理絵子のスケッチ

【理絵子の夜話】圏外 -38-

←前へ・次へ→

「いやぁいいなぁ、女の子ばっか」
「おじさん露骨に鼻の下伸びてるよ」
「そうかい?。あ、そうだ、さっきの巫女ちゃん写真、オレのケータイに転送してくれよ」
 お構いなし。この時、エロゲバという言葉を何人が想起したかは定かではない。

10

 深夜。
「りえぼ、りえぼーってば」
 しきりに揺さぶられて、理絵子は目覚めた。
 問うまでもなく、異変が生じているのだと判る。
「どうしたん……」
 コーンという、石と石がぶつかる音。
「今の?」
「うん、竹下が気持ち悪いって言ってさぁ」
「部長~」
 起きているのはその竹下と大倉である。
「女将さんと……」
 主人氏は?と理絵子は訊こうとし、階下からの大いびきに気づく。女の子集団にデレデレの主人氏は、ピッチ良く日本酒をあおりデロデロ。女将さんも彼女たちのあまりのノリの良さに、“身内が来たみたいだ”とお気楽モードに入ってやはりデロデロ。
 理絵子は気づいた。また傍若無人な者共が塚を壊しに来たのではないか。
 テレパシーで探ろうとする。しかし、あいにくと結界の中では感度が悪い。
「見に行く?」
「えっ?」
 大倉が目を剥く。理絵子は立ち上がり、川に向いた側の窓を開けにかかる。
 建て付けが悪い。
 ドンガン窓を叩いているうちに田島が起き出した。
「うるさい~」
「あ、ごめん、窓開けたいんだけど」
「それコツがいるんだよ」
 田島が身体を起こす。
 が、半分寝ぼけていたのか、メガネを外していたせいか、隣の窪川に蹴躓き、仲間達の上に倒れ込んだ。
「……!」
 田島の(迫力ある)ボディアタックと、それを食らったメンバーの悲鳴とで、結局は全員が起きてしまう。
「深夜戦なんて聞いてね~」
「窪川ギブアップであります」

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】圏外 -37-

←前へ次へ→

「巫女だねぇ」
「だろ?俺の目は間違いなかった」
 夫婦してしげしげと眺められる。古来巫女は少女が担ったが、理絵子はどちらかというと幼い顔立ちの娘であり、純白の装束に流れる黒髪と、そして何より漆黒の瞳が物を言って、巫女装束は確かに似合う。超感覚の有無以前の問題。
「そうですか?」
 理絵子は照れた。
「これ腹に一物ある奴見たら逃げるぜ」
「うん、悪い奴お前直視出来ない。正月のバイト巫女とはひと味違う」
「お前実は巫女だろ」
「あのね」
「でも……同じ供養祭やるなら、向坂より嬢ちゃんだな」
 主人氏が言った。
「えっ?」
「いやいや、やれって話じゃないよ。でも、神々しさという点で全然違う。それに祝詞(のりと)なんかも知ってるようだし」
「やって欲しいって聞こえるよ」
 女将さん。
「あの……」
「はっはっは。冗談。さ、もういいよ。いや~いいもん見させてもろた。さぁ、シャブやるか」
 主人氏は上機嫌で降りて行く。なお、“シャブ”とは覚醒剤の隠語ではなく、しゃぶしゃぶのことであるので念のため。
「脱いだらおいでね」
 女将さんが続く。
「私、脱いだらひどいんですってか」
「それ今日2回目」
 理絵子はクールに言い、脱衣にかかった。
 装束を畳み、作業をキリのいいところまで進めた後、階段を下りて行く。食堂には、お祓いの“売約金”であるしゃぶしゃぶセット。
「今日の釣果」
「部長っておいしいなぁ」
「じゃあ来年の部長は若井と」
「なるのはイヤ」
 女将さんが手をパンパン。
「はいはい。座って座って。じゃぁ部長さんは特等席」
 鍋直近。
 集中する羨望の眼差し。
「私の売り上げに何か質問でも?」
「いえ。ありません」
 と、主人氏が卓上に一升瓶をドン。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】圏外 -36-

←前へ次へ→

 作業に入る。最も苦労すると見られたストーリー作りが午前中で終わったため、具体的な作画、および理絵子は文章の作成を行う。服装がどうの、背景がどうの、絵と文章の一致を図りながら作業を進める。特段脱線するでもなく、夕刻を迎える。
 和服のサンプルが欲しい。何せ落語。
「おばちゃん」
 田島が頼み、女将さんに用意してもらったのは。
 浴衣及び巫女の装束。
「随分古そうな…」
「おばあちゃんが着てたものだもん。それこそ供養のためよ。昔は各家持ち回りで巫女やってね。こだわる理由はその辺にもあり」
 女将さんの説明。
「へぇ~」
 そこへ主人氏が上がってきた。
「何オンナだけで盛り上がって……こらまた随分古いの出してきたな」
 巫女装束を持つ。
「そうな。昔は女の子これ着させてなぁ……」
 主人氏はそこで理絵子を見た。
 理絵子は目を剥いた。
『よっぽど凛として巫女らしい』
 まさか。
「着てみ」
「えっ?」
「あ、面白そう」
「似合う似合う。髪長いし」
「お清めも受けたことだし」
 7人が理絵子ににじり寄る。
「ちょ……ま……貴様らっ!」
 理絵子は超感覚能力者(エスパー)と言って過言ではないが、念動力保有者(サイコキノ)ではない。
 7人相手では抵抗する術もなく、ジーンズとTシャツの上からではあるが、巫女装束を着せられた。
 巫女理絵子。
「すっげー」(7人一斉)
「そーお?」
 理絵子は自分を見回した、着ている中からでは外観の判断付かない。
「写メ写メ」
 中井がカバンをゴソゴソし、ケータイのカメラで激写される。
「どうよ」
 見せられる。サイズ的にはちょうどいいらしい。
「ほえ~……」
 女将さんが感心したように上から下まで見回した。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】圏外 -35-

←前へ次へ→

 部屋の奥から足音。
「そうだよ」
 おばあちゃん。
「あの塚には、埋めてあるんだ。亡骸がね」
 少女達は息を呑む。
 朝の話には続きがあったようである。すなわち、舞台を落としたはいいが、そのままでは女の子達の遺骸が見える。そこで、上から石をガラガラ落として埋めた。
 後年、地震で山津波(土石流)が発生、遺骸はバラバラになった。さすがに可哀想だという話になり、拾い集めた遺骨を埋め、供養した。それがあの塚。
「なんかあたし腹立ってきた」
 若井が言った。
「塚で花火って、そんな過去のある場所を面白半分で扱うってことでしょ?…可哀想」
「うん」
 頷き合う少女達に、おばあちゃんは小さく笑った。
「あんたらみたいなのだったら、浮かばれるのかも知れんな……」
 おばあちゃんが奥の部屋へ戻る。ちなみに、後で田島に聞いたところによると、おばあちゃんは体調が優れず、洗面等以外は部屋で寝ているという。
「なんか、恥ずかしいわ」
 女将さんが床に座り込んで言った。
「因習というか、古くさい陰湿な部分ばかり見せてしまってる気がして」
「いいえ。私たちが如何に幸せか、しみじみと思い知らされます」
 と竹下。
「そうなぁ、リアルに少女の人身売買って現代でも存在するからな。それに比べりゃうちらは……」
 話が続かなくなる。
 プリンも完食。
「どうも、この話になると、雰囲気下がるわね」
 と女将さん。
「いいえ。そろそろノリだけで時間潰すのやめて、真剣に作品制作にかかるべきだと思ってましたから」
 理絵子は言った。
「そーお?」
「ええ。おい野郎共、行くぞ」
 へ~い。と7人が男の声を真似し、一列でゾロゾロと本来の作業スペースである2階へと上がって行く。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】圏外 -34-

←前へ次へ→

「そのタイミングで笑う?おじさん。ひどい…」
「そうじゃない。思わず吹き出したんだよ。君たち本当に面白いなぁ」
「これでも学校ではお嬢様集団で通ってますのよ。ホホホ」
「おじさまもご一緒にいかがです?」
「もうアッー!はいいよ、お腹一杯」
「今里プリンいらないそうです」
「そのお腹一杯じゃなくてさ」
「でもさっきイモリを生でたらふく……」
「食うか!」
「あれイモリじゃないよ。サンショウウオ」
「どっちでもいいよ。キショイ」
「君に言われたくありません。byサンショウウオ」
「ぬ・け・が・け」
 理絵子は先んじてスプーンをプリンに立てた。
「あ、ずるっ」
「せこっ」
「ぶちょー見損ないました」
 少女達が慌てて席に着き、そのままティータイムになる。プリンは通常の20個分だそうだが、彼女たちにはどうという量ではない。
 その時。
「あら?」
 女将さんが裏口に置いた理絵子の帽子に気づく。
「びしょびしょじゃない」
「あ、しまった。すいません、プリンに気を取られて干すの忘れて」
「ん、了解。陽もあるし出しておけば乾くでしょ」
「そういやそれワサビ田の向こうに落ちたんだよね」
 田島が言った。
 女将さんが理絵子を見る。気にする理由は一つ。
「いえ、塚より奥には行ってません。って、あそこを荒らすわけですよね……」

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】圏外 -33-

←前へ次へ→

 呼応してか、消滅している感覚がある。宿を決めたと聞いた時点より存在した嫌な感じであり、警告だ。田島の顔に缶コーヒーがかかった不思議な現象、それにまとわりついていた違和感も消えた。
 その代わり、たった今感じているのは願い。あるいは思い。
希求。
 風はそう、結界が存在するがゆえに、思いを風に託した結果。さっきも、そして今も。
「りえぼ?」
 一言も発しない理絵子に田島が首をかしげる。不安と不思議が田島の中に芽生え、場所が場所ゆえ、まさかの思いが頭をもたげる。
「なんてね」
 理絵子は笑って振り向いた。“取り憑かれたのではないか”そんな思いが田島に生じたのだ。
 風の思いに応じてあげたいが、仲間の不安を煽るわけにも行かぬ。
「びっくりした……」
 田島は言うと、帽子を取ってうちわのようにパタパタ扇いだ。
「あら綾ちゃん。帽子取っちゃだめじゃん」
 理絵子は自分の麦わら帽子を田島にかぶせる。
 沢水に濡れた麦わら帽子を。
「……!」
 悲鳴が田島の口をついて出、理絵子は逃げ出す。
「待てっ!りえぼー。人が真剣に……」
 あとでね、と思いながら、理絵子は走り出す。そう、ここには再度来なくてはならぬ。
 いや、来ることになる。I'll be back.

9

 お三時の時刻。
 水遊びから帰った少女達を待っていたのは、両腕で抱きしめたくなるような、巨大なプリンであった。
「すっご~」
「バケツプリン。名古屋の方で作ってる店があるらしいって聞いて取り寄せてみたの」
 女将さんがニコニコ言う。とっておきの正体はこれか。
「ば、バケツですか」
「そうあれ。感心したよ。できるもんだねぇって」
 流しの角に小型のバケツ。小さい子が水遊びに使うサイズ。
「……ところでさっき、出来の悪い雑巾が破れるような悲鳴が聞こえたけど?」
「絹を裂くような声ならわたくしが出しましたが」
 田島、姫君の如く気取って言う。
「絹を裂くような声など聞こえていませんが」
「ゴリラが吠えてたなぁ」
「北京原人の生き残りという話も」
「北京原人に失礼だ」
 主人氏が笑った。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】圏外 -32-

←前へ次へ→

 理絵子は印象を語った。
「痴漢か」
「いやそう決めたわけじゃ」
「それっぽいんだろ?それってことじゃん」
「そーゆーの世間じゃ論理の飛躍って言うんだよ」
 理絵子は会話にクスクス笑いながら、流れの中を少し歩いた。
 気持ちいい。水は透明でどこまでも涼やか。
 この上流で悲劇があったなんて。
 風が渡る。
「あっ」
 虚を突かれたような、ゴウッと吹く強い風である。理絵子は帽子を持って行かれた。
 上流へ向かってふわり。流れを挟んだ向こう側。
 理絵子は気づく。それはワサビの自生地の少し向こう。
 女将さんの言う、“いけない領域”との、ちょうど境目くらいか。
“呼ばれた”。そんな言葉が脳裏をかすめる。
 気付く。風の主は、宿に入る時に建物を吹き抜けた、あの風の主と同じ。
 悪意は感じない。
「おいおい」
“禁忌”の領域へ向け、躊躇無く歩き出す理絵子に、田島が戸惑いがちに声をかける。
 理絵子はワサビを踏まないように注意しながら、その向こうへ。
 足を止める。そこが境目。ここにも結界の存在を感じる。
 理絵子は水面の帽子を取り、結界の方を見やる。右手奥にこんもりとした部分があり、屋根が掛けられて一見四阿(あずまや)風になっている。
 四阿の中には石が積んである。供養塚だ。屋根があるのは、川に落とされた彼女たちがこれ以上濡れることのないように、というところか。ちなみに結界はその四阿に張られているようだ。塚への外からの侵入防止か、或いは中から出ないためにか。
 悲劇の起こったという“三つ叉沢”は更に奥であろう。が、川の流れを追うと、塚よりやや上流で左方に曲がっており、そこまで見通すことは出来ない。
 むしろ見えない位置に塚を築き、限界標とした、と見る方が正解であろうか。
 田島達が追いつく。
「あ~驚いた。沢まで行くかと思った」
「塚ってそれ?」
 理絵子は四阿を指差す。結界があり、道から階段で降りて行けるから相違あるまいが、確認。
「そうだよ」
 感覚が何かを捉えている。理絵子はその感覚に集中する。
 自分を呼んでいるのだと理解する。求めているのだと判る。
 悪意はない。底意もない。
 最前まで拒否の念はあった。しかし、自分たちに共通認識…おばあちゃんの話を聞いた感想…が生まれてから、それは消えた。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】圏外 -31-

←前へ次へ→

「ああ腹立つ。こうしてやる」
主人氏が玄関先に塩をぱっぱ。
「どう?率直。向坂さんの印象」
女将さんが訊いた。
「私なら“さん”付けで呼びません」
理絵子は言った。見知った修験者みたいな厳しさと謙虚さはカケラもない。
形ばっかり。
「……そうか。私でもヤだもんね。年頃の女の子だと尚ヤだよね」
女性は本能として“危険な男”を察知する能力を持っている。女将さんが言っているのはそれである。
主人氏が愚痴る。
「なんかそぐわないんだよ。急にフラッと来て、ああせぇこうせぇと。この土地は呪われているってな。過去が過去だろ。過疎化が進んで人も減って来てたし、地区じゅうの年寄りがビビりあがっちまってな。先生先生って崇め奉ってるけど、オレにはそうは見えねぇ。嬢ちゃんの方がよっぽど凛として巫女らしいわ」
「……恐れ入ります」
理絵子は照れながら言った。多分、高天原では神々が爆笑しているであろう。いや、八百万の神々は“爆笑”なんてハシタナイことはしないか。
女将さんが安堵の表情。
「さ、堅苦しいのはおしまい。ちょっとの間だけどさ。川に行っておいで。水が綺麗なことぐらいしか売り物無いけどね。せっかくだし。あ、帽子忘れないでね。涼しくても太陽の光まで弱いわけじゃないから」
「はーい」
理絵子は荷物の中から麦わら帽子を取り出した。
「そういえば行っちゃいけないのは……」
「目安はワサビのところ。野生のワサビ見たことある?ってまぁ、今日はそれこそ踏み荒らされてるからね。すぐ判るよ。そこより奥はNG」
「判りました」
理絵子は帽子をかぶった。
宿の裏口からサンダル履きで川へ降りて行く。川と言っても沢に近い。水は少なく、足首ほどもない。
程なく、少し上流の方に遊ぶ、仲間達の姿が見えた。
「りえぼー」
仲間達が自分を発見し、手を挙げて応える。
「どうだった?」
「あんたらだったら、逃げる」

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】圏外 -30-

←前へ次へ→

 理絵子は避けていた。やり方は簡単。全然関係ないことを考えればよい。それこそストーリーでも練ればよいのだ。
 しかしそれでは“探られてると判っている”ことが、相手に判ってしまう。
 せせらぎの音に意識を向ける。音からイメージしたせせらぎの映像を心の中に置いておく。ツマラナイから川の音を聞いています……。
 終わった。
「口を開けなさい」
 某が、人の形に切った白い紙切れを差し出す。
 ヒトガタ、である。霊的な依り代。古代は人形であり、更に太古は生身の人間による生け贄であった。
 理絵子が口を開けると、某はヒトガタを理絵子の舌に触れさせた。
 痴漢にでも遭遇したような不快感。
 ヒトガタを何やら箱に収める。
「面(おもて)を上げなさい」
 これで終了である。理絵子の中の“汚れ”がヒトガタに移り、箱の中に封じた。
 よって理絵子は顔を上げて良く、口を聞いても良い。
 理絵子は瞼を開く。“疚しいところがある人にはブラックホールに見える”と言われる瞳孔拡大状態の目で真っ正面から某を見てやる。“たらふく肉食ってるだろおっさん”……そんな印象の男である。脂が滲み出て来るというか、既に滲んでいるというか、ギラギラした印象。陰陽師と称し、超感覚による探りを入れてきた辺り、確かにそれ系の力はあるようである。しかし、同じ力を持つにしても、どっちかというと“餓鬼”に近い。
 おっと見透かされる。
「ありがとうございました」
 理絵子は神妙に頭を下げる。ここまで一連のお祓いのシーケンス。自分の知らない流儀であるが、まぁ、いろいろあるのだろう。ちなみに、生け贄の時代、悪霊を移された生け贄は、当然、悪霊もろともそのまま殺された。
「うむ」
 某は頷き、次があるとかで、それでもしっかりと鯛と酒と祈祷料は持って、そそくさと去った。
 高級車の走行音が聞こえなくなる。
「はぁ。堅苦しい」
「申し訳なかったな」
 女将さんと主人氏が続けて言った。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】圏外 -29-

←前へ次へ→


 流しそうめんを食べ終わった後、理絵子を除く少女達は川へ降りていった。
 夫婦がその、陰陽師向坂を迎えるための準備を始める。鯛の尾頭、酒を用意し、玄関を清掃して塩を盛る。
 それは、儀式の後に、陰陽師某が“飲んで食う”のが定番になっていることを意味する。
 俗っぽいことこの上なし。
 午後1時33分。
 クルマが宿前の砂利道に入ってくる。ゴムが砂利を弾く音から、そのクルマは重いと判る。
 クルマの左側から下車する。桜井優子宅所有と同じドイツ製の高級車であろう。
 理絵子は断じた。こいつは決してまっとうな陰陽師ではない。
 夫婦が迎えに出る。
「こちらです」
「お待ちしておりました」
 ドアが閉まり、某が歩いてくる気配。理絵子は玄関脇に正座し、頭を垂れ、一言も発しない。見もしない。
“汚れて”いるから。
「お前か」
 映画の安倍晴明の真似か、とでも言いたくなる、甲高い声が上から降ってきた。
 理絵子は頷くのみ。漆塗りの木靴だけ見える。平安装束に身を包んでいるようだ。衣冠束帯(いかんそくたい)というヤツである。ちなみに安倍晴明(あべのせいめい)は、平安期に活躍した著名な陰陽師だ。
「他の者は」
「それが……午前より外へ出ていまして。この娘さんだけ残ってらしたので、部の代表ということで。なにぶん、携帯が通じませんので、どこにいるやら」
 女将さんはこわごわ、という感じで言った。全員呼び戻せ言われるのではないか、というわけだ。
 でも理絵子には判っている。それはあり得ない。
 なぜって時間が掛かるから。その点で携帯不通は説得力有り。女将さんグッジョブ(good job)。
「……よかろう」
 案の定。1人でも8人でも、お金がもらえて飲み食い出来ることに変わりはない。しかも短時間で済めば“時給”も高い。
 では早速、となり、2階に上がって、神棚の前で夫婦と正座。
 儀式が始まる。
 理絵子は、気づいた。
 某が意識をこっちに向けている。それは経験のある方もいるであろう、“コイツ背中でモノ聞いてるな”という印象そのもの。超自然的な感知能力……テレパシーで探りを入れに来ているのである。
 その時もし、霊的なパワーの状態を磁力線のように表すことが出来れば、陰陽師某から理絵子へ向かう磁力線が、理絵子を避けるように迂回し、後ろへ流れる。そんな様子が見えたであろう。

(つづく)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧