊下を行く足音が遠ざかる。
「あの、えと、ごめん」
 平沢はまず言った。
 彼女はソファに腰を下ろした。
「いいよ。それで……相原姫子として、それとも、レムリアとして?」
 レムリア、というのは彼女の国際的通り名である。特殊な方法で人命救助を行う。秘密を共有できると信じた友にだけ教えている名前。ちなみに、彼にはその“特殊な方法”を見られたこともあり、開示してある。
 つまり、級友としてではなく、そういう、特殊スキルを要する相談ですか?
「うちのばあちゃんがいなくなったんだ」
 福島県三春(みはる)にて夫君と死別し、おひとりでお住まいであったが、原発事故を機にこちら東京で彼のご家族と同居を始めた……と彼は説明した。
 お年寄りの行方不明というと、いわゆる“徘徊”が思い浮かぶが。
「近所探しても見つからなくて……それで、なんか知らないけど、姫ちゃんなら、れ、レムリアなら道が開けるかもとか……ごめん、図々しいよね。やっぱり」
「いいえ」
 狼狽を見せる平沢に彼女……以下、意を汲んでレムリアと書く……はゆっくり応じた。
 これでも看護師でテレパス。可能な範囲で。
「順番に状況訊かせてね。おばあさまは、認知症はあった?」
 徘徊と言えば背景にこれがあることが多いが。
「いや……こっち来てすぐ、物忘れが多いとか、ぼーっとしてるとか多くなって、介護保険の認定とかやってみたけど、そういう判断は出なかった」
「直近で脳梗塞とか起こしたことは」
「ううん。膝が悪くて病院行ってるけど。あとは血圧の薬飲んでるくらい……え、膝かな。途中で歩けなくなったとか」
 それはない。という直感、それこそ超感覚的回答。
「ないと思う。この近所で動けなくなって他の人の目に触れないことはないでしょう。昨日、一昨日でいつもと違うところは?」
 平沢はうーんと考え込んで。
「オレ、部活と塾で帰ると8時なんだ。その間にばあちゃん風呂に入ってて、オレが風呂入ってる間に寝ちゃう。だから、ここ2~3日は話してないや……え、それがまずかったのか!?」
 立ち上がる勢い。
「違う違う。落ち着いて。認知症って怖くて、倒れて一晩入院したら別人になってましたとかあるわけ。ケガや病気で何か回復不可能な不具合を持ってしまったり、絶望した瞬間にガラス割れるみたいに人格が壊れちゃう。そういう一般論に基づき訊きました。進(すすむ)君が把握している範囲では変化はなかった訳ね。ご家族からそういう話も出なかった」
 平沢は頷いた。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -03-

←前へ次へ→

「姫ちゃんだってお」(だってよ、のネットスラング。2010年代)
「え?お前らデキてんの?」
「事件事件」
「何かあった?」
 冷やかす声を無視して彼女が問うたら雰囲気が一気に変わった。
 真剣かつ急を要する事態という理解が広がる。
「いや、あの、ごめん……」
 彼は動作を切ってきびすを返そうとしたが、
「いいから!。たった今お休みと聞きました。なのに飛び込んできて私に直。私が必要なら動きますよ。何があったの?」
 訊きながら……彼の思惟を探るが、驚いたことにテレパシーが入り込めない。恐ろしく強く固い壁があるのだ。
 まるで心を閉ざしているかのように。
 葛藤は受け取る。一か八かの結果が自分なのだが、そんなことをしてはいけないという強い諫め。
 極めてプライベートな内容なことだけは確か。能力上げれば切り込めるがやりたくない。
「生徒相談室を開けましょうか?」
 奈良井が提案してくれた。
「え、でも……」
 衆目に困惑する平沢。言葉なき「ごめん」のように彼女を見つめる。
 彼女は笑みで返して。
「呼び出して何を今更。遠慮しないで。全世界に様々なツテがあるから、スキルとエビデンスは集まるよ。行きましょう。先生お願いします」

 職員室の二つ隣。
 鍵束から担任奈良井がようやく見つけ出して引き戸を開けると、ホコリすら動いていない印象。
 あまり使われていない。
 いいか悪いかはさておき。事実として。
「どうぞ。オバケ出たりしないから」
 促されて二人はソファセットへ足を進める。ソファは横長の応接卓を挟み、向かい合わせに4脚。
「私、いた方がいいですか?いない方がいい?相原さんは事情を知ってるみたいだけど」
 いいえ全然知りません……ただ、応じた開示はしてくれると思う。
「平沢君次第だけど」
 彼女は水を向けた。
 彼は一瞬、逡巡し、
「いえ、自分で話します」
 しかし強くそう言った。
「そう。じゃぁ終わったら声かけて」
 担任奈良井は言い、ドアを閉めて歩き去った。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -02-

←前へ次へ→

「姫ちゃん」
 呼ばれて、彼女は“目覚める”。音楽聴いたり瞑想したりするのは、ストレス源シャットアウトの次善手段だが、通り過ぎてうたた寝していたらしい。
「仏様みたいだったわよ」
 教壇からキュロットスカートの担任奈良井(ならい)が笑みを含んで言い、クスクス笑いがクラスに広がる。どうやら座ったまま微動だにせず目は半眼……菩薩様の半跏思惟像っぽく見えたと。
「おん・まいたれいや・そわか・きょうの・きゅうしょく・なにか」
 言われたからにはボケ倒す。指を“OK”の形に作り、呪文っぽいのは弥勒菩薩の真言(しんごん)もじり。「56億7千万年後に再臨する救世主マイトレーヤ」は彼女が住んでいたキリスト教圏でもそれなりに有名である。なお、彼女自身の外見容姿は日本の街中歩いていて海外の出自と判らず、幼さの残る“ころん”とした顔立ちと、真っ直ぐな目線の持ち主であり、原宿歩いていてスカウトされたこともある。
「カレーだよ」
「やったぜ」
 目を見開き、両の手を身体の前で合わせてパチンと鳴らす。
 クスクスを通り越してぷっと吹き出す声。
 担任は咳払いして場を改め。
「では学活始めます。連絡事項。昨日の水道水の放射線数値は……」
 そこで彼女は“いつも自分を見つめ続ける思惟”の不在に気づく。
 右斜め後ろ、廊下より。
 見なくても判る。空席だ。
「……えっと、あとそう、平沢君ですけど」
 担任の言及に目を向けると、クラスメートの目も揃ってその空席に向けられ、少しざわつく。野球部で活躍し応じた体躯のスポーツマン。体調不良とは縁遠いタイプだが。
「家庭の事情で今日は欠席と……」
 ガラリ、と、やや性急さを伴って教室の前側引き戸が開けられたのはその時。
 肩で息する大柄で坊主頭。件の平沢である。この中学校の制服はブレザーであるが、ボタンが一つ留まっていないなど、慌てて引っかけてきた風情。
 真剣なまなざし、焦燥を感じる表情、自席に近い後ろドアではなく、前から入ってきた理由。
「姫ちゃん」
 体格なりの野太い声で呼ばれると同時に彼女は自分を指さし立ち上がった。彼が普段、自分に思惟を送る背景は好意に他ならない。公開告白に公開お断り済み。自分には婿の候補者が内定済みでダメだよとは言ってあり、理解は示したが、自分と普通に接してくれる希少な女子が学校一の美少女では、どうにも止まらないらしい。
 そうした経緯でフランクに姫ちゃんと呼んでもいいよとは言い、さりとて彼は恥ずかしがってクラスにあるときは「相原さん」とさん付けを通していた。
 それがいきなり姫ちゃんと来た。自分に強い意志持て伝達したい何かがある。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -01-

←レムリアシリーズ一覧次へ→

 

 テレパシー。超常感覚的知覚の一つ。五感を介さず色々と“判ってしまう”能力。英語ではtelepathyと書くが、“tele”は“遠隔”を意味する接頭辞。テレパスはその使い手。
 とはいえ、知りたいと思ったことは当然のことながら、知りたくもない情報まで勝手に入ってくることもまま。それは有利なようであるが、時に“手遅れ”な内容であることも。
 こうした“意のままになるようで、そうでもない”状況は、使い手にとって心理的負担、ストレスそのものであって、精神を病む能力者が少なからずいる、というのも納得出来る。“判る”ことを振りかざすのではなく、必要なもの以外は排除する(気にしない)スキルを獲得してこそ上級者なのだというのが最近の認識。ことに“学校”という組織にいれば尚。ここで短い2年生3学期と、3年生になって1ヶ月過ごして判ったことは、何らかベクトルのある思考……すなわち、特定の人や物に向けられた思惟は感知されやすく、中で自分に対するものは遮断できないということ。逆に単なる感想や欲求(花が綺麗、腹が減った)などは、「この人何考えているのかな?」とこちらから探りに行かない限り、感知することはない。すなわち、覗き趣味がなければ、見えすぎて困る、ということはない。
 ちなみに、自分に向けられた思惟を総括すると、男子達は外観上の評価と性的な目線、女子達は好悪両極端の反応、に大別出来る。このうち、性的に見られるのは勝手な想像と決めつけを含んでいて何かムカつくので、“相原姫子……あいはらひめこ:彼女の通り名……は貧乳である”というウワサを女子達に媒介してもらっている。それはそれで新たに食いついてきた手合いもあるらしいが。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -36・終-

←前へレムリアシリーズ一覧へ→

 次いで、彼女は相原学を指さし、
「こいつから聞いた理屈の私なりの理解は以上です。でも、反感、不信感、理解したがたい等々あるでしょう。それは否定しませんし、詩織かーちゃんみたいに理屈以前の問題の場合、和解はあり得ません。ただ、闇雲に怖がるよりは理屈知ってた方が安心出来る領域は増えますし、何より指輪みたいな失態は起こりません。さてこれで普通の女の子に戻って普通の授業に戻りたいですが、質問と言っておきたいこと、あれば」
 見回すと挙手したのは校長。
「ど、どうぞ」
「博識にびっくりだ。あなたは放射能が怖くないのかな?」
「誰かが言ってたんですが“正しく怖がれ”だと思います。医学、看護学、生物学に興味がありますが、食べ物に天然物の放射性物質が入っていますし、温泉周辺のラドンガスなんかも放射性同位体があると知識として持っています。そして、そういう環境で生きてきたのが地球生命ですので、放射能自体は多少あっても問題は無い。ただ、毒となる領域はあるので、危険を判断する能力は付けておくに越したことはない。それだけです。飛び降りると危険な高さを知ることと同じかと」
 すると校長はゆっくり頷き、
「なるほど。僕は後から来たから、あなたがどのように説明したか判らないけれども、放射性物質の話は中学生ではすぐに理解出来ないレベルの内容が多いと思うが、どうやったら正しい理解が得られると思うかな?」
「まず、大人が正しく理解することではないでしょうか。ネット広告で変な健康食品よく見ますが、そんなのがはびこるのは“科学する心”が大人達に足りないからだ、とこの人が言ってました」
 相原学を指さす。
「なので受け売りですが同意です。そんなに健康に対する効能があるなら医者が使うって。放射線も同じ。体内に大量に入らなければ問題はない。こういう言い方すると暴言とか言われますが、理論上はそうだと知っておくのが知識だと思います。ただ、この問題は理屈が面倒くさいので、親子で勉強する、というのもアリかと。優等生的な物言いですけどね」
「なるほど、ありがとう」
 校長は笑みを見せると、生徒達の方を向いた。
「さて皆さん、そういうわけで私は“放射能”に基づく誤解と、誤解に基づく差別は今後生じないと信じたいのですが、よろしいですか?」
「はい勿論です」
 と答えた平沢……以外の生徒達に、それでも残るためらい。

転入生担当係/終

→創作物語の館トップへ
→レムリアシリーズ一覧へ

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -35-

←前へ次へ→

 柴崎が白目をむいて倒れ込んでしまう。
「詩織(しおり)!」
 母親が叫んで駆け寄り、座り込み、娘の上半身を抱えて、
 諏訪君をこれ以上無いくらいの三白眼でにらみ付ける。
 それは、平沢の体臭問題を知るクラスにとって、“勝手な決めつけ”と判断するに足る動作であった。
 とはいえ、
「詩織さんを保健室に……」
 彼女は頭を切り替え、柴崎に近づこうとした。
「近寄るな!お前も放射能だろうが!」
 母親は彼女に鋭く一喝し、自ら娘を抱き上げようとする。
 しかし50キロは優にあるはずであり、もちろん持ち上がらない。
「いいよ相原さん。引っ込みな」
 女子にしては大柄な部類に属する大桑(おおくわ)という娘が動いてくれる。
「あんたもあの放射能の……」
「保険委員なだけです」
 大桑は柴崎をひょいとお姫様抱っこ。大桑の物言いに方便が幾らか含まれることは説明不要であろう。なお、彼女は転入して程なくこの娘と大げんかをしたが、今はよく喋る間柄。逆に言うと彼女レムリアと対立する側と立ち回りをよく知る立場であって、それを装って、それらしく動く分には実に好都合。ちなみに、大桑派だがレムリアは嫌いという者も引き続き存在し、二人の和解を承服しかねている。
“騒ぎの発信源”が退場した。
“もう一方の発信源”に衆目が集まるのは必然の成り行き。廊下には幾らか隣接する教室の生徒と、校長以外にも教員数名。
 何か喋らんと、コトが収まるまい。
「失神したのは放射線じゃ無くて脇の下想像しただけだから」
「え?そういうことなの?」
 平沢は困惑に眉毛を八の字にした。あちこちで忍び笑い。“誰もがそうだと思ったが、当の本人は気づいてなかった”。
 それは、ちょっとした和みになった。
「さておき、放射線と人体の関係について、科学的に全て解明出来ていない部分があるのは事実です。どこまでは影響が無くて、ひょっとして健康増進に利する部分があって、どこからが確実に毒なのか。ただ、今回の場合、その“毒”は、放射性ヨウ素なりセシウムなりを体内に取り込むことで起こります。それはやがてウンコオシッコで排出されます。仮に、人体から人体へ放射性物質が直接移動するとすればそこですが、触りますか?他人の排泄物」
 反応は待つまでも無い。
「では、諏訪君に嫌がらせする必要は無いですね?ただ、手放しで今まで通りの生活で良いとは言えない部分はあります。ヨウ素は8日もすれば気にしなくていいです。なので4月である今はもう大丈夫。面倒くさいのはセシウム。これは水に溶けますので、水の循環、食物連鎖を通じて、水の集まるところ、食物連鎖の頂点にいる生物に向かって濃く集まる。都内でも浄水場から検出されて大騒ぎになりましたね。類似の事象には警戒が必要です。ざっくり40年。対策としてミネラルウォーターやウォーターサーバーの利用は否定しません。毎日測定データが新聞やインターネットに載ってるので欠かさずチェック」

(次回・最終回)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -34-

←前へ次へ→

「この機械は国際放射線防護委員会の基準に基づき、1年間1ミリシーベルトを超える可能性のある放射線を検出すると警告を出すようにしてあります。身につけてられたコイツはそれを越えてます。規制されたので裏で出回りました。海外の安いもの……まぁ、引いちゃいましたね」
 相原学は校長から指輪を受け取った。
「そんな……」
「だから!」
 彼女は会話に割り込んで一喝した。しゅんとした雰囲気で大声を出したので盛大な効果があった。
「よく知りもせず放射線と聞くだけで全て悪いと言いつのるはただの無知。昆虫と言うだけで毒も害も無くても殺そうとするのと同じ愚かな行為。で、本当の危険に気づかない。私の物言いはロジハラですかね。危険を持ち込んで常時ばらまいていたのはどこのどちらさんですかね。節穴は誰ですかね!」
 彼女は責め立てた。その傍らで相原学は機械に付属している金属の引き出しを開け、受け取った指輪を収めた。防護ケース。
 警告表示が消える。
「あのう……」
 恐る恐る、という感じで発言したのは男子学級委員の辰野。
「はい」
 相原学が相対した。
「僕ら、それで被爆したんですかね」
「1年間浴び続ければ……というレベル。こちらさん見えて30分ほどか?レントゲン1回分も被爆してないよ」
 安堵の雰囲気が辺りを包む。
 対して。
「で?放射能キチガイがとんでもねぇ放射線ばらまいてたわけだが、この落とし前はどう付けるんですかねおばさん」
 平沢は“怒れる男”であった。
「オレのみならず、オレの友達までうつるだの来るなだの、あんたの言ったことやってることは“いじめ”のバイキン扱いとどう違うんだい」
 これは母親のみならず、校長を含めた教員の注目を浴びた。
「オレ、みんなより早く声変わりして、脇毛も生えて、ワキゲ野郎ってずっと言われた。あと、ワキガだったらしくて、女子は陰で臭い臭い言って近づいてこなかった。でも、相原さんは違った。ただの個体差だし、臭いはいい薬があるからこまめに塗ってりゃ気がつかないよって言ってくれた。それに何より、普通に友達として喋ってくれる。
 だから、オレは、知識無く理解無く諏訪君にガタガタ言う奴は絶対に許さねぇ。たとえ人の親でも、先生でも、だ。柴崎、お前今度諏訪君に何か言って見ろ。顔に脇の下擦り付けてやる」
 あ、いや、それはちょっと……と彼女は思ったが遅かった。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -33-

←前へ次へ→

 ピーという機械音。
 相原学がケースから取り出したガイガーカウンタである。液晶表示の上に赤ランプが点滅。
 教室がどよもし、みんな諏訪君から距離を取った。
 しかし、聴診器のオバケのようなセンサが向いているのは柴崎の母親。
「は?何そのふざけた……」
 センサを指さすとまたピー。
 衆目が柴崎の母親に。
 相原学が口を開く。
「失礼ですが、何か、宝石を使ったアクセサリを身につけてらっしゃいますか?」
「は?何の関係が」
「人気のある色を人工的に作り出すため、放射線を浴びせた宝石ってのが流通してましてね。キャッツアイとか」
 すると柴崎の母親はギョッとしたように己の手を見た。
 指輪がはまっている。
 そこへ。
「新聞で読んだことありますね。クリソベリル(chrysoberyl)に放射線を当てて色を変えた……でしたかね」
 しわがれた低い男の声。
 ギョッとしたように生徒と教員の人垣が反応し、モーセの海分けの如くサッと左右に分かれ、道を作る。
 すっかり頭髪のはげ上がった小柄な男性。
「校長の笹塚(ささづか)です。特定の生徒に出席停止を命じるのは校長判断です。お控え下さい。それと、わたくしは母の胎内で広島の原爆投下により被爆しています。あなた様の発言、娘さんの認識は非常に心が痛い。ケロイドを揶揄され、ピカがうつると言われた、聞いただけの話が我が身に降りかかると、それがどれだけ人を傷つけるか、よく分かります。ちょっとよろしいですかね」
 校長は……その“放射線ジュエル”の記事であろう画面を映したタブレット端末を柴崎の母親に渡すと、代わりに嵌めていた指輪をスッと抜いた。
「ちょっ……」
「ピカがピカを持ったところで何を今更ですよ」
 ニヤッ(と、彼女レムリアには見えた)笑いを浮かべ、ガイガーカウンタのセンサに近づける。
 赤ランプが付いてビービーガーガー。
 相原学はやや演技じみたため息をついて。
「どこで買いました?これ。日本国内の鑑別会社ではこの手の奴は鑑定書出しませんが……」
「海外からネット通販……」
 渋々、という口調で答える母親。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -32-

←前へ次へ→

 彼女は自分の顔が悪者のそれになっただろうなと意識しながら。
「増えるわけねーだろ。むしろ耐放射線完全防御の箱の中にいた分、ここにいた君たちより浴びた放射線は少ねえ……わよ」
 性格修正。 
「なんでそんな箱に入ったんだ?ヤバいところ行ったってことだろ」
 これには相原学が応じる。
「弊社では宇宙機を製造している関係で、宇宙空間の放射線に耐える飛行機械を幾らか所持しています。その中で放射線が観測されないならば、想定通りの機能を発揮しているという証拠ですからね。商売用の道具です。今回、嫁の……失礼、姫子の要請に応じ、急を要すると考え、自分の裁量で手配出来る自社の飛行機械を派遣しました。福島に行くから、ではなく、利用出来た飛行機械がそれだった、だけです」
 ここで口を開いたのは柴崎の母親。
「原発利権の手先の物言いが信じられるものですか!」
 こりゃだめだ。彼女は思った。そう判断するアナロジーを経験から誘導出来る。
 宗教だ。いつだったか、伝染病対策でボランティア活動をした際、男の子に言い寄られたことがある。すると“異教徒にたぶらかされた”として、男の子は父親に爆殺されてしまった。
 父親は自分を罵って去った。
「相原さん」
 諏訪君の小さな声。
「ありがとう。でも、もういいよ」
 その時。
「良くねぇだろ」
 ドスの効いた、この教室で過去に聞いたことの無い、野太い男の声がした。
 柴崎とその母親の前にのっしとばかり立ち塞がり、睥睨する、大柄な体格。
 平沢である。
「聞いてりゃ勝手ばかり。相原さんは理論で説明してるのに、あんた感情論ばっかじゃんか。いけないことと間違っていることがあるなら、何がどう違うのか説明してみたらどうだ」
「なにあんた生意気な。放射能はごめんだって言ってるだけじゃない。バッカじゃない?」
「だから諏訪君は持ってきてないし、うつらないし……」
「ずっとあそこに居たんでしょ?だったら来るなって言ってんの!」
「今、降って……」
「うるさいわね!あんたも一緒に出て行きな!」
 柴崎の母親は横暴を展開し、平沢、諏訪君、そして彼女らを指さした。
 その瞬間。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生担当係(但し、-魔法使い) -31-

←前へ次へ→

 相原学は冷静に答えている。でもそうやって論理的に一つずつ潰して行くと、批判が難癖に変わってくるんだろうなあ……彼女は思う。
「どうやって証明するんだよ」
「ですので検出装置で調べられます」
「機械は絶対なのかよ」
 言わんこっちゃない。
 認めたくない人は、理論と論理で主張されると、最後は“嘘だ”と言い張るのである。
 何か言おうとする相原学を彼女は指で触れて制した。
「ラムサール条約って皆さん知ってますか?」
「何の関係が」
「いいから、柴崎さんご存じ?」
 彼女は学級委員であるその娘に振った。それは“優等生のプライド”……何でも知ってるをくすぐる行為でもあった。
「環境保護の……」
「その通り。“水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約”です。で、そのラムサールの意味はご存じ?」
「地名じゃなかったか」
 これは辰野君。そして、気づいたのであろう、ハッと目を見開いた。
「相原さんの言いたいことが判った。ラムサールって世界で一番放射線の量が多い街だろ」
 教室中がどよもした。
 環境保護の象徴たる地名が最も放射線が強い。普通、両者は結びつかない。
「日本の平均的な被曝量の10倍から1000倍に達することもあります。温泉地で、放射性物質のラドンが多く、ここからはアルファ線が出ます。ラジウム温泉って聞いたことのある人いると思いますが、街全体がそういう温泉になってるような場所です。ただ、温泉として長いこと存在していることから判る通り、ここにいて健康に問題が生じるわけではありません。放射線を浴びること自体は、たった今私たちの身体を宇宙からのガンマ線がバシバシ通過して遺伝子を壊していますが、そういう害の側面と、この温泉のようなむしろ健康に良いとされる薬の側面と両方あります。ただ、放射線ごとの毒と薬の境界線は科学的には未知です」
「それ見ろ!」
「だから、放射線はゼロでなくてはいかん、という見解を取られるなら自由です。ゼロまで避けるには厚さ30センチの鉛の箱に入ってなくちゃなりませんけどね。でも、福島に滞在したこと、福島から来たことで、放射性物質による害毒を受けるという認識は理論的に全くあり得ず、甚だしい誤解だと断言出来ます。従って、彼に今後そのような言動態度を示す必要はありませんし、許しません。言いたいことはそれだけです。よろしいですか」
 少し静かになる。環境保護と放射線の接点が効いたようだ。
 が、反駁のきっかけを必死になって探していることは容易に想像できる。
「でも……」
「だから、たった今アナタをブチ抜いてるガンマ線は気にせずに、彼が福島にいたことをギャーギャー言うのはナンセンスだと何度言ったら判るんですか?」
「そいつがいると今あるよりも増えるだろ!」
 なんじゃそりゃ。

(つづく)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧